電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSR研究会 / 次のSR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


スマート無線研究会(SR) [schedule] [select]
専門委員長 梅林 健太 (東京農工大)
副委員長 有吉 正行 (NEC), 亀田 卓 (東北大)
幹事 石津 健太郎 (NICT), 矢野 一人 (ATR), 石橋 功至 (電通大)
幹事補佐 Gia Khanh Tran (東工大), 成枝 秀介 (三重大), 大島 浩嗣 (構造計画研), 太田 真衣 (福岡大), 大山 哲平 (富士通研)

高信頼制御通信研究会(RCC) [schedule] [select]
専門委員長 林 和則 (阪市大)
副委員長 東 俊一 (名大), 李 還幇 (NICT)
幹事 石井 光治 (香川大), 林 直樹 (阪大)
幹事補佐 加川 敏規 (NICT), 小蔵 正輝 (奈良先端大)

ネットワークシステム研究会(NS) [schedule] [select]
専門委員長 岡崎 義勝 (NTT)
副委員長 中尾 彰宏 (東大)
幹事 松井 健一 (NTT), 谷川 陽祐 (阪府大)
幹事補佐 橿渕 健一 (NTT)

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 大槻 知明 (慶大)
副委員長 福田 英輔 (富士通研), 須山 聡 (NTTドコモ), 前原 文明 (早大)
幹事 西村 寿彦 (北大), 石原 浩一 (NTT)
幹事補佐 村岡 一志 (NTTドコモ), 衣斐 信介 (阪大), 西本 浩 (三菱電機), 安達 宏一 (電通大), 中村 理 (シャープ)

知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN) [schedule] [select]
専門委員長 岡田 啓 (名大)
副委員長 山本 高至 (京大), 中澤 仁 (慶大), 門田 和也 (日立)
幹事 大和田 泰伯 (NICT), 萬代 雅希 (上智大), 川喜田 佑介 (神奈川工科大)
幹事補佐 橋本 匡史 (阪大), 大田 知行 (広島市立大), 菊月 達也 (富士通研), 中野 亮 (日立), 堀田 善文 (三菱電機)

日時 2018年 7月11日(水) 09:30 - 17:40
2018年 7月12日(木) 09:30 - 18:05
2018年 7月13日(金) 09:30 - 17:55
議題 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
会場名 函館アリーナ 
住所 〒042-0932 北海道函館市湯川町1丁目32−2
交通案内 http://www.zaidan-hakodate.com/arena/access.html
会場世話人
連絡先
はこだて未来大学 情報アーキテクチャ学科 高 博昭、函館高専 情報工学科 藤原 孝洋
0138-57-3141(会場)
お知らせ ◎ポスターに関するお知らせ
・ポスターを貼るパネルのサイズは「1740 x 1120 mm」となっています。パネルに収まる範囲でポスターをご準備願います。
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ASN研究会, NS研究会, RCS研究会, SR研究会)についてはこちらをご覧ください.

