技報コンテンツアーカイブのご利用について


「技報アーカイブ」は、ソサイエティ・グループごとに研究技術報告(技報)をダウンロードできるサービスです。
https://www.ieice.org/ken/user/index.php
通信ソサイエティは2006年度以降、それ以外のソサイエティ・グループは2007年度以降の技報を提供しており、最新の技報は研究会終了後1か月後から閲覧できます。 利用規模に応じたライセンスを6種類のランクから選択できます。
ご利用頂く際には、利用者の技報オンラインシステムへの登録(ユーザ登録)が必要です。
技報アーカイブの種類と料金はこちらでご案内しています。
https://www.ieice.org/jpn_r/archive/giho_archive.html

このページの「技報コンテンツアーカイブ」サービスでは、技報アーカイブをソサイエティ・研究会横断的に索引することができます。
索引の結果のPDFのリンクをクリックすることで、技報オンラインシステムから、従来通りダウンロードすることができます。
このページの「検索」メニューは「アーカイブ検索(共通検索)」ページにリンクしており、キーワード・著者名などから本会が提供する論文コンテンツ等との横断的な検索が可能になっています。 検索の結果のPDFのリンクをクリックすることで、技報オンラインシステムから、従来通りダウンロードすることができます。
本ページのサービスは会員認証なしに誰でも技報を索引・検索することができます。

本ページの索引・検索の結果は、「通信ソサイエティは2006年度以前、それ以外のソサイエティ・グループは2007年度以前」の技報も索引・検索できますが、 技報オンラインシステムでは提供していないため、ダウンロードすることはできませんのでご承知下さい。

アーカイブ検索(共通検索)には、全文検索と書誌情報検索とがあります。
それぞれ異なった検索エンジンを利用しており、全文検索の方が高速になっております。
また、全文検索では簡単な検索式が使えますのでご活用下さい。アーカイブ検索(共通検索)のページに使い方の説明があります。