電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-03 13:25
短い平均頂点間距離をもつ正則グラフの生成法
藤田啓輔高橋規一岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 与えられた頂点数と次数の下で平均頂点間距離を最小にする正則グラフを求める問題を考える.例えばマルチホップ無線ネットワークにおいて,各端末が同一の通信チャネル数をもつとすれば,ネットワーク内の通信速度は接続構造を表す正則グラフの平均頂点間距離に大きく依存すると考えられる.正則グラフの平均頂点間距離に関する理論的成果としてはCerfらによる下界の導出が知られているが,著者らの知る限り,その後大きな進展はない.本報告では,平均頂点間距離の短い正則グラフを自動的に生成する方法を提案し,その有効性を数値的に検証する.また,頂点数と次数のいくつかの組に対して,Cerfらの下界が提案法によって実際に達成されることを示す. 
(英) The problem of finding a regular graph with given number of vertices and given degree that minimizes the average path length is studied. For example, if all terminals in a multi-hop wireless network have the same number of communication channels, the transmission rate in the network depends strongly on the average path length of the regular graph representing the connections between terminals. An important theoretical result related to this problem is the lower bound for the average path length derived by Cerf et al. In this report, we propose some methods of generating automatically regular graphs with short average path length, and examine their effectiveness numerically. It is shown that the lower bound of Cerf et al. is achieved by the proposed methods for some cases.
キーワード (和) 正則グラフ / 平均頂点間距離 / 最小化 / アルゴリズム / / / /  
(英) regular graph / average path length / minimization / algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 484, NLP2014-144, pp. 7-12, 2015年3月.
資料番号 NLP2014-144 
発行日 2015-02-24 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2015-03-03 - 2015-03-04 
開催地(和) 兵庫県民会館 
開催地(英) Hyogo Prefecture Citizens' Hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2015-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 短い平均頂点間距離をもつ正則グラフの生成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Methods of Generating Regular Graphs with Short Average Path Length 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 正則グラフ / regular graph  
キーワード(2)(和/英) 平均頂点間距離 / average path length  
キーワード(3)(和/英) 最小化 / minimization  
キーワード(4)(和/英) アルゴリズム / algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 啓輔 / Keisuke Fujita / フジタ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 規一 / Norikazu Takahashi / タカハシ ノリカズ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-03 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2014-144 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2015-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会