無線通信システム研究会 「初めての研究会」 表彰

[選奨規程]

無線通信システム研究会では,2009年度より,電子情報通信学会第一種・第二種研究会に初めて発表する若手研究者を対象とした「初めての研究会」を開催し,優秀な発表者を表彰しています.

2020年6月無線通信システム研究会(オンライン開催)において「初めての研究会」が開催されました.

本年度はオンラインにて,総勢23名の方々に日頃の研究成果をご発表いただきました.また,本年度より新たな試みとして,座長・RCS研究会役員・研究専門委員に加え,一般の聴講者の方々からもご投票をいただきました.

発表内容を踏まえ,上記の投票結果に基づく厳正な審査の結果,受賞者を下記の6名に決定いたしました.

選奨規程はこちら

表彰式の様子はこちらをご覧ください.

発表者
(所属)
論文番号 論文題名
最優秀発表賞
奥村 守 さん
(名工大)
RCS2020-30 インターリーブ分割多元接続手法への電波暗号化の適用の検討
優秀発表賞(5名)
小林 拓弥 さん
(電通大)
RCS2020-24 確率的バイナリーオフロードを用いたWireless Powered MECの特性評価
安藤 ダニエル明 さん
(北大)
RCS2020-39 ガウス確率伝搬法におけるLLRの挙動に関する検討
白瀬 大地 さん
(阪大)
RCS2020-41 大規模MIMO信号検出のための深層展開技術を利用した信念伝搬法に関する一検討
井上 衆成 さん
(東京理科大)
RCS2020-26 有限トラヒックモデルにおける統合システムスループットを最大化するマルチサービスチャネル多重法の特性評価
三原 拓也 さん
(同志社大)
RCS2020-44 LoRa変調における繰り返し信号検出に関する一検討

次年度以降も表彰制度を継続する予定ですので,積極的なご投稿をお願いいたします.

[初めての研究会 表彰 トップ]