研究会開催案内研究会に参加される方へスケジュールなどのご案内

電子情報通信学会には、第一種研究会と第二種研究会があります。
第一種研究会は、各ソサイエティ・グループに所属する83の研究専門委員会が,それぞれ基幹分野の研究会として開催しています。第一種研究会の発表内容は,「技術研究報告(技報)」として電子版で発行しています。

また,第二種研究会として自由な形式の研究会(シンポジウム・ワークショップ・勉強会・若手向け集会等)も、第一種とは別に開催されています。第二種研究会等の資料入手につきましては、各第二種研究会幹事へお問合せ下さい。

以下は 第一種研究会に関する案内です。第二種研究会については各研究会のホームページを参照下さい。

研究会の開催と会場に参加される皆様へお願い(2020.7月以降)New!!

研究会におけるオンライン開催New!!

ZOOM簡易マニュアル

オンライン発表でのプレゼンテーションのガイドライン

研究会用オンライン開催参加クイックマニュアル

ソサイエティ・グループに属する第一種研究会の一覧はこちら

研究会スケジュール

その月の研究会の開催案内は、「各種お知らせ」の「会告、通知」をご覧ください。 また、「研究会開催スケジュール・発表申込システム」からも範囲を絞って検索できます。

※「研究会開催スケジュール・発表申込システム」の解説は、ここ にあります。

研究会開催スケジュール情報を会誌アプリV4から入手することができます。詳細はこちらNew!!

2020年度から全てのソサイエティ・グループの研究会が完全電子化研究会となり、冊子体での技報を発行しません。
電子化によるサービスは下記をご参照下さい。

本サービスをご利用の際には技報オンラインシステムへの登録(ユーザ登録)が必要です(既登録の場合は不要)。

 制度名称   技報オンサイトビュー
(発表/聴講参加費)
 技報オンサイトビュー
(研究会年間登録)
技報アーカイブ 技報ペイパービュー
利用形態 ・最新刊
・個人利用
・最新刊
・個人利用
・バックナンバー
・少人数グループま
 たは組織利用
・オンデマンド
・個人利用
対象技報 ・当該開催研究会の
 技報
・登録研究会の登録
 年度内の技報
・全ソ・グの全研専
 の技報(第2種研を
 除く)(注)
・全ソ・グの全研専
 の技報(第2種研を
 除く)(注)
DL期間 ・研究会開催1週間
 前から1ヵ月後まで
・研究会開催1週間
 前から年度末まで
・契約年度内は随時
・最新刊は研究会
 開催1ヵ月後から
・購入時から起算し
 て2 年間
購読方法 ・技報オンラインシ
 ステムで発表/聴講
 を申込
・技報オンラインシ
 ステムで年間登録を
 申込
・学会事務局に申込 ・技報オンラインシ
 ステムでDL権を購入
 (10DL単位)

(注)DL可能な対象技報:通ソは2006年度以降、その他のソ・グは2007年度以降

研究会への参加と費用について

●発表参加について
発表者は原則会員(名誉員・正員・学生員)の方です(ただし、電気学会・照明学会・映像情報メディア学会・情報処理学会会員の皆様は本会会員と同等の扱いとなります。また、研究会により他学会と共催する場合はこの限りではありません)。
研究会で発表するときの投稿案内については、「研究会への投稿」をご覧ください。基礎・境界ソサイエティ、NOLTAソサイエティ、通信ソサイエティ、エレクトロニクスソサイエティでは、発表参加費が必要です。

●聴講参加について
どなたでも聴講参加していただけます。その際、聴講参加費が必要です。詳細は研究会の開催プログラムの「参加費について」をご参照下さい。
複数回参加される場合にはお得な年間登録もあります。

発表参加費・聴講参加費・年間登録費について

【発表参加費】

  • 基礎・境界ソサイエティ、NOLTAソサイエティ、通信ソサイエティ、エレクトロニクスソサイエティでは、発表される方には、発表参加費をお支払い頂きます。会員、非会員、一般、学生の区別なく、発表1件につき 3,300円(税込)です。
  • お支払いは、オンライン決済(クレジット決済または請求書払い)で、原稿締切日までに手続きをしてください。
  • 発表者の方は、研究会開催の1週間前から研究会終了後1か月後まで、技報電子版がダウンロードできます。
  • 発表参加費を支払いの方は聴講参加費のお支払いは不要です。

【聴講参加費】

  • すべてのソサイエティ・グループにおいて、研究会の聴講には聴講参加費が必要です。なお、情報・システムソサイエティ及びヒューマンコミュニケーショングループにおいては、発表者の方も聴講参加費をお支払い頂きます。
  • お支払いは、オンライン決済(クレジット決済または請求書払い)または、現地開催の場合は当日現金でのお支払いが可能です。金額は研究会によって変動がありますので、必ず研究会の開催プログラムの「参加費について」をご参照ください。オンライン決済は「参加費について」から手続きをお願いします。
  • 聴講参加費をお支払いの方は、研究会開催の1週間前から研究会終了後1か月後まで、技報電子版がダウンロードできます。お支払い手続き後にダウンロード権番号をお知らせします。開催プログラムの講演タイトルの横に表示されるPDFのアイコンをクリックして頂くか、プログラムの下部の一括ダウンロードをご利用ください。

【年間登録費】

  • すべてのソサイエティ・グループにおいて、年間登録費を設定しています。登録された当該年度の研究会の技報電子版がダウンロード可能となり、開催ごとの聴講参加費のお支払いも不要です。
  • お支払いは、オンライン決済(クレジット決済または請求書払い)のみです。
  • 年間登録費をお支払い頂いている方が、研究会で発表される際には、発表参加費のお支払いが別途必要です。(情報・システムソサイエティとヒューマンコミュニケーショングループは除く)

その他のサービスについて

【技報ペイパービュー】

  • すべてのソサイエティ・グループの技報のPDFを入手できます。通信ソサイエティの技報は2006年度以降、その他のソサイエティ・グループの技報は2007年度以降の開催プログラムが公開されているものが該当します。
  • 10ダウンロードで1,650円(税込)、有効期限は購入してから2年間です。
  • 技報ペイパービューの購入方法はこちら

【技報アーカイブ】

  • すべてのソサイエティ・グループで技報アーカイブのサービスを行っています。詳細は技報アーカイブのページをご参照下さい。

技報オンライン版サービス利用規約

技報アーカイブ利用規約

各ソサイエティ・グループの技報電子化に関する案内

過去の発表のデータベース

研究会・大会発表データベース」、「研究会発表リスト」をご利用ください。 なお、学会事務局で扱っているものはすべて第一種研究会です。それ以外の第二種研究会等の資料入手につきましては、各第二種研究会幹事へお問合せ下さい。

FAQ・問い合わせ先

ここ にお問合せの多い内容を集めてみました。問い合わせ先もあります。