概要
一般社団法人 電子情報通信学会の沿革 (2015.04.01)

本会の起源は,明治44年5月に,当時の逓信省電気試験所第2部に「第2部研究会」が誕生したことに始まります。

大正3年3月に名称を「電信電話研究会」と改め,一般からも会員を募集するようになりましたが,その後の電信電話の発達および研究開発が国の内外を通じて活発に行われるようになり,「研究会」を「学会」組織に改める気運が高まりました。

大正6年5月に電信電話の学術技芸の研究,知識の交換および事業の振興を図ることを目的とする「電信電話学会」が創立され,会則の制定,会誌の発行,研究発表等を行うこととなりました。

その後,関連の学問および技術の発展と取扱う対象分野の拡大に応じて本会の名称を昭和12年1月に「電気通信学会」,昭和42年5月に「電子通信学会」と改め,さらに電子技術の急速な発展と社会の情報化の進展に伴い,昭和62年1月から“電子工学および情報通信”を対象分野とする「電子情報通信学会」と改称致しました。

また,研究専門分野ごとにそれぞれ特徴ある独自の企画等で活発な学会活動をしたいという気運が高まり,昭和55年以来基本問題検討委員会等で検討が続けられ,中間的制度として昭和60年にグループ制が実施されました。

平成7年4月から最終的形態としてソサイエティ制を導入し,現在,五つのソサイエティ(基礎・境界,NOLTA,通信,エレクトロニクス,情報・システム)と一つのグループ(ヒューマンコミュニケーション)を発足させております。

その後、国の公益法人制度改革に基づき、平成24年度4月から「一般社団法人電子情報通信学会」に移行しました。

会員構成

本会の会員はもちろん電子・情報・通信の研究技術者達によって構成されますが,昭和40年代に急速に発展したエレクトロニクス,さらには近年のコンピュータと電気通信の融合を目指した情報通信に関する研究活動の活発化を反映して,会員数も逐次増加を重ねて,工学関係の学会としては,我が国有数の大規模学会となっております。

   
★会員種別  
名誉員:
学問・技術または関連事業に関して特別の功績があり,理事会の議 決を経て推薦された人
正 員:
専門の学識を有し,またはその技術に相当の経験を有する人
学生員:
各学校に在学中の人
特殊員:
この学会の目的に賛同する個人以外の研究所,図書館など
維持員:
この学会を援助するため理事会の議決を経て推薦された人,または 会社などの団体
   

★会員数
(平成29年3月31日現在)
ソサイエティ・グループ登録数
名誉員
94
基礎・境界ソサイエティ
5,437
正 員
24,722
通信ソサイエティ
10,606
学生員
4,517
エレクトロニクスソサイエティ
5,938
特殊員
294
情報・システムソサイエティ
10,520
維持員
124
NOLTA
149
ヒューマンコミュニケーショングループ
861
29,751

★運営組織  
  本会は会員(正員)によって選挙された本部役員(理事20名以上30名以内,監事2名) で構成される理事会のもとに下図のごとく組織され,諸事業の運営を行っており ます。
  ★ 本会の構成図

ソサイエティ・グループ

平成7年4月に発足した各ソサイエティおよびグループは,それぞれの特殊性を活かし特徴ある運営を行い,より一層の活性化を図り,会員の学会への親近感,参加意識を高めるよう努めております。
なお,次に各ソサイエティおよびグループを構成している研究専門委員会を示します。

■基礎・境界ソサイエティの研究専門委員会
 
■NOLTAソサイエティの研究専門委員会
 
■通信ソサイエティの研究専門委員会
 
■エレクトロニクスソサイエティの研究専門委員会
 
■情報・システムソサイエティの研究専門委員会
 
■ヒューマンコミュニケーショングループの研究専門委員会

現在,全国に10支部があり,各支部内の会員によって選挙された支部長1名,支部幹事4名および支部委員20名前後により運営され,それぞれの地域の実情に応じた講演会,講習会,見学会等の諸事業が実施されております。

また,学生会員サービス活動として,本会の将来を担う学生員を対象にした事業として「学生会」を設け,研究発表会,講演会,見学会,セミナー,会報の発行等を年間の行事としております。

ページTOPへ