このページの先頭です
ここから本文

予稿集の販売と年間予約購読について

更新:2012年4月4日(水)

予稿集(電子情報通信学会技術研究報告・略称「信学技報」)は年間予約購読、当日の会場受付での販売、バックナンバー購入が可能です。

バックナンバーについて

第1種研究会移行後(平成13年以降)のバックナンバーについては 技術研究報告の入手・閲覧・複写について(電子情報通信学会のサイト) をご参照ください。
情報保障のための電子データについては、WIT研究会の幹事にお問い合わせください。

年間予約購読

予約購読のメリットは次の通りです:

  1. 確実に入手できます。
  2. 事前連絡なしでも会場にて受け取る事ができます。
  3. 会場に行けなくても、後日希望の所に郵送されます。
  4. 請求書払いができます。
    (当日売りには、請求書は発行してません。現金のみです)

年間予約購読の申込先

下記のページから、お申し込み下さい。
(社)電子情報通信学会 技術研究報告 予約案内
なお、技術研究報告のご購読は、通信学会の会員でない方でも、可能です。大学図書館などでの購入も同様です。

第2種研究会の予稿集について

当研究会は、平成11年度、第2種研究会(時限研究会)として発足しましたが、平成13年度から、第1種研究会として活動しています。第2種研究会の予稿集の入手を希望される方はWIT研究会の幹事にお問い合わせください。

福祉情報工学研究会の内容

障害者・高齢者対応の諸科学技術、特に情報・通信技術や、言語処理、ヒューマンインタフェース(HI)を中心とした学術研究開発の発表と相互議論、交流の場としての研究会を推進する。

【研究会の活動方針】

障害者・高齢者対応の諸科学技術、特に情報・通信技術や、言語処理、ヒューマンインタフェース(HI)を中心とした学術研究開発の発表と相互議論、交流の場としての研究会を推進する.

【研究会の主要研究分野】

  • 視覚障害者支援(音声合成、文字認識、画像認識、触覚ディスプレイ、白杖、歩行訓練、音声案内システム、歩行誘導システム)
  • 聴覚障害者支援(手話認識、手話合成、音声認識、自動要約、発話訓練、字幕、遠隔コミュニケーションシステム)
  • 盲聾者支援(指点字、点字翻訳)
  • 肢体不自由支援(電動車椅子、コミュニケーションエイド機器操作インターフェース)
  • 知的障害者支援(学習補助、認知訓練、認知支援)
  • 高齢者支援(高齢者感覚特性、高齢者用インターフェース、補聴器)
  • 情報補償関連(ユニバーサル ・インターフェース、Webアクセシビリティ)
  • 福祉情報機器(機器設計、福祉機器の情報工学的検証)
  • 福祉情報工学基礎(情報工学を福祉に用いるための基礎的検討など)
  • 福祉情報工学一般(コミュニケーション、評価技法、その他)
このページの本文はここまでこのページの先頭に戻る