7月11日(水) 午前  ASN1(スタジオA)
座長: 松井 進(大阪工業大学)
09:30 - 10:20
(1)
ASN
09:30-09:55 イメージセンサ可視光通信へのプリコードの導入と静止環境における性能評価 ○亀川智史・山里敬也・岡田 啓・藤井俊彰(名大)・荒井伸太郎(岡山理科大)・圓道知博(長岡技科大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)
(2)
ASN
09:55-10:20 キャプチャ効果を考慮した無線LANのスループット解析 ○兼松 嵩(千葉大)・吉田悠人,関屋大雄(千葉大)
7月11日(水) 午前  RCS1(スタジオB)
座長: 亀田 卓 (東北大学)
09:30 - 10:20
(3)
RCS
09:30-09:55 サイドバンド選択を行う周期性干渉除去の特性改善法 ○木村祐哉・田野 哲・侯 亜飛(岡山大)
(4)
RCS
09:55-10:20 HetNet構成における送信干渉キャンセラーの基本検討 ○谷口怜奈・藤井輝也・表 英毅・阪口 啓(東工大)
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
7月11日(水) 午前  WDN特別セッション1(武道館)
座長: 山本 高至(京都大学)
10:30 - 12:10
(5)
共通
10:30-10:55 送信レプリカ数適応化を用いたクラウド協調型干渉除去付きランダムアクセスネットワーク ○野中敏希・藤井威生(電通大)・田久 修(信州大)・太田真衣(福岡大)
(6)
共通
10:55-11:20 無線分散ネットワークにおける進行波のうなりを利用した新しい自律制御のコンセプト ○会田雅樹(首都大東京)・高野知佐(広島市大)・村田正幸(阪大)
(7)
共通
11:20-11:45 河川の生態系情報を可視化する無線ネットワークの検討 ○藤原孝洋(函館高専)・ファハルド ジョビリン・守屋充雄(STE)
(8)
共通
11:45-12:10 LoRaによる車両位置情報共有システム ○大和田泰伯・佐藤剛至・天間克宏・久利敏明・井上真杉(NICT)
  12:10-13:10 昼食休憩 ( 60分 )
7月11日(水) 午後  ASN2(スタジオA)
座長: 藤原 孝洋(函館高専)
13:10 - 14:25
(9)
ASN
13:10-13:35 鉄道分野での活用を想定した無線トモグラフィによるプライバシーに配慮した物体検知システムの開発 ○原田 諭・坂本憲靖(JR東日本)・五十嵐悠一・中野 亮・高橋政俊(日立)
(10)
ASN
13:35-14:00 A Fundamental Approach for Efficient Crowdsourced Multi-view Video Uploading ○Than Than Nu(Osaka Univ)・Takuya Fujihashi(Ehime Univ.)・Takashi Watanabe(Osaka Univ.)
(11)
ASN
14:00-14:25 [奨励講演]完全制御型植物工場における最適栽培制御則探索のためのベイズ最適化を用いる手法の一検討 ○飯塚達哉・繁田 亮・川原圭博(東大)
7月11日(水) 午後  RCC(スタジオB)
座長: 大野 光平(明治大)
13:10 - 14:00
(12)
RCC
13:10-13:35 自動車内における超広帯域無線システム伝送実験 ○滝沢賢一・李 還幇(NICT)・木村恒人・國立忠秀(矢崎総業)・児島史秀(NICT)
(13)
RCC
13:35-14:00 パケットロスが与える影響を入力端外乱として考慮した制御器設計に関する一検討 ○小倉貴志・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)
7月11日(水) 午後  NS1(多目的会議室B)
座長: 谷川 陽祐(阪府大)
13:10 - 14:25
(14)
NS
13:10-13:35 [奨励講演]ダークウェブマーケット統計分析・可視化のためのデータ自動収集とレポジトリ生成の提案 ○岩永崇裕・中尾彰宏(東大)
(15)
NS
13:35-14:00 Throughput Prediction Method based on machine learning in Mobile Networks ○Bo Wei・kenji Kanai・Wataru Kawakami・Jiro Katto(Waseda Univ.)
(16)
NS
14:00-14:25 Performance of TCP BBR Co-existing with CUBIC TCP on Deep Buffer Networks ○Kanon Sasaki・Naiki Oda・Kouto Miyazawa(Kogakuin Univ.)・Satoshi Utsumi(Fukushima Univ.)・Saneyasu Yamaguchi(Kogakuin Univ.)
  14:25-14:35 休憩 ( 10分 )
7月11日(水) 午後  機械学習特別セッション(武道館)
座長: 成枝 秀介(三重大学)
14:35 - 15:50
(17)
共通
14:35-15:00 物理層の特徴量を用いた送信機個体識別に対する伝搬損失の影響評価 ○大辻太一・相馬達也・竹内俊樹・狐塚正樹・國弘和明(NEC)
(18)
共通
15:00-15:25 通信の類似性分析にもとづくIoTデバイス識別手法 ○野口博史・出水達也・片岡 操・山登庸次(NTT)
(19)
共通
15:25-15:50 深層学習を用いた到来方向推定の基礎的検討 ○加瀬裕也・西村寿彦・大鐘武雄・小川恭孝(北大)
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
7月11日(水) 午後  招待講演(武道館)
座長: 福田 英輔 (富士通研)
