トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

第6回自然言語処理シンポジウム:発表募集

このページへは http://www.ieice.org/~nlc/nlsympo19.htmlでアクセス可能です.

第6回自然言語処理シンポジウム: 発表募集

  • 日程
    • 2019年12月4日(水)
    • 2019年12月5日(木)
  • 場所
    • NHK放送技術研究所
    • 〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-11 交通アクセス
    • (小田急線 成城学園前駅からバスで10分)

開催趣旨

言語処理応用研究の発表の場として、第6回自然言語処理シンポジウムを開催します.これは、2014年度から実施しているもので、自然言語処理の学術的な発表をはじめ、テキストアナリティクスの応用事例や、今後の研究提案や問題提起などのポジションペーパーまで幅広く歓迎します.

本シンポジウムは

* 情報処理学会 自然言語処理研究会
  https://nl-ipsj.or.jp
* 電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会
  http://www.ieice.org/~nlc/wiki/wiki.cgi

による合同開催(連催)です.

  • 前後に開催されるシンポジウム
    • 直後の12月5-6日に、同一会場で第21回音声言語シンポジウム(SLP,SP)が併催されます.
    • 直前の12月2-3日に、西早稲田キャンパスで第10回対話システムシンポジウム(SLUD)が開催されます.

併せてご参加・ご発表ください.

プログラムはこちらをご確認ください.

  • 発表申込締切
    • 2019年 10月16日 (水) 締め切りました.多数の申し込みありがとうございました.
  • 原稿提出締切
    • 11月4日(月) 頃
      • 正確な締切は申し込み後に各研究会から送られてくるメールを必ずご確認ください.
      • 論文提出後の原稿差し替えはできません.
    • NLC研究会:2018年 11月上旬〜中旬(正確には申込み締切り後に学会事務局から送られる締切日を順守ください)
  • NL研との共同開催の特徴
    • 予稿集はどちらの研究会も電子化されており,NL研の予稿集にはNLC研の原稿も含まれ,同様にNLC研の予稿集にもNL研の原稿が含まれます.
    • 原稿のページ制限は各研究会で異なります.NLC研究会は6ページ以内となっています.詳しくは、学会事務局から送られる原稿執筆依頼をご参照ください.

企画

招待講演とトップレベルの国際会議の参加報告を予定しています.内容が決定次第,こちらで公開します.

お問い合わせ

  • 本シンポジウムは下記の4名(NLC研とNL研で合同)で企画,運営しています.
    • NLC
      • 小早川 健 (NHK)
      • 東中 竜一郎 (NTT)
      • 榊 剛史 (ホットリンク)
    • NL研
      • 笹野 遼平 (名古屋大学)

e-mail: nl-sympo@pluto.ai.kyutech.ac.jp (上記4名へ届きます)

直近のNLC主催の研究会:

過去の自然言語処理シンポジウム

主催

言語理解とコミュニケーション(NLC)研究会
 委員長  榊 剛史
 副委員長 吉田 光男,嶋田 和孝
 幹事   渡辺 靖彦,東中 竜一郎
 幹事補佐 小早川 健,坂地 泰紀

リンク

最終更新時間:2019年11月30日 18時36分19秒