研究会資料を購読する
Q&Aはこちら

技術研究報告(研究会資料)

2020年度から全てのソサイエティ・グループの研究会が完全電子化研究会となり、冊子体での技報を発行しません。
電子化によるサービスは下記をご参照下さい。

本サービスをご利用の際には技報オンラインシステムへの登録(ユーザ登録)が必要です(既登録の場合は不要)。

 制度名称   技報オンサイトビュー
(発表/聴講参加費)
 技報オンサイトビュー
(研究会年間登録)
技報アーカイブ 技報ペイパービュー
利用形態 ・最新刊
・個人利用
・最新刊
・個人利用
・バックナンバー
・少人数グループま
 たは組織利用
・オンデマンド
・個人利用
対象技報 ・当該開催研究会の
 技報
・登録研究会の登録
 年度内の技報
・全ソ・グの全研専
 の技報(第2種研を
 除く)(注)
・全ソ・グの全研専
 の技報(第2種研を
 除く)(注)
DL期間 ・研究会開催1週間
 前から1ヵ月後まで
・研究会開催1週間
 前から3月末まで
 (年度末まで)
・契約年度内は随時
・最新刊は研究会
 開催1ヵ月後から
・購入時から起算し
 て2 年間
購読方法 ・技報オンラインシ
 ステムで発表/聴講
 を申込
・技報オンラインシ
 ステムで年間登録を
 申込
・学会事務局に申込 ・技報オンラインシ
 ステムでDL権を購入
 (10DL単位)

(注)DL可能な対象技報:通ソは2006年度以降、その他のソ・グは2007年度以降

技報オンライン版サービス利用規約

技報アーカイブ利用規約

各ソサイエティ・グループの技報電子化に関する案内

過去の発表のデータベース

研究会・大会発表データベース」、「研究会発表リスト」をご利用ください。 なお、学会事務局で扱っているものはすべて第一種研究会です。それ以外の第二種研究会等の資料入手につきましては、各第二種研究会幹事へお問合せ下さい。

FAQ・問い合わせ先

ここ にお問合せの多い内容を集めてみました。問い合わせ先もあります。