電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-24 10:40
蝸牛に基づく能動的無反射伝送線路モデルのパラメータ値の決定手法
織間健守堀尾喜彦東北大
抄録 (和) 牛に基づく能動的無反射伝送線路モデルは,少ないパラメータ数で基底膜の生理学的特徴をよく再現する受動的無反射伝送線路モデル内の受動素子の一部を三次非線形素子に置き換えることで,蝸牛の能動的特徴を再現している.また,このモデルは,回路実装への見通しがよく,工学的応用が期待される.そのため,所望される特性に合うように,能動的無反射伝送線路モデル内のパラメータ値を定量的に決定する手法を提案する. 
(英) The passive reflectionless trasmission-line model (passive model) based on the cochlea reproduces the physiological characteristics of the basilar membrane with a small number of parameters. The active reflectionless transmission-line model replaces part of the passive elements to cubic nonlinear elements in the passive model. And this model can reproduce the cochlear activity. In addition, this model has good condidete for circuit implementation and is expected to be applied to engineering. Therefore, we propose a method to quantitatively determine the parameter values of the active reflectionrless transmission-line model to fit the desired characteristics.
キーワード (和) 蝸牛 / 伝送線路モデル / 能動性 / 三次非線形素子 / / / /  
(英) cochlea / transmission-line model / activity / cubic nonlinear element / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 209, NLP2019-53, pp. 93-97, 2019年9月.
資料番号 NLP2019-53 
発行日 2019-09-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2019-09-23 - 2019-09-24 
開催地(和) 高知県立大学 永国寺キャンパス 
開催地(英) Eikokuji Campus, University of Kochi 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-09-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 蝸牛に基づく能動的無反射伝送線路モデルのパラメータ値の決定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of Determining Parameter Values for Active Reflectionless Transmission-Line Model Based on the Cochlea 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 蝸牛 / cochlea  
キーワード(2)(和/英) 伝送線路モデル / transmission-line model  
キーワード(3)(和/英) 能動性 / activity  
キーワード(4)(和/英) 三次非線形素子 / cubic nonlinear element  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 織間 健守 / Takemori Orima / オリマ タケモリ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀尾 喜彦 / Yoshihiko Horio / ホリオ ヨシヒコ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-24 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2019-53 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.209 
ページ範囲 pp.93-97 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2019-09-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会