研究集会で発表された研究資料は,学会が発行するテクニカルレポートである, 電子情報通信学会技術研究報告,通称信学技報 / IEICE technical report (ISSN:09135685) として登録・公表されます.

信学技報の入手方法

電子情報通信学会・情報システムソサイエティでは,2018年4月より信学技報の完全電子化を行いました.ソフトウェアサイエンス研では,2018年3月研究会に試験運用を行い,2018年7月研究会以降は信学技報の冊子は会場で配布されません.

詳細はこちらや,各定例集会の「参加費について」をご覧ください.

参加費・技報ダウンロード権をお支払いいただくと,学会よりダウンロード権の登録用URLなどの情報がメールで送信されます.メールと当該URLの指示にしたがって操作を完了すると,下図のように各研究会のプログラムのページの最下部にあるリンク(あまり目立ちません)から技報のダウンロードが可能となります.なお,研究会が他学会との連立開催の場合は,ダウンロードリンクが複数になりますので,ご注意ください.


※ 開催プログラム内での技報ダウンロードリンクの場所

過去の信学技報へのアクセス

過去の信学技報の検索

2004年以降に発表された技報は 電子情報通信学会 研究会発表申込システムで検索することが可能です.また, 国立情報学研究所のCiNiiにも登録されており 検索が可能です.検索結果から国立国会図書館の国立国会図書館サーチを経由することで,所蔵されている公的図書館を検索することができます.

PDFファイルの入手

2013年4月より情報・システムソサイエティ(ISS)では,技報オンラインサービス(技報電子化サービス)を実施しており, 技報年間予約者の皆様は,予約中の技報をPDFファイルとしてWebで閲覧していただけます. 通信ソサイエティ/情報・システムソサイエティの研究会の技報年間予約者の方/クーポンをお持ちの方/著者の方を対象としていますが,それ以外の方であっても,ユーザ登録後にログインをしていただくことで,1ページ目の立ち読み機能,研究会お知らせメール機能(自動講演検索など)をご利用いただくことができます. 技報オンラインの詳細はこちらをご覧ください.

また,刊行後2年以上経過したものは国立情報学研究所 CiNiiより定額アクセスでPDFを取得することができます. 現在定額アクセスが可能な研究会報告の一覧は こちら をご下さい.


信学技報フォーマット

学会サイトより,WordテンプレートとLaTeXスタイルファイルが提供されております. 詳細は学会サイトのこちらのページをご覧ください.