電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-28 15:45
カオスダイナミクスに従う粒子群による最適化手法について
山仲芳和坪根 正長岡技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿ではカオスダイナミクスに従って動く粒子群による最適化手法を提案する. ヒューリスティックな最適化手法として知られる粒子群最適化(Particle Swarm Optimization, PSO)では, 粒子のダイナミクスに確立要素が含まれる. この確率要素は最適解探索の性能を向上させる一方で, 粒子の振る舞いを理論的に解析することを困難にしている. 本稿ではカオスダイナミクスに従う粒子群を用いることで, 確率要素を含まず, より高い探索性能を示す手法を提案する. また数値実験にて提案手法と確率要素を含む一般的な PSO, 確率要素を含まない PSO モデルを比較する. 比較の結果, 提案手法は特に多峰性関数においてPSO よりも優良な結果を得た. 
(英) We propose Optimizer using Swarm of Chaotic Dynamical Particles. One of well-known heuristic optimization method is Particle Swarm Optimization, PSO. In PSO, the particle follows dynamics that contains stochastic factors. This stochastic factors improve its performance of searching an optimal solution, however, they makes it difficult to theoretically analyze the behavior of particles. In this paper, we propose an optimization method using chaotic dynamics. This method denotes better performance than PSO without any stochastic terms. We compare the proposed method with PSO that contains stochastic elements and deterministic PSO models by some experimental results. As the results, our proposed method denoted better performance than PSO especially for multimodal functions.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Optimization methods / chaos / nonlinear oscillators / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 271, NLP2013-84, pp. 79-84, 2013年10月.
資料番号 NLP2013-84 
発行日 2013-10-21 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2013-10-28 - 2013-10-29 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sanport Hall Takamatsu 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2013-10-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオスダイナミクスに従う粒子群による最適化手法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Optimizer using Swarm of Chaotic Dynamical Particles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Optimization methods  
キーワード(2)(和/英) / chaos  
キーワード(3)(和/英) / nonlinear oscillators  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山仲 芳和 / Yoshikazu Yamanaka / ヤマナカ ヨシカズ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪根 正 / Tadashi Tsubone / ツボネ タダシ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-28 15:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2013-84 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.271 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2013-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会