電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-10 14:55
リカレンスプロットの閾値変動による非線形時系列信号の特徴抽出
金丸志生東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,非線形時系列解析手法の一つであるリカレンスプロットとそれを拡張した同方向的近傍プロットを適用した解析対象時系列の特徴抽出を提案している.
具体的には,リカレンスプロットと同方向的近傍プロットで作成される定性的な画像から,定量的な統計量DETと生起確率$R$を算出して,時系列の背後のシステム別に差異が見られるかを調査する.
その際,リカレンスプロットにおいて近傍性を定める閾値を変化させることで,局所から大域への指標の推移を算出し,時系列の特徴を定量化する.
本稿の実験結果から,閾値の変化に伴う統計量DETの振舞いが時系列の特徴抽出に有効となることが示唆された. 
(英) In this report, we propose a feature extraction method of nonlinear time series by threshold variation of the recurrence plot and the iso-directional neighbors plot.
The iso-directional neighbors plot is an extension of the recurrence plot, which is one of the nonlinear time series analysis methods.
Calculating quantitative indices DET and $R$ from recurrence plot and iso-directional plot, we investigate whether intrinsic features behind the time series can be detected using DET and $R$.
Them, we propose a method for detecting nonlinear deterministic features of time series by changing the threshold value that determines proximity in recurrence plots and observing transition of the DET and the $R$.
From the experimental results in this report, it is suggested that the behavior of the DET with the change of the threshold is effective for extracting nonlinearity and determinisity of time series.
キーワード (和) リカレンスプロット / 同方向性リカレンスプロット / 同方向的近傍プロット / 生起確率 / 閾値変動 / 非線形時系列解析 / /  
(英) Recurrence Plot / Iso-directional Recurrence Plot / Iso-directional Neighbors Plot / Occurrence Probability / Threshold Fluctuation / Nonlinear Time series Analysis / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 19, NLP2019-5, pp. 23-28, 2019年5月.
資料番号 NLP2019-5 
発行日 2019-05-03 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2019-05-10 - 2019-05-11 
開催地(和) J:COM ホルトホール大分 
開催地(英) J:COM HoltoHALL OITA 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リカレンスプロットの閾値変動による非線形時系列信号の特徴抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Feature extraction of nonlinear time series signal by threshold variation of recurrence plot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リカレンスプロット / Recurrence Plot  
キーワード(2)(和/英) 同方向性リカレンスプロット / Iso-directional Recurrence Plot  
キーワード(3)(和/英) 同方向的近傍プロット / Iso-directional Neighbors Plot  
キーワード(4)(和/英) 生起確率 / Occurrence Probability  
キーワード(5)(和/英) 閾値変動 / Threshold Fluctuation  
キーワード(6)(和/英) 非線形時系列解析 / Nonlinear Time series Analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金丸 志生 / Shiki Kanamaru / カナマル シキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 裕 / Yutaka Shimada / シマダ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池口 徹 / Tohru Ikeguchi / イケグチ トオル
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-10 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2019-5 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2019-05-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会