スマート無線 (SR) 研究会へようこそ

最新情報

更新情報(2017/7/27)SR研究会主催のチュートリアル企画のQ&Aを掲載しました.
更新情報(2017/7/10)SR研究会主催のチュートリアル企画のご案内を掲載しました.
更新情報(2017/6/1)2017年7月研究会のプログラムが公開されました
更新情報(2017/5/1)2017年7月研究会の申し込みを開始しました

「実習型チュートリアル 〜無線通信の観測から解析まで〜」に関するQ&A

たくさんのお申し込みをありがとうございます。
質問を多数頂きましたので、下記にまとめました。

「実習型チュートリアル 〜無線通信の観測から解析まで〜」開催のお知らせ

9月11日(月曜日)に無料にて学生・若手研究者向けチュートリアルを開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。なお、本チュートリアルはオンラインでライブ中継する予定です。
こちらも登録制になっておりますので、お早めにご登録ください。
詳細は下記をご覧下さい.
■ 日時:9月11日(月)
   [第1部]10:30〜12:00 「スペクトラム・アナライザを用いたスペクトラム観測と解析」
   [第2部]13:20〜14:50 「体験! MATLABを利用した無線信号の解析と可視化」
   [第3部]15:20〜16:50 「USRPを用いたソフトウェア無線機の構造の説明と実演」
場所:マスワークス社 東京オフィス 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ7階
定員:各部30名(先着順) 締切2017/9/1
[ライブ中継による聴講者定員:100名 締切2017/9/7(23:59JST)]
下記URLへアクセスし、必要事項を入力ください。
https://goo.gl/sq5KuK

現地参加は定員に達しましたので申込を締め切らせていただきました。
現在WEB参加の申込のみ受け付けています。(7/30時点)

■概要:
[第1部](講師:ROHDE&SCHWARZ 田中準一氏)
スペクトラム観測のための基礎知識としてスペクトラム・アナライザの動作原理
を習得する目的のセッションです。測定器を操作する実習で、実際に電波観測を
行います。シグナル・スペクトラム・アナライザの動作原理を説明し、MATLABへ
の取得データ受け渡し時の注意点について解説します。

[第2部](講師:MathWorks 田中明美氏)
研究で得られた数式や成果を第3者に理解してもらう」、「実験データの外れ
値を取り除く」、「データサイズが大きすぎる」、などでご苦労された方向けに、
csvファイルなど計測器で取得した「データの前処理」、「解析」、「可視化」
といった一連の流れをMATLABで体験して頂きます。

[第3部](講師:National Instruments 瀧川和哉氏)
いち早く理論から実証実験に移行するのに便利なソフトウェア無線機について
USRPをベースに説明します。実習ではMATLABで記述したスクリプトをLabVIEWに
実装し、USRPから実際に電波を受信して復調までを行います。

■参加方法・お申込み方法
参加方法は2通り(現地参加・WEB参加)。いずれの方法においても、
参加を希望されます方は、下記URLへアクセスし、必要事項を入力ください。
https://goo.gl/sq5KuK

詳しくは、下記の資料をご確認ください。
お問い合わせは、下記アドレスまで、ご連絡ください。
問い合わせメールアドレス:sr_ac-com-tech-lec@mail.ieice.org

本企画は「若手育成と研究推進プロジェクト」として開催します。
若手エンジニアの知識向上と研究モチベーションUPの一助として活用していただ
き、将来の研究成果へとつなげ、さらなる無線通信分野の活性化を図る企画となっ
ています。是非、積極的にご参加ください。

スマート無線研専からのお知らせ

技報の一部として掲載してきたお知らせのページを公開しています。
研究会の様子を載せています。
「スマート無線研専からのお知らせ」をご覧ください。

通ソ英文ニュースレター GLOBAL NEWSLETTER (GNL) にスマート無線研究会の活動が紹介されました。

Technical Committee on Smart Radio - An Activity Report of Fiscal Year 2015 -
Report of SmartCom 2016 - The Third International Workshop Held in Oulu, Finland -

詳細は下記をご覧ください。

2017年度[研究会年間登録]の開始のお知らせ

先日ご案内いたしました【研究会年間登録】の受付を開始いたしました.
研究会年間登録をいただきますと,多くの特典が得られます大変お得な制度となっております.
ぜひ,この機会に研究会年間登録をご検討ください.

研究会年間登録の概要
【特典1】安価な価格設定
(会員)4000円(税別),(非会員)7000円(税別),(学生員)無料
(2017年度 SR研 冊子体技報年間予約: 11,340円(税込み))

【特典2】★昨年度から変更あり★
登録した研究会の技報電子媒体を技報オンラインシステムの「技報オンサイトビュー」
より★登録年度の技報電子媒体★へのダウンロード権が得られる。(ただし,冊
子体の技報の配布はありません.)なお,2016年度に年間登録をいただいた方に
は,2016年度の技報も技報オンサイトビューを利用してダウンロードすることが
可能です。

(参考情報1)「技報オンサイトビュー」サービスについて
(当該研究会の最新刊の技報電子媒体を★開催日前後一週間ダウンロード可★.
併催/共催研究会技報も含む)

(参考情報2)「技報アーカイブ」のトライアル開始
2006年度以降の通信ソサイエティのすべての技報を閲覧できるサービスです.
詳細は2017年5月中旬にご案内する予定です.

【特典3】研究会参加費が無料
年間購読者には,1年間を通して参加費が無料となります.
1回の参加費はおよそ(会員)3000円から6000円,(非会員)5000円から8000円
を予定しており,研究会に2回以上参加する場合は、年間登録のほうがお得になっ
ております。(一部の研究会においては例外的に参加費無料とすることがございます。)
注意点:原則として個人単位かつ個人名義での登録のみ受付ます.

【昨年度からの変更あり】
費用のお支払はオンラインでのクレジットカード払いに加え、★請求書払い★にも対応いたしました。

(関連情報:技術研究報告完全電子化研究会トライアル実施について)
http://www.ieice.org/cs/jpn/kensen/special/e_gihou2017/e_gihou2017_index.html

【研究会年間登録】のお申込み方法
研究会年間登録は「技報オンラインシステム」から手続きができます.
登録までには大きく3つの手続きが必要になります.詳しくは,下記PDFをご覧ください.
研究会年間登録方法の説明
http://www.ieice.org/cs/jpn/kensen/special/e_gihou2017/detail/annual_registration_v1.pdf

技報オンラインシステム(ここから登録ができます.)
http://www.ieice.org/ken/program/index.php

2017年度の研究会日程

開催日テーマ開催地併催/共催締切日詳細
第1回2017年 5月25日(木) 〜 5月26日(金)技術展示,一般東京ビッグサイト(東京)プログラム
第2回2017年 7月19日(水) 〜 7月21日(金)無線分散ネットワーク,IoT,一般北海道大学(札幌)ASN, RCS, NS, RCC (併催)プログラム
第3回2017年 10月23日(月) 〜 10月24日(火)SmartCom2017Grand Hotel Palatino(ローマ, イタリア)SRW(1種研),RCS(2種研)August 15, 2017Submission
第4回2018年 1月25日(木) 〜 1月26日(金)コグニティブ無線ネットワーク,異種無線融合型ネットワーク, クロスレイヤ無線技術,SDN,一般福岡大学
第5回2018年 2月28日(水) 〜 3月2日(金)移動通信ワークショップYRP(横須賀)

Last-modified: 2017-08-09 (水) 08:43:50 (9d)