お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のICTSSL研究会 / 次のICTSSL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

連催:電気学会 スマートファシリティ研究会



安全・安心な生活とICT研究会(ICTSSL) [schedule] [select]
専門委員長 田村 裕 (中大)
副委員長 行田 弘一 (芝浦工大), 井ノ口 宗成 (富山大)
幹事 遠藤 邦夫 (Synspective), 大塚 晃 (事業創造大)
幹事補佐 横山 俊一 (防災科学技術研)

情報ネットワーク研究会(IN) [schedule] [select]
専門委員長 石田 賢治 (広島市大)
副委員長 波戸 邦夫 (インターネットマルチフィード)
幹事 小畑 博靖 (広島市大), 樫原 俊太郎 (KDDI総合研究所), 谷口 展郎 (NTT), 星野 文学 (NTT)

ネットワークソフトウェア研究会(NWS) [schedule] [select]

日時 2020年10月22日(木) 09:30 - 17:05
2020年10月23日(金) 09:30 - 18:20
議題 サイバー攻撃対策,災害対策・障害対策,BCP・レジリエンス,スマートグリッド,省エネルギー,データ分析,ネットワーク信頼性技術,セキュリティ・プライバシ保護技術,及び一般
※※※ 本研究会は電気学会スマートファシリティ研究会との連催です.※※※

注:NWS研究会は発表申込の締切日及び申込方法が異なります.詳細はこちらをご参照ください. 
会場名 オンライン開催 
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(IN研究会, ICTSSL研究会)についてはこちらをご覧ください.

10月22日(木) 午前  ICTSSL 一般講演1
座長: 行田 弘一 (芝浦工大)
09:30 - 10:45
(1)
ICTSSL
09:30-09:55 鉄道斜面における災害復旧工事支援監視システムの提案 ICTSSL2020-13 岩澤永照原嶋秀次不破 泰信州大
(2)
ICTSSL
09:55-10:20 IoT機器のセンサへの物理的攻撃の脅威と耐性 ICTSSL2020-14 安西道彦後藤厚宏情報セキュリティ大
(3)
ICTSSL
10:20-10:45 格子状のセンサネットワークにおけるチャネル割当問題 ICTSSL2020-15 田村 裕中大)・中野敬介新潟大)・仙石正和事業創造大
  10:45-11:20 休憩 ( 35分 )
10月22日(木) 午前  IN 一般講演
座長: 大下 裕一(大阪大学)
11:20 - 12:10
(4)
IN
11:20-11:45 移行先混在環境における自動オフロード方式の検討 IN2020-30 山登庸次NTT
(5)
IN
11:45-12:10 基幹通信網における経路の脆弱性の分析 IN2020-31 北川寛也林 幸雄北陸先端大
  12:10-13:10 昼休憩 ( 60分 )
10月22日(木) 午後  ICTSSL 一般講演2
座長: 不破 泰 (信州大)
13:10 - 15:15
(6)
ICTSSL
13:10-13:35 河川の現状と歴史を体験できるStream Viewの開発 ICTSSL2020-16 小山和孝CTIGP)・渡辺尋斗森山聡之福岡工大)・石本俊亮和田 亨新山悠紀CTIGP)・上杉昌也福岡工大
(7)
ICTSSL
13:35-14:00 3静止衛星間の電波到来時間差を用いた未知干渉局測位における干渉局位置と測位精度の関係 ICTSSL2020-17 網嶋 武高橋龍平三菱電機
(8)
ICTSSL
14:00-14:25 令和2年7月豪雨時のツイート分析と可視化 ICTSSL2020-18 山田実俊宇津圭祐内田 理長 幸平東海大
(9)
ICTSSL
14:25-14:50 データ蓄積のための情報フローティングのモデル化に関する考察 ICTSSL2020-19 中野敬介新潟大)・宮北和之新潟国際情報大
(10)
ICTSSL
14:50-15:15 適応的局所避難経路の提供による避難誘導 ICTSSL2020-20 小林直輝山﨑達也新潟大)・佐藤翔輔東北大
  15:15-15:25 休憩 ( 10分 )
10月22日(木) 午後  招待講演セッション 1 (IN)
座長: 吉田 裕志 (NEC)
15:25 - 16:10
(11)
IN
15:25-16:10 [招待講演]組織間での安全なデータ活用を実現する秘密計算技術 IN2020-32 竹之内隆夫デジタルガレージ
  16:10-16:20 休憩 ( 10分 )
10月22日(木) 午後  招待講演セッション 1 (ICTSSL)
座長: 宮北 和之 (新潟国際情報大)
16:20 - 17:05
(12)
ICTSSL
16:20-17:05 [招待講演]端末間通信を用いたライフログ収集実験結果 ICTSSL2020-21 李 還幇単 麟滝沢賢一児島史秀NICT)・不破 泰信州大
10月23日(金) 午前  SMF 一般講演 1
座長: 小林 延久(早稲田大学)
09:30 - 10:45
(13) 09:30-10:45 9:30〜9:55:「需要家電力資源としての蓄熱システムの可能性の検討評価」
小林延久(早稲田大学)・○小谷野祐二(日本設計)・内海 豊(大林組)・新井 裕(明電舎)・有村智朗(大成建設)・飯野 穣(早稲田大学)・小澤 浩(アズビル)・八木田裕悟(日建設計)・宮本裕介(関電工)

