電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-01 11:00
メモリ機構を有する人工蜂コロニーを用いた動的最適化問題の解法
小島理孝中野秀洋宮内 新東京都市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 動的最適化問題は時間変化を伴う目的関数の関数値を最適化する問題である.
こうした問題に適応するためには,アルゴリズムの解探索精度だけではなく,
様々な問題の変化に対する柔軟性も必要である.
また,実問題に応用するためには,高次元な問題に対応できることも重要である.
本稿では,人工蜂コロニーに基づく解法を提案する.
本手法は過去に探索した解を保持するメモリ機構を用いることで,過去の探索を有効に利用しながら,
様々な問題の変化に追従することができる.
近年に提案された手法と比較することで,本手法の性能を評価する. 
(英) Dynamic Optimization Problems (DOPs) are the problems of optimizing the function values of the time varying objective functions.
In order to adapt these problems, it is necessary to have not only the accuracy of the solution search but also the flexibility for the various changes of the problems.
Moreover, in order to apply to real problems, it is important that high dimensional problems can be solved.
In this paper, the method based on an Artificial Bee Colony (ABC) is proposed.
The proposed method uses a memory mechanism to maintain the solutions obtained by the past search.
It is possible to track the various changes of the problems by effectively using the information in the past search.
In numerical simulations, the effectiveness of the proposed method is verified.
キーワード (和) 最適化 / 人工蜂コロニー / 動的最適化問題 / 時間依存性 / / / /  
(英) Optimization / Artificial Bee Colony / Dynamic Optimization Problems / Time Dependence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 113, NLP2014-29, pp. 47-52, 2014年6月.
資料番号 NLP2014-29 
発行日 2014-06-23 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2014-06-30 - 2014-07-01 
開催地(和) 東北大学 片平キャンパス 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2014-06-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) メモリ機構を有する人工蜂コロニーを用いた動的最適化問題の解法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Solving dynamic optimization problems using an artificial bee colony with a memory scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最適化 / Optimization  
キーワード(2)(和/英) 人工蜂コロニー / Artificial Bee Colony  
キーワード(3)(和/英) 動的最適化問題 / Dynamic Optimization Problems  
キーワード(4)(和/英) 時間依存性 / Time Dependence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 理孝 / Masataka Kojima / コジマ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 秀洋 / Hidehiro Nakano / ナカノ ヒデヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 新 / Arata Miyauchi / ミヤウチ アラタ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-01 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2014-29 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.113 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2014-06-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会