トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

第20回テキストアナリティクス・シンポジウム:参加募集(FIT2023併催)

このページには http://www.ieice.org/~nlc/tm20p.html でアクセスできます.

FIT2023併催 第20回テキストアナリティクス・シンポジウム:参加募集

  • 日程
    • 2023年9月6日(水)
    • 2023年9月7日(木)
  • 場所(ハイブリッド開催)
    • 大阪公立大学 中百舌鳥キャンパス(大阪府堺市中区学園町1番1号) v会場
    • オンライン(Zoom)
  • 当日,何か問題などが生じましたら,以下のメールアドレスまでご連絡ください.
    • tm-tokyo@pluto.ai.kyutech.ac.jp

参加申込

  • FITにお申し込みの方は、併催研究会に無料で参加いただけますので、併催研究会参加のみのお申し込みは不要です。
  • FITに参加されず、テキストアナリティクス・シンポジウムのみに参加されるかたは、「併催研究会参加の方へ」より聴講参加登録をお願いいたします。申込をされた方には前日までにZoomのURLなどをメールで連絡します.現地参加でテキストアナリティクス・シンポジウムのみに参加の場合は、v会場にて受付しています。

開催趣旨

第20回テキストアナリティクス・シンポジウムの開催趣旨や対象とする分野・トピックについては,発表募集のページをご覧ください.

プログラム

電子情報通信学会のシステムによるプログラムをご覧ください。

1日目:2023年9月6日(水)

13:10 - 13:20 オープニング

13:20〜14:50 大規模言語モデル(1) [座長: 高橋 寛治(Sansan)]

  • (1) 13:20 - 13:45
    • 日本語インストラクションデータを用いた対話可能な日本語大規模言語モデルのLoRAチューニング
    • ○鈴木雅弘・平野正徳・坂地泰紀(東大)
  • (2) 13:45 - 14:10
    • 主観と客観の感情推定に関する生成系大規模言語モデルの性能の調査
    • ○多田瑞葵・岡田 真・森 直樹(阪公立大)
  • (3) 14:10 - 14:35
    • 国会および地方議会会議録をコーパスとした事前学習済み言語モデルの構築と検証
    • ○永渕景祐(北大)・佐藤栄作・木村泰知(小樽商科大)・門脇一真(日本総研)・荒木健治(北大)
  • ディスカッションタイム 15分

15:30〜17:00 評価・分析 [座長: 木村泰知(小樽商科大)]

  • (4) 15:30 - 15:55
    • マルチタスク学習の枠組みを用いた複数の評価観点を擁するレビューデータの評価値推定
    • ○竹尾匡貴・川嵜慎乃介・嶋田和孝(九工大)
  • (5) 15:55 - 16:20
    • 個人向けテキスト難易度測定システムの評価
    • ○澤柳翔太(名大)・小川泰弘(名古屋市大)・外山勝彦(名大)
  • (6) 16:20 - 16:45
    • 営業架電の成功要因の分析とフィードバックの実施
    • ○盒挟下・小松尚太(Sansan)
  • ディスカッションタイム 15分

2日目: 2023年9月7日(木)

09:30〜11:30 大規模言語モデル(2) [座長: 小川泰弘(名古屋市大)]

  • (7) 09:30 - 09:55
    • ChatGPTを用いたナラティブ・セラピーによるカウンセリングのための対話システム
    • ○花房竜馬・荒木健治(北大)
  • (8) 09:55 - 10:20
    • ChatGPTを利用したユーモア応答生成の分析
    • ○原 直大・荒木健治(北大)
  • (9) 10:20 - 10:45
    • 大規模言語モデルを用いた検索行動分析のためのサジェストキーワード生成手法の検討
    • ○稲岡夢人(Faber Company)・吉田光男(筑波大)
  • (10) 10:45 - 11:10
    • レビューの自動生成によるラーメン店の推薦システム
    • ○天野遥太・永並健吾・酒井浩之(成蹊大)
  • ディスカッションタイム 20分

15:30〜17:00 金融テキスト [座長: 坂地泰紀(東大)]

  • (11) 15:30 - 15:55
    • 決算短信における業績予測文のブートストラップを用いた抽出と極性付与
    • ○平松悠太(名大)・小川泰弘(名古屋市大)・外山勝彦(名大)
  • (12) 15:55 - 16:20
    • センチメントによる景気動向指数DIの補正と解釈
    • ○鄭 弯弯(名大)
  • (13) 16:20 - 16:45
    • 業績文の分析を目的とした文中の区切り位置推定
    • ○高野海斗・中川 慧(野村アセットマネジメント)・酒井浩之(成蹊大)
  • ディスカッションタイム 15分

17:10〜17:20 クロージング

本研究会に関する照会先

本研究会(シンポジウム)は下記の3名で企画,運営しています.ご質問などがありましたら,下記までご連絡ください.

  • 坂地 泰紀(東京大学) - NLC
  • 高橋 寛治(Sansan) - NLC
  • 吉田 光男(筑波大学) - NLC

tm-tokyo@pluto.ai.kyutech.ac.jp (上記3名に届きます)

最終更新時間:2023年09月07日 09時07分34秒