9:55〜10:20:「需要家電力資源からの調整力による電力エネルギーサービスのユースケースとその国際標準提案」
○大江隆二(中国電力)・中村正雄(富士電機)・小林延久(早稲田大学)・丸山高弘(三菱電機)・小林賢司(関西電気保安協会)・新井 裕(明電舎)・石橋直人(富士電機)・重松宗一郎(東芝エネルギーシステムズ)・田中勝彦(東京電力ホールディングス)

10:20〜10:45:「電力エネルギーサービスの国際標準化を考慮した需要家電力資源の情報モデル」
○新井 裕(明電舎)・田中立二(産業技術総合研究所)・横山健児(NTTファシリティーズ)・魚住光成(三菱電機)・豊田武二(豊田SI技術士事務所)・小林延久(早稲田大学)
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
10月23日(金) 午前  SMF 一般講演 2
座長: 小林 延久(早稲田大学)
10:55 - 11:45
(14) 10:55-11:45 10:55〜11:20:「需要家電力資源による需給調整サービスのための通信仕様とそのセキュリティ要件」
○芹澤善積(電力中央研究所)・甲斐 賢(日立製作所)・横山健児(NTTファシリティーズ)・魚住光成(三菱電機)・吉松健三(制御システムセキュリティセンター)・水野 修(工学院大学)・田中立二(産業技術総合研究所)・小林延久(早稲田大学)

11:20〜11:45:「電力需給調整サービスに関する技術開発と国内外の制度設計状況に関する動向調査」
○田中晃司(東京電力エナジーパートナー)・小栁文子(環境エネルギー技術研究所)・小林延久・田中立二(早稲田大学)・新井 裕(明電舎)・芹澤善積(電力中央研究所)・中村正雄(富士電機)
  11:45-13:00 昼休憩 ( 75分 )
10月23日(金) 午後  招待講演セッション 2 (SMF)
座長: 小林 延久(早稲田大学)
13:00 - 13:45
(15) 13:00-13:45 電力需給調整に向けた給電および通信が可能なSingle Pair Ethernet (IEEE802.3cg)
○丹 康雄(北陸先端科学技術大学院大学)
  13:45-13:55 休憩 ( 10分 )
10月23日(金) 午後  招待講演セッション 2 (NWS)
座長: 伊藤 篤(中央大学)
13:55 - 14:40
(16) 13:55-14:40 au基地局のトライブリッド技術による省エネおよび災害対策への取り組み
○今成 浩巳 (KDDI総合研究所)
  14:40-14:50 休憩 ( 10分 )
10月23日(金) 午後  NWS 一般講演 1
座長: 梶原 貴利(日立製作所)
14:50 - 16:30
(17) 14:50-16:30 14:50〜15:15:「個人情報の流通状況可視化方式の実装に向けた検討」
○菅 友梨香, 吉村康彦, 山下高生, 大森芳彦(日本電信電話)

15:15~15:40:「Hyperledger Fabric用テストベッド環境構築手法の提案」
○小島 英春, 矢内 直人(大阪大学)

15:40〜16:30:「Ticket-based Access Control Listを適用したIoTデータ流通方式の検討」
○吉井 優輝, 坂野 遼平, 水野 修(工学院大学)
  16:30-16:40 休憩 ( 10分 )
10月23日(金) 午後  NWS 一般講演 2
座長: 吉村 康彦(日本電信電話)
16:40 - 18:20
(18) 16:40-18:20 16:40〜17:30:「MANETを用いた避難支援システムにおけるユーザの移動速度を考慮した避難経路選択手法」
○山崎 樹生,大田 知行,角田 良明(広島市立大学)

17:30〜18:20:「クラウド型リモート会議ツールによる情報リテラシー授業の定着度評価」
○干川 尚人,大島 心平,床井 良徳,鈴木 真ノ介,石原 学(小山高専)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICTSSL 安全・安心な生活とICT研究会(ICTSSL)   [今後の予定はこちら]
問合先 大塚 晃
TEL: 025-255-1265
E-: oag 
IN 情報ネットワーク研究会(IN)   [今後の予定はこちら]
問合先 IN研究会幹事
小畑 博靖 (広島市大), 樫原 俊太郎 (KDDI総合研究所)
E-: in_-cat 
お知らせ ◎情報ネットワーク研究会Webページ
http://www.ieice.org/cs/in/jpn/
◎原稿の締め切り日を過ぎますと技報への掲載ができなくなり,原稿無しでのご発表となります.プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.
NWS ネットワークソフトウェア研究会(NWS)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2020-11-06 16:08:51


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICTSSL研究会のスケジュールに戻る]   /   [IN研究会のスケジュールに戻る]   /   [NWS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICTSSL研究会 / 次のICTSSL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会