16:00 - 17:40
(20)
共通
16:00-16:50 [招待講演]IoT無線通信技術LPWAと5Gの最新動向 ~ SIGFOX、LoRaWAN、LTE-M、NB-IoTおよび5Gの現状と将来 ~ ○鄭 立(チノー)
(21)
共通
16:50-17:40 [招待講演]水環境インフラを支えるIoTソリューションサービス ~ 無線ネットワークを利用した施設監視 ~ ○末吉康則・森田 仁・陳 巨壹(クボタ)
  17:40-17:50 休憩 ( 10分 )
7月12日(木) 午前  SR1(スタジオA)
座長: 三木信彦(香川大学)
09:30 - 10:45
(22)
SR
09:30-09:55 協調センシングにHMMを用いた時空間電波環境データベース構築法 ○青木祐也・藤井威生(電通大)
(23)
SR
09:55-10:20 侵入検知システムのログデータの分析によるニューラルネットワークを用いた攻撃クラス分類法とその精度向上のための検討 萬年 司・○塩本公平(東京都市大)
(24)
SR
10:20-10:45 無線環境認識の効率化に向けた電波伝搬特性の周波数相関性の実験的検証 ○小野瀬圭太(電通大)・佐藤光哉(東京理科大)・稲毛 契(都立産技高専)・藤井威生(電通大)
7月12日(木) 午前  RCS2(スタジオB)
座長: 山本 高至(京都大学)
09:30 - 10:45
(25)
RCS
09:30-09:55 下り回線非直交多元接続(NOMA)におけるEVMを考慮した受信特性の評価 ○真山健大・秋元浩平・亀田 卓・末松憲治(東北大)
(26)
RCS
09:55-10:20 フルデュープレクスにおけるサブフレーム単位のシンボル繰り返しを用いる物理チャネル多重法 ○佐和橋 衛・山田大貴(東京都市大)・岸山祥久(NTTドコモ)
(27)
RCS
10:20-10:45 移動無線通信における選択MIMOダイバーシチに関する一考察 ○安達文幸・アムナート ブンカジャイ(東北大)
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
7月12日(木) 午前  ポスターセッション(武道館)
10:55 - 12:15
(28)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]時間勾配を特徴量とした機械学習による可視光通信送信機検出 ○堀 将大・木下雅之・山里敬也・岡田 啓・藤井俊彰(名大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)・圓道知博(長岡技科大)・荒井伸太郎(岡山理科大)
(29)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]深層学習を用いた深度画像からのミリ波通信受信信号電力予測 ○中島功太・香田優介・山本高至・岡本浩尚・西尾理志・守倉正博(京大)
(30)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]ポアソンセルラネットワークにおけるマルチユーザスケジューリング利得の解析 ○山本高至(京大)
(31)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]異種サービス連携のための実空間連動型データ管理アーキテクチャの提案 ○長尾健太郎(九工大)・妙中雄三(奈良先端大)・永田 晃(iD)・田村 瞳(福岡工大)・塚本和也(九工大)
(32)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]通信ソフトウェアのプロセスからデータを分離する開発をした際の遅延評価手法の検討 ○山田剛史・星野幸司・菊間一宏(NTT)
(33)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]モバイルエッジにおける効率的な分散機械学習手法の検討 ○西尾理志(京大)・米谷 竜(東大)
(34)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]機械学習によるGPSスプーフィング防御に関する一検討 ○福田智和・石井光治(香川大)
(35)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]強化学習による遮蔽者の位置情報を活用したミリ波通信ハンドオーバ制御の実験的評価 ○香田優介・山本高至・西尾理志・守倉正博(京大)
(36)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]周波数共用に向けた不均衡データに対する一次利用者排他領域更新方式 ○山田 仰・西尾理志・守倉正博・山本高至(京大)
(37)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]周波数共用型車車間通信ネットワークにおける排他領域の最適化 ○傳 宇翔・吉川慧司・山下翔大・山本高至・西尾理志・守倉正博(京大)
(38)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]周波数共用システムにおけるマルチバンド使用時のシステム間干渉評価 ○上田恭平・冨里 繁・上原一浩(岡山大)
(39)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]一括集約型無線センサネットワークにおける空間相関を利用したエラートラッキング検出法の検討 ○天野直哉・田久 修・白井啓一郎(信州大)・藤井威生(電通大)・太田真衣(福岡大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)
