Japanese / English

DB info

古田雅則, 小川太一, 板倉哲朗,
"A Time-Interleave Pipelined SAR ADC Using Amplifier Sharing Technique",
信学技報 CS2011-120, pp. 121-124, 2012年3月.

Masanori Furuta, Taichi Ogawa and Tetsuro Itakura,
"A Time-Interleave Pipelined SAR ADC Using Amplifier Sharing Technique,"
IEICE Tech. Rep., CS2011-120, pp. 121-124, March 2012.

資料番号: CS2011-120, CAS2011-128, SIP2011-148

pLaTeX format

機械的に名前の省略を行っています。上と比較して誤りがないことを確認してからカット&ペーストして下さい。

\bibitem{cs2011-120}
古田雅則, 小川太一, 板倉哲朗,
``A Time-Interleave Pipelined SAR ADC Using Amplifier Sharing Technique'',
信学技報 CS2011-120, pp.~121-124, 2012年3月.

\bibitem{cs2011-120}
F.~Masanori, O.~Taichi and I.~Tetsuro,
``A Time-Interleave Pipelined SAR ADC Using Amplifier Sharing Technique,''
{\em IEICE Tech. Rep.}, CS2011-120, pp.~121-124, March 2012.

学会データベースから文献情報を得る

戻る

 トップ & 開催スケジュール / 取り扱う分野 / 表彰 / 参加・発表申込み方法 / 写真集/ 専門委員 / DB / リンク

ご意見,ご要望のある方は,CS研究会ホームページ管理者にご連絡ください.迷惑メール対策により,ホームページ記載のメールアドレスの一部を全角文字または画像としております.あらかじめご了承ください.

IEICE logo  IEICEホームページ CSWS logo  情報伝送と信号処理
ワークショップ