電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2019-11-19
13:50
東京 学習院大学 [招待講演]非対称な情報取得を可能にする量子遠隔センサ
松崎雄一郎産総研)・竹内勇貴NTT)・宮西孝一郎阪大)・杉山太香典東大)・ウィリアム ムンロNTT
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-11-19
15:10
東京 学習院大学 古典クライアントによるブラインド量子計算の不可能性
森前智行京大)・西村治道名大)・竹内勇貴谷 誠一郎NTT
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-11-19
15:30
東京 学習院大学 量子計算を古典委託するための合理的なサムチェックプロトコル
竹内勇貴NTT)・森前智行京大)・谷 誠一郎NTT
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
17:30
福岡 九州大学 筑紫キャンパス Quantum key distribution with simply characterized light sources
Akihiro MizutaniMitsubishi Electric Corporation)・Toshihiko SasakiThe Univ. of Tokyo)・Yuki TakeuchiNTT)・Kiyoshi TamakiUniv. of Toyama)・Masato KoashiThe Univ. of Tokyo
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-21
15:10
福岡 九州大学 筑紫キャンパス Serfling不等式を用いた効率的な量子計算の検証
竹内勇貴NTT)・マントリ アトゥールエジンバラ大)・森前智行京大)・水谷明博三菱電機)・フィッツサイモンズ ジョセフホライズン量子計算
正しい量子状態が生成出来ているかを効率良く検証することは、量子計算などの量子情報処理において重要である。今回、我々はSe... [more]
DC 2019-02-27
13:40
東京 機械振興会館 コントローラの遷移故障検出率向上のための状態割当て手法
吉村正義京都産大)・竹内勇希山崎紘史細川利典日大
近年,VLSIの微細化・高速化に伴いタイミング欠陥が増加し,遷移故障モデルにおけるテストが必要不可欠である.しかし,回路... [more] DC2018-78
pp.43-48
QIT
(第二種研究会)
2018-11-27
16:10
東京 東京大学 パウリX, Z測定によるハイパーグラフ状態の量子計算万能性
竹内勇貴NTT)・森前智行京大/JST)・林 正人名大/SUSTech/NUS
パウリX, Z測定だけでユニバーサル測定型量子計算を行うことが出来るハイパーグラフ状態を提案する。さらに、我々の提案する... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
10:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン 古典模倣困難性を有するアンシラ駆動型可換量子回路
竹内勇貴高橋康博NTT
可換量子回路(IQP 回路) は非万能量子コンピュータの1 種である。IQP 回路の出力確率分布を古典模倣するのは困難だ... [more]
DC 2018-02-20
09:55
東京 機械振興会館 コントローラ拡大を用いた遷移故障テストパターン数削減のための演算器のテストレジスタ割当て法
竹内勇希武田 俊細川利典山崎紘史日大)・吉村正義京都産大
VLSIのテストコストを削減するためには,テストパターン数を削減することが必要である.特に動的テスト圧縮の効率を高めるた... [more] DC2017-78
pp.7-12
QIT
(第二種研究会)
2017-11-16
16:40
埼玉 埼玉大学 高接続性ハイパーグラフ状態の検証とその量子計算への応用
竹内勇貴阪大)・森前智行群馬大/JST
量子状態の検証とは、与えられた量子状態と望みの量子状態とのフィデリティが高いかどうかを判断するタスクである。検証者が望み... [more]
QIT
(第二種研究会)
2017-05-29
15:00
京都 立命館大学 朱雀キャンパス [ポスター講演]Information-theoretic security proof of differential-phase-shift quantum key distribution protocol based on complementarity
Akihiro MizutaniOsaka Univ.)・Toshihiko SasakiUniv. of Tokyo)・Go KatoNTT)・Yuki TakeuchiOsaka Univ.)・Kiyoshi TamakiUniv. of Toyama
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2015-05-26
14:00
大阪 大阪大学 ボトル共振器における光力学結合の観測
浅野元紀竹内勇貴阪大)・Sahin Kaya Ozdemirワシントン大)・生田力三山本 俊阪大)・Lan Yangワシントン大)・井元信之阪大
 [more]
MBE 2014-01-25
09:55
佐賀 佐賀大学 視覚探索における鳥類視覚皮質から向網膜系へのトップダウン信号の役割
竹内祐樹鶴丸 怜大野裕史内山博之鹿児島大
鳥類における脳から網膜への遠心性投射系,すなわち向網膜系は視蓋IOニューロン,IOニューロン,IO標的細胞の3種のニュー... [more] MBE2013-106
pp.61-64
USN, AN, MoNA
(併催)
2010-01-22
13:50
静岡 アクトシティ浜松 複数のグループを持つ無線アドホックネットワークにおける衝突回避型マルチキャストプロトコル
竹内博是戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
無線アドホックネットワークにおいて,限られた無線帯域でより多くの受信ノードにデータを配信するためにマルチキャストが期待さ... [more] AN2009-64
pp.95-100
US 2009-10-23
10:40
東京 東京大学 生産技術研究所 液晶-四塩化炭素混合系における超音波回折光偏光状態
竹内佑輝松岡辰郎名大
液体中における超音波回折光の偏光状態をネマテッィク液晶に相転移する 4-cyano-4’-pentylbiphenyl(... [more