(40)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]一括集約型無線センサネットワークにおけるセンサ情報の勾配を用いたデータ分離の検討 ○山崎修平・田久 修・白井啓一郎(信州大)・藤井威生(電通大)・太田真衣(福岡大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)
(41)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]エッジクラウド連携を用いた機械学習によるネットワーク広域異常検知に向けた一検討 ○田尻兼悟・池田泰弘(NTT)・川原亮一(東洋大)・新熊亮一(京大)
(42)
共通
10:55-12:15 [ポスター講演]空間相関に基づくアンテナ選択型アレーアンテナにおける効率的な選択法の検討 ○坂本 匠・梅林健太(東京農工大)・Antti Tolli(オウル大)
  12:15-13:15 昼食休憩 ( 60分 )
7月12日(木) 午後  NS2(スタジオA)
座長: 橘 拓至(福井大)
13:15 - 14:55
(43)
NS
13:15-13:40 [奨励講演]網内機械学習を用いたモバイルアプリケーション同定 ○上月正貴・中尾彰宏(東大)
(44)
NS
13:40-14:05 通信品質を利用したCNNによるユーザ移動状態推定の精度評価 ○川上 航・金井謙治・Wei Bo・甲藤二郎(早大)
(45)
NS
14:05-14:30 クラウドシステムにおける適応型制御間隔の検討とフラッシュクラウドでの評価 ○小川祐紀雄(室蘭工大)・長谷川 剛・村田正幸(阪大)
(46)
NS
14:30-14:55 割込み優先転送機能を実装したレイヤ2スイッチの性能評価 ○久保見 慎・坂上佑介・谷口幸子・川手竜介(三菱電機)
7月12日(木) 午後  RCS3(スタジオB)
座長: 前原 文明 (早大)
13:15 - 14:55
(47)
RCS
13:15-13:40 [依頼講演]特許出願から見たMIMO技術の技術動向(その1) ○西村 純・太田龍一(特許庁)
(48)
RCS
13:40-14:05 [依頼講演]特許出願から見たMIMO技術の技術動向(その2) ○太田龍一・西村 純(特許庁)
(49)
RCS
14:05-14:30 超高速移動環境におけるビームフォーミング屋外伝送実験 ~ 28GHz帯Massive MIMOによる下り伝送特性 ~ ○村岡一志・高橋雄太・増野 淳・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)
(50)
RCS
14:30-14:55 超高速移動環境におけるビームフォーミング屋外伝送実験 ~ 28GHz帯Massive MIMOによる上り伝送特性およびハンドオーバ特性 ~ ○高橋雄太・村岡一志・増野 淳・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)
  14:55-15:05 休憩 ( 10分 )
7月12日(木) 午後  チュートリアルセッション(武道館)
座長: 梅林 健太(東京農工大学)
15:05 - 17:05
(51)
共通
15:05-17:05 [チュートリアル講演]強化学習の実践的問題への応用と課題 ○牧野貴樹(Google)
  17:05-17:15 休憩 ( 10分 )
7月12日(木) 午後  招待講演(武道館)
座長: 松井 進(大阪工業大学)
17:15 - 18:05
(52)
共通
17:15-18:05 [招待講演]高度モビリティ社会におけるアンビエントセンシングの実現に向けて ○白石 陽(公立はこだて未来大)
  18:05-18:30 休憩 ( 25分 )
7月13日(金) 午前  NS3(スタジオA)
座長: 小島 祐治(富士通研)
09:30 - 10:45
(53)
NS
09:30-09:55 [奨励講演]モバイルエッジコンピューティングの新規応用分野の動向と整理 ○岩井貴充・中尾彰宏(東大)
(54)
NS
09:55-10:20 [奨励講演]協調運転実現のための多層エッジサーバによる車両制御システム ~ 遠隔車両制御と自律制御の連携 ~ ○佐々木健吾・牧戸知史(豊田中研)・中尾彰宏(東大)
(55)
NS
10:20-10:45 カメラによる共通移動ノードの方向変化観測とノード移動距離測定による協調的移動ノード位置取得手法 ○行方将晃・桧垣博章(東京電機大)
7月13日(金) 午前  RCS4(スタジオB)
座長: 横野 聡 (日本無線)
09:30 - 10:45
(56)
RCS
09:30-09:55 Experimental evaluation of an optical wireless MIMO system with baseband modulation ○Fabien Corona・Hirotoshi Sugiura・Kentaro Kobayashi・Hiraku Okada・Masaaki Katayama(Nagoya Univ.)
(57)
RCS
09:55-10:20 ビームフォーミング送信機用DPDの構成法の一検討 ○土生 卓・山尾 泰(電通大)・石川広吉・馬庭 透(富士通研)
(58)
RCS
10:20-10:45 39GHz帯を用いた無線アクセスバックホール統合伝送の屋外伝送実験 ○岩渕匡史・坪井 淳・岸山祥久(NTTドコモ)・Tingjian Tian・Guangmei Ren・Liang Gu(ファーウェイ)・崔 洋・高田輝文(華為技術日本)
7月13日(金) 午前  SR2(武道館)
座長: 田久 修(信州大学)
09:30 - 10:45
(59)
SR
09:30-09:55 LoRa/LoRa WANを用いた免許不要周波数帯920MHz帯の伝搬測定結果 青木瞭弥・○三木信彦(香川大)
(60)
SR
09:55-10:20 非線形振動子を用いた干渉強度に基づいたグラフ彩色手法 ○中野隼輔・稲毛 契(都立産技高専)
(61)
SR
