電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 松原 行宏 (広島市大)
副委員長 中村 勝一 (福島大)
幹事 鷹岡 亮 (山口大), 東本 崇仁 (東京工芸大)
幹事補佐 立岩 佑一郎 (名工大), 中山 祐貴 (福島大)

日時 2017年 1月28日(土) 09:00 - 17:30
議題 特別支援教育・福祉支援/一般 
会場名 国立特別支援教育総合研究所 研修棟2F 
住所 〒239-8585 神奈川県横須賀市野比5丁目1番1号
交通案内 京急京急久里浜駅からバス約15分, タクシー約10分. または, 京急YRP野比駅からタクシー約5分, 徒歩約20分.
https://www.nise.go.jp/cms/6,0,57.html
会場世話人
連絡先
特総研 棟方哲弥
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛

  09:00-09:10 委員長挨拶 ( 10分 )
1月28日(土) 午後  ET(1)
09:10 - 10:25
(1) 09:10-09:35 自習時のログ情報に基づく効果的な反転授業の評価 梅澤克之小林 学湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大
(2) 09:35-10:00 拡張現実を利用した学習者間の協調学習を支援するナビゲーションシステムの開発 稲守 栄千田和範野口孝文釧路高専
(3) 10:00-10:25 多人数授業における聴講姿勢に対応するAR型足音TAの提案 北岸佑樹米澤朋子関西大
  10:25-10:40 休憩 ( 15分 )
1月28日(土) 午前  ET(2)
10:40 - 12:20
(4) 10:40-11:05 合成音声を用いた在宅吃音訓練におけるポーズに着目した吃症状の検討(第2報) 小山内筆子弘前医療福祉大)・小山智史弘前大
(5) 11:05-11:30 音読時間とポーズに着目した読みの流暢性の評価指標に基づく音読の流暢性自動評価ツールの提案 北川耕平香山瑞恵橋本昌巳信州大
(6) 11:30-11:55 特別支援教育実践者と情報技術者の協働へ向けた取り組み ~ 自閉症児のソーシャルスキル向上支援システムの開発を事例として ~ 谷口博紀林 佑樹瀬田和久阪府大)・小川修史兵庫教大
(7) 11:55-12:20 盲ろう学生のためのE-learningシステムの開発に向けた一検討 ~ 講義場面における点字端末と文字通訳ソフトを用いた情報保障 ~ 宮城愛美佐藤正幸小林正幸筑波技大
  12:20-13:20 昼食 ( 60分 )
1月28日(土) 午後  ET(3)
13:20 - 15:00
(8) 13:20-13:45 神奈川県におけるタブレット端末を活用した地域支援の取り組みにおける現状と課題 小原俊祐鎌倉養護)・金森克浩棟方哲弥田中良広横尾 俊新谷洋介神山 努特総研
(9) 13:45-14:10 肢体不自由児のPC入力方法に関する検討 金森克浩特総研)・伊藤史人島根大)・吉本定伸東京高専)・外山世志之町田の丘学園)・谷本式慶都立八王子東特別支援学校)・佐野将大高松養護)・野口健太郎沖縄高専
(10) 14:10-14:35 インクルーシブ教育環境下にある聴覚障害児者のための遠隔教育支援 石原保志・○佐藤正幸三好茂樹西岡知之筑波技大
(11) 14:35-15:00 病弱教育におけるICTを活用したアクティブ・ラーニングの実践 福本 徹国立教育政策研
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
1月28日(土) 午後  ET(4)
15:15 - 17:30
(12) 15:15-15:40 クラウドソーシングを用いた文字情報保障の品質向上を図るワーカー割当て手法の提案 大村宗玄張 建偉白石優旗若月大輔筑波技大)・熊井克仁森嶋厚行筑波大
(13) 15:40-16:05 指さし理解支援のためのプロジェクション式AR図示システムの提案 上野 楓吉田直人米澤朋子関西大
(14) 16:05-16:30 教室内温熱・空気環境のマルチポイント同期計測システムの開発 森 菜穂子佐藤ゆかり小山智史弘前大
(15) 16:30-16:55 プログラミング演習における学習状況推定のためのソースコード編集過程分析手法の開発 石和田 圭森本康彦学芸大)・中村勝一中山祐貴福島大)・宮寺庸造学芸大
(16) 16:55-17:20 プログラミング演習における迷い検出に基づく学習教育支援システムの構築 杉山 匠小暮 悟静岡大)・山下浩一常葉大)・野口靖浩小西達裕伊東幸宏静岡大
  17:20-17:30 会場担当挨拶 ( 10分 )

講演時間
一般講演発表 17 分 + 質疑応答 8 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 鷹岡 亮(山口大学)
TEL 083-933-5460
E-: rgu-u 
お知らせ ◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は原則認めていませんのでご注意ください。
◎本研究会の取り組みなど、詳細は教育工学研究会ホームページをご覧ください。nhttp://www.ieice.org/iss/et/


Last modified: 2017-01-27 19:33:15


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会