非線形問題研究会 奨励賞のページ

2017年6月12日更新 

電子情報通信学会・NOLTAソサイエティ・非線形問題(NLP)研究専門委員会では、
2013年度より優秀な発表を選定し研究を奨励することを目的として、NLP研究会奨励賞を贈呈しております。
(※2016年度より、発表奨励賞から奨励賞に名称を変更しました。)
多数の優れたご発表をお待ちしております。

What's New!!

第4回 (2016年度) 受賞者・受賞論文

   [受賞者の記念写真]

勝俣 久敏 大阪府立大 興奮性媒体を伝搬するパルス波のモデル推定と2自由度制御系に基づく安定化制御 NLP2016-2
萬成 遥子 京都大 レドックスフロー電池の負荷変動に起因する出力変動に関する数値的検討 NLP2016-33
吉田 晃基 大阪府立大 時変負荷を伴う直流給電システムにおける周波数領域解析を用いた遅延フィードバックの追従性能の調査 NLP2016-41
保井 俊祐 広島市立大 電化製品の稼働状況を考慮した電力線通信パラメータの最適化 NLP2016-65
多田 直樹 法政大 特徴量に基づくセルオートマトンの解析 NLP2016-99
髙松 航平 福井大 ハールウェーブレット変換を用いた非線形回路の不安定周期解の一解法 NLP2016-100

第3回 (2015年度) 受賞者・受賞論文

  [受賞者の記念写真]

上村 昌史 香川大 仮想粘菌モデルによる経路探索アルゴリズムの提案 NLP2015-82
佐々木 智志 東京都市大 決定論型PSOネットワークの基本性能について NLP2015-38
杉谷 栄規 大阪府立大 遅延結合された直積ネットワーク発振器群に生じる振動停止現象の安定性解析 NLP2015-157
針谷 維佑 日本工大 設計変数間の依存関係にrobustなPSOの提案 NLP2015-80
光岡 高宏 東京理科大 MIMO-OFDMシステムにおける無線リソース割当厳密最適化法の検討 NLP2015-138
渡辺 智彦 大阪府立大 非対称結合遅延を有するリング型高次元写像ネットワークに生じる振動停止現象 NLP2015-129

第2回 (2014年度) 受賞者・受賞論文

  [受賞者の記念写真]

岡本 佳子 山梨大 ロウソク炎の同期振動におけるフラストレーション効果 NLP2014-134
小島 理孝 東京都市大 メモリ機構を有する人工蜂コロニーを用いた動的最適化問題の解法 NLP2014-29
築地 美由樹 大阪府立大 結合振動子系を用いたフォーメーション制御の安定性解析 NLP2014-76
猶原 僚也 京都大 概周期関数符号を用いたSuper Dense Multiple Access(SDMA)通信システムの性能評価 NLP2014-101
藤田 啓輔 岡山大 短い平均頂点間距離をもつ正則グラフの生成法 NLP2014-144
星野 光 京都大 A dynamical analysis of heat transfer in electricity and heat supply system NLP2014-39

第1回 (2013年度) 受賞者・受賞論文

  [受賞者の記念写真]

神山 恭平(明大)・小室 元政(帝京科学大)・遠藤 哲郎(明大) 共変リアプノフバンドルを用いた準周期解の分岐のパターン分類 NLP2013-23
栗原 拓哉・神野 健哉(日本工大) 周期矩形波外力により駆動されるヒステリシス素子を持つ弛張発振器の一考察 NLP2013-167
紅林 亘(東工大)・藤原 寛太郎(埼玉大)・中尾 裕也(東工大)・池口 徹(埼玉大) 位相縮約法によるカオス振動子のノイズ同期現象の解析 NLP2013-25
進藤 卓也・神野 健哉(日本工大) 粒子群最適化法の参照位置による解探索性能の変化 NLP2013-5
永島 和治(千葉大)・魏 秀欽・末次 正(福岡大)・関屋 大雄(千葉大) あらゆる負荷抵抗において零電圧スイッチングを達成する誘導性インピーダンス変換器を用いたE級インバータの設計 NLP2013-22
山仲 芳和・坪根 正(長岡技科大) カオスダイナミクスに従う粒子群による最適化手法について NLP2013-84
Ryosuke Hosaka(Fukuoka Univ./RIKEN)・Toshi Nakajima(Tohoku Univ.)・Kazuyuki Aihara(Univ. Tokyo)・Yoko Yamaguchi(RIKEN)・Hajime Mushiake(Tohoku Univ.) Different lateralization of gamma and beta oscillations in primate medial motor area NLP2013-114
Nozomi Sugiura・Kantaro Fujiwara(Saitama Univ.)・Ryosuke Hosaka(Fukuoka Univ.)・Kenya Jinno(NIT)・Tohru Ikeguchi(Saitama Univ.) Estimation of Lyapunov exponents of chaotic response in the Izhikevich neuron model NLP2013-113

[TOP]