電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-22 10:25
時変負荷を伴う直流給電システムにおける周波数領域解析を用いた遅延フィードバックの追従性能の調査
吉田晃基小西啓治原 尚之阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,遅延フィードバック制御が施された直流給電システムの振る舞いを,定電力負荷の消費電力がステップ状に変化する場合と,連続的に変化する場合について調査する.ステップ状に変化する消費電力の振幅が小さければ,コントローラは動作点(平衡点)の追従安定化に成功するが,振幅が大きくなると失敗する.一方,連続的で緩やかに変化する場合は,振幅が大きくてもコントローラは動作点を追従安定化することができる.連続的に変化する消費電力を伴うシステムの調査に,周波数領域解析を活用する.この解析結果は,遅延フィードバックコントローラのパラメータと追従性能の関係を明らかにする. 
(英) This report investigates behavior of a DC bus system controlled by delayed feedback control under the situation where its constant power load is varied. If the power load consumption has a small step change, the delayed feedback controller tracks the operating (i.e., equilibrium) point. However, it fails to track it for a large step change. On the other hand, the controller successfully tracks it for continuously varied consumptions even with large amplitude. This report employs the frequency domain analysis to analyze the system with varied consumptions. Our analytical results reveal the relationship between the controller parameters and tracking performance.
キーワード (和) 直流給電 / 定電力負荷 / 遅延フィードバック / 時変負荷 / 周波数領域 / / /  
(英) DC power supply / Constant power load / Delayed feedback control / Time-varying load / Frequency domain / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 151, NLP2016-41, pp. 39-43, 2016年7月.
資料番号 NLP2016-41 
発行日 2016-07-14 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-07-21 - 2016-07-22 
開催地(和) 北海道大学 百年記念会館 
開催地(英) Hokkaido Univ. Centennial Hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時変負荷を伴う直流給電システムにおける周波数領域解析を用いた遅延フィードバックの追従性能の調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Frequency domain analysis for tracking performance of delayed feedback control in DC bus system with time-varying loads 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 直流給電 / DC power supply  
キーワード(2)(和/英) 定電力負荷 / Constant power load  
キーワード(3)(和/英) 遅延フィードバック / Delayed feedback control  
キーワード(4)(和/英) 時変負荷 / Time-varying load  
キーワード(5)(和/英) 周波数領域 / Frequency domain  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 晃基 / Koki Yoshida / ヨシダ コウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 啓治 / Keiji Konishi / コニシ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 尚之 / Naoyuki Hara / ハラ ナオユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-22 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-41 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.151 
ページ範囲 pp.39-43 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2016-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会