Top page > イベント > 研究会開催案内

研究会開催案内 : 研究会に参加される方へスケジュールなどのご案内

電子情報通信学会には、第一種研究会と第二種研究会があります。
第一種研究会は、各ソサイエティ・グループに所属する84の研究専門委員会が,それぞれ基幹分野の研究会として開催しています。第一種研究会の発表内容は,「技術研究報告」として有料年間予約により頒布を行っています。

また,第二種研究会として自由な形式の研究会(シンポジウム・ワークショップ・勉強会・若手向け集会等)も、第一種とは別に開催されています。

以下は 第一種研究会に関する案内です。第二種研究会については各研究会のホームページを参照下さい。

研究会スケジュール
 

その月の研究会の開催案内は、「各種お知らせ」の「 会告、通知 」をご覧ください。
また、「 研究会開催スケジュール・発表申込システム 」からも範囲を絞って検索できます。

※「研究会開催スケジュール・発表申込システム」の解説は、ここ にあります。

 
聴講資格
 

第一種研究会は、一部を除き、無料で参加いただけます。事前のご予約は必要ありませんので当日会場へ直接お越し下さい。技術研究報告(研究会資料)は当日会場の受付で入手できます。

通信ソサイエティでは、2017年度より、通信ソサイエティすべての研究会において技報完全電子化が本運用され、参加費のお支払、あるいは年間参加費に相当する年間登録が必要となります。本制度では、参加費/技術研究報告が割引となる研究会年間登録制度を提供します。詳しくは、通信ソサイエティ研専運営会議の技報完全電子化研究会実施の説明ページをご覧ください。

エレクトロニクスソサイエティでは、技術研究報告の完全電子化に向けた取り組みのため、一部の第一種研究会で参加費制を導入し、技術研究報告は電子版のみの配付としています。詳しくは、エレクトロニクスソサイエティ研究専門委員会トライアル説明ページをご覧ください。

 
発表資格
 

発表者は原則会員(名誉員・正員・准員・学生員)の方です(ただし、電気学会・照明学会・映像情報メディア学会・情報処理学会会員の皆様は本会会員と同等の扱いとなります。また、研究会により他学会と共催する場合はこの限りではありません)。

研究会で発表するときの投稿案内については、「 研究会への投稿 」をご覧ください。

なお、第一種研究会の発表は、一部を除き、無料です。ただし、発表者は技術研究報告別刷を購入していただく場合があります(各研究会等によって異なりますので原稿執筆依頼の際に別途発表者に連絡用紙にて通知します)。
研究会終了後に懇親会がある場合の参加費等については幹事へご確認下さい。

通信ソサイエティでは、2017年度より研究会の参加の際には、参加費をお支払いただくことになりました。都度払いの参加費と、割引きとなる年間登録の二通りがあります。どちらの場合でも、技術研究報告の電子版がダウンロードできます。詳しくは、通信ソサイエティ研専運営会議の技報完全電子化研究会実施の説明ページをご覧ください。

エレクトロニクスソサイエティでは、技術研究報告の完全電子化の取り組みとして、一部の研究会において、技術研究報告別刷を購入していただく代わりに、掲載料をお支払いいただくことにしております。詳しくは、エレクトロニクスソサイエティ研究専門委員会トライアル説明ページをご覧ください。

 
技術研究報告の入手・閲覧・複写
 

第一種研究会の資料は、技術研究報告として発行されています。この技術研究報告は、学会事務局で扱っています。その入手・閲覧・複写方法は ここ をご覧ください。

第二種研究会等の資料入手につきましては、各第二種研究会幹事へお問合せ下さい。

 
過去の発表のデータベース
 

研究会・大会発表データベース 」、「 研究会発表リスト」をご利用ください。 なお、学会事務局で扱っているものはすべて第一種研究会です。それ以外の第二種研究会等の資料入手につきましては、各第二種研究会幹事へお問合せ下さい。

 
FAQ・問い合わせ先
 

ここ にお問合せの多い内容を集めてみました。問い合わせ先もあります。

ページTOPへ