電子情報通信学会 情報・システムソサイエティは、
情報とシステムに関わる幅広い領域の研究者や技術者の活動を支援し、
技術の発展と社会課題の解決をめざす学術コミュニティーです。

News

03/15/2022-03/16/2022,2022年総合大会 ISS特別企画「ジュニア&学生ポスターセッション」のお知らせ
2022年総合大会 ISS特別企画「ジュニア&学生ポスターセッション」を3月15、16日にオンライン開催いたします!
【申込締切:2022年1月28日(金)まで延長しました /原稿提出締切:2022年1月28日(金)17時】
講演・聴講参加無料。奮ってご参加ください!
講演申込詳細は下記URLを参照ください
https://www.gakkai-web.net/ieice/iss_sp/top.html
講演募集チラシはこちらからダウンロードできます。

12/14-12/17/2021 APSIPA年次大会(ASC)2021に協賛しています。当日参加費がISS会員は割引されます(東京でのハイブリッド開催)。

APSIPA(Asia-Pacific Signal and Information Processing Association)と連携協定を締結しました。

12/8/2021 金出武雄先生の Webinar が開催されます。詳しくはこちら

10/26/2021 古井貞煕先生の Webinar が開催されました。詳しくはこちら

2022.08.01

情報・システムソサイエティ誌第27巻第2号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2022.05.01

情報・システムソサイエティ誌第27巻第1号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2022.04.01

情報・システムソサイエティ誌特別号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2022.02.01

情報・システムソサイエティ誌第26巻第4号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2021.11.01

情報・システムソサイエティ誌第26巻第3号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2021.08.01

情報・システムソサイエティ誌第26巻第2号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2021.05.01

情報・システムソサイエティ誌第26巻第1号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2021.02.01

情報・システムソサイエティ誌第25巻第4号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2020.11.10

情報・システムソサイエティ誌第25巻第3号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2020.08.01

情報・システムソサイエティ誌第25巻第2号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2020.05.26

情報・システムソサイエティ誌特別号と情報・システムソサイエティ誌第25巻第1号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

2020.02.17

情報・システムソサイエティ誌第24巻第4号が発行されました。ISS誌バックナンバーのページに掲載しました。

09/17/2022,研究会が開催されます。ふるってご参加ください。
教育工学研究会(ET)
テーマ:教育学習支援システムの開発と運用/一般
場所:広島大学

09/15/2022-09/16/2022,研究会が開催されます。ふるってご参加ください。
人工知能と知識処理研究会(AI)
テーマ:「マルチエージェントシステム」および一般(SMASH22 Summer Symposium)
場所:アクトシティ浜松

09/15/2022,研究会が開催されます。ふるってご参加ください。
コンピュテーション研究会(COMP),アルゴリズム研究会(IPSJ-AL)
場所:慶應義塾大学

09/15/2022,研究会が開催されます。ふるってご参加ください。
情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML)
テーマ:機械学習一般
場所:慶應義塾大学 矢上キャンパス

09/29/2022-10/01/2022,研究会が開催されます。ふるってご参加ください。
ニューロコンピューティング研究会(NC),MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)
テーマ:脳アーキテクチャー, 一般(NC, ME)
場所:東北大学

09/14/2022-09/15/2022,研究会が開催されます。ふるってご参加ください。
パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)
テーマ:深層生成モデル(仮題)
場所:慶應義塾大学 矢上キャンパス

09/13/2022-09/15/2022,研究会が開催されます。ふるってご参加ください。
メディア工学研究会(ITE-ME),マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM),画像工学研究会(IE),ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(LOIS),通信研究会(IEE-CMN),オーディオビジュアル複合情報処理研究会(IPSJ-AVM)
テーマ:マルチメディア通信/システム,ライフログ活用技術,IP放送/映像伝送,メディアセキュリティ,メディア処理(AI,深層学習),一般
場所:慶應義塾大学 矢上キャンパス(FIT2022と併催)

08/26/2022,研究会が開催されます。ふるってご参加ください。
ソフトウェアインタプライズモデリング研究会(SWIM),サービスコンピューティング研究会(SC)
テーマ:ソサエティ5.0に向けたサービスコンピューティングとインタプライズモデル化技術,一般
場所:
機械振興会館

About ISSISSについて

概要

情報処理の基礎理論から実社会への適用や社会課題の解決までの幅広い分野を対象とする、電子情報通信学会の中で最大級のソサイエティの一つです。各分野における研究コミュニティーの基盤となり、会員の研究活動を支援することで、国際化の時代における学術の進展と産業の発展に寄与することを目的としています。

研究会活動

情報・システムソサイエティには26の研究専門委員会が設置されています。研究専門委員会では、特集テーマや招待講演など、様々な企画を設定しながら定期的に研究会を開催しています。他学会と連携して数百人規模のイベントを毎年開催している委員会もあります。

大会活動

毎年3月に開催される電子情報通信学会総合大会のほか、毎年8~9月には、本ソサイエティ、本会ヒューマンコミュニケーショングループ、および情報処理学会の共催イベントである「情報科学技術フォーラム」(FIT)を開催しています。本ソサイエティでは、これらのイベントを通じて情報や人との新たな出会いを提供するほか、総合大会における学生ポスターセッションのように、若い方々が勇気を得られるような施策にも力を入れています。

論文誌

和文論文誌(電子情報通信学会論文誌D)英文論文誌(IEICE Trans. Information and Systems)を毎月発刊しています。丁寧な査読とタイムリーな出版を目指して活動しています。ISS の英文論文誌はオープンアクセスジャーナルであり、海外に向けた英文での情報発信手段として活用されています。