10:20-10:45 位置情報を用いた異種無線融合システムのネットワーク選択手法 ~ トラヒックリレーによる大容量データ伝送遅延時間の評価 ~ ○小野謙人・小野貴博・秋元浩平・亀田 卓・末松憲治(東北大)
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
7月13日(金) 午前  NS4(スタジオA)
座長: 塚本 和也(九工大)
10:55 - 12:35
(62)
NS
10:55-11:20 無線センサ網におけるチャネル予約に基づく緊急データ絶対優先伝送法 ○井上 翼・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)
(63)
NS
11:20-11:45 全二重無線LANにおける端末間のフレーム衝突を抑制するバックオフ手法の提案 ○坂倉翔太・藤村 力・眞田耕輔・森 香津夫(三重大)
(64)
NS
11:45-12:10 LoRaWAN通信のためのマルチユーザ確認応答フレーム集約方式 ○長谷川洋平(NEC)・鈴木一哉(秋田県立大)・登内敏夫(NEC)
(65)
NS
12:10-12:35 自律的な移動を誘発する最大伝送レート制御法の解析とシミュレーションによる性能評価 ○杉井智哉・橘 拓至(福井大)
  12:35-12:45 休憩 ( 10分 )
7月13日(金) 午前  RCS5(スタジオB)
座長: 岡田 啓 (名大)
10:55 - 12:35
(66)
RCS
10:55-11:20 プロポーショナルフェアネス規範に基づくセル選択・干渉制御を用いた場合の複数周波数帯・スモールセル環境における特性評価 ○三木信彦・數本崇晃・金平勇作(香川大)
(67)
RCS
11:20-11:45 データ処理時間最小化を目的としたMEC & UEの計算能力および無線チャネル状態に基づくリソース割り当て法の検討 ○小林龍司・安達宏一(電通大)
(68)
RCS
11:45-12:10 Using Carriers for Secondary User Transmission in Underlay Cognitive Radio Wireless Networks ○Ousmane Zeba・Shunsuke Saruwatari・Takashi Watanabe(Osaka University)
(69)
RCS
12:10-12:35 UAV-BS無線通信ネットワークにおける無線端末の省電力化に関する研究 ○ルンバントルアン ヘンドリック・安達宏一(電通大)
  12:35-13:35 昼食休憩 ( 60分 )
7月13日(金) 午後  WDN特別セッション2(武道館)
座長: 村上 誉 (NICT)
13:35 - 15:40
(70)
共通
13:35-14:00 ミリ波メッシュバックホールネットワークにおける干渉低減法に関する研究 ○中村 誠・タン ザカン・阪口 啓(東工大)
(71)
共通
14:00-14:25 p-persistent CSMAを用いたウェイクアップ受信機適用無線センサネットワークにおけるデータ収集特性理論解析 ○白石順哉・四方博之(関西大)
(72)
共通
14:25-14:50 無線センサネットワークにおける一貫性のあるセンサデータ観測時刻取得手法 ○荒尾彩子・桧垣博章(東京電機大)
(73)
共通
14:50-15:15 無線アドホックネットワークにおける制御メッセージの衝突を用いたネットワークコーディング通信手法 ○青井雄亮・桧垣博章(東京電機大)
(74)
共通
15:15-15:40 工場環境における920MHz帯無線通信機器の通信特性・相互干渉実験評価 ○備後諒大・池内良太・四方博之(関西大)
  15:40-15:50 休憩 ( 10分 )
7月13日(金) 午後  NS5(スタジオA)
座長: 松井 健一(NTT)
15:50 - 17:55
(75)
NS
15:50-16:15 D2D型SNSにおけるカスケード障害の影響を低減する最適ネットワーク構成法 ○横井花深・橘 拓至(福井大)
(76)
NS
16:15-16:40 高品質性とデータ量削減を両立する映像配信手法の性能評価 ○長島達哉・坂本悠輔・竹内 健・金井謙治・甲藤二郎(早大)
(77)
NS
16:40-17:05 Pub/SubベースによるIoTサービスファンクションチェイニングのアーキテクチャ提案 ○小川啓吾・金井謙治・甲藤二郎・中里秀則(早大)
(78)
NS
17:05-17:30 MECを備えたソフトウェアモバイルネットワークシステムとスライシング技術のフィールド検証および評価 ○雨宮宏一郎(富士通研/東大)・秋山裕子・小林一成・井上義雄(富士通)・山本 周・中尾彰宏(東大)
(79)
NS
17:30-17:55 エッジコンピューティングによるネットワーク型複合現実アプリケーションのサービス体感品質の向上性に関する評価 ○高木詩織・金田純一・荒川伸一・村田正幸(阪大)
7月13日(金) 午後  RCS6(スタジオB)
座長: 須山 聡 (NTTドコモ)
15:50 - 17:30
(80)
RCS
15:50-16:15 GaBPを用いた大規模SCMA信号分離に関する基礎的検討 ○李 仁杰・西村寿彦・大鐘武雄・小川恭孝・萩原淳一郎(北大)
(81)
RCS
16:15-16:40 離散値べクトル再構成のための近似メッセージ伝搬法を用いた一括圧縮サブキャリアIQインデックス変調 ○大比良和哉・原 郁紀・石橋功至(電通大)
(82)
RCS
16:40-17:05 MU-MIMO-OFDM THPのオーダリング削減法へのレベル交差に基づく遅延スプレッド推定法の適用効果に関する一検討 ○新保薫子・菅沼碩文・前原文明(早大)
(83)
RCS
17:05-17:30 Matched Filter検出法と干渉除去を併用した符号化MIMO空間多重システムの特性改善に関する一検討 ○枡川健太郎・落合秀樹(横浜国大)

