第23回 信号処理シンポジウム開催案内

実行委員長 中山 謙二(金沢大学)

信号処理は今日では工学のみならず,経済学,医学,考古学,地球物理学など広い分野において必要不可欠な基礎技術の一つになっています.IT社会が発展するにつれて,その重要性と期待は益々増しており,信号処理の分野は極めて大きな広がりを見せています.毎年,秋に開催される信号処理シンポジウムは,信号処理に関する研究発表及び討論の場として国内最大規模であり,この分野の進展と研究動向を知る上で重要なイベントとなっています.本年もこの分野のさらなる発展を願い,第23回の信号処理シンポジウムを下記の要領にて開催致します.多くの方々の積極的なご参加・ご発表をお願い申し上げます.

日時

会場

ウェルシティ金沢(石川厚生年金会館)
(〒920-0935 石川県金沢市石引 4−17−1, 地図: Google, MapFan, Mapion, Yahoo

参加登録料(講演論文集代を含む)

10月10日迄 10月11日以降申込
主催,共催賛助学会員 14,000円 17,000円
非会員 20,000円 23,000円
学生 7,000円 8,000円

※ 講演論文集はCD-ROMで発行します.

講演の主題

基礎信号処理,フィルタ,フィルタバンク,多次元信号処理,適応信号処理,知能信号処理,音声・音響信号処理,画像・映像処理,生体信号処理,非線形信号処理,信号プロセッサ,信号処理システム実現技術,信号処理の応用など

※ 昨年度に引き続き,若手研究者との積極的な意見交換の場を提供するために,ポスターセッションを企画します.プログラム編成の都合上,ポスターセッションで発表される方の選定は,プログラム編成委員会に一任願います.

※ 基礎・境界ソサイエティ英文論文誌の2009年8月号で "Special Section on Signal Processing" として特集を組む予定ですので,発表内容を論文として投稿されることをお勧め致します.

締切

発表申込締切 8月31日(日)
論文投稿締切 9月28日(日)
早期参加登録締切 10月10日(金)

問い合わせ先

主催

電子情報通信学会 信号処理研究専門委員会

共催

電子情報通信学会 システムと信号処理サブソサイエティ・回路とシステム研究専門委員会・音声研究専門委員会・通信方式研究専門委員会・画像工学研究専門委員会・スマートインフォメディアシステム研究専門委員会・応用音響研究専門委員会,日本音響学会,信号処理学会,電気学会,IEEE SP/CAS Chapters (Japan)

協賛

計測自動制御学会,システム制御情報学会,IEEE COM/SMC Chapters (Japan)

実行委員長

中山 謙二(金沢大学)

幹事

平野 晃宏(金沢大学), 堀田 英輔(金沢大学), 今村 幸祐(金沢大学), 池田 和司(奈良先端大), 市毛 弘一(横浜国大), 田中 聡久(東京農工大)

実行委員

青木 孝文(東北大学),阿部 正英(東北大学),大田 恭士(富士通研究所),大野 修一(広島大学),奥田 正浩(北九州市立大学),梶川 嘉延(関西大学),川村 新(大阪大学),鈴木 正清(北見工業大学),仲地孝之(NTT),中西 功(鳥取大学),西川 清史(首都大学東京),西山 清(岩手大学),長谷山 美紀(北海道大学),福本 昌弘(高知工科大学),宝珠山 治(NEC),村松 正吾(新潟大学),目黒 光彦(日本大学),山田 功(東京工業大学),山田洋士(石川高専)