講演時間
一般講演(RCC,SR)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(NS, ASN, RCS)発表 18 分 + 質疑応答 7 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
チュートリアル講演発表 110 分 + 質疑応答 10 分
ポスター講演発表 70 分

問合先と今後の予定
SR スマート無線研究会(SR)   [今後の予定はこちら]
問合先 タンザカン、E-: knhtgbileee 
お知らせ ◎最新情報はソフトウェア無線研究会のホームページをご覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/sr/jpn/
RCC 高信頼制御通信研究会(RCC)   [今後の予定はこちら]
問合先 rcc-c 
お知らせ http://www.ieice.org/~rcc/
NS ネットワークシステム研究会(NS)   [今後の予定はこちら]
問合先 NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
橿渕健一 (NTT)
TEL 0422-59-6458
松井健一 (NTT)
TEL 0422-59-3018 
お知らせ ◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 西村 寿彦 (北大)
E-:r_- 
ASN 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN)   [今後の予定はこちら]
問合先 asn-c 
お知らせ ◎最新情報は,ASN研ホームページをご覧ください.
https://www.ieice.org/~asn/


Last modified: 2018-07-13 12:36:28


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCC研究会のスケジュールに戻る]   /   [NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /   [SR研究会のスケジュールに戻る]   /   [ASN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSR研究会 / 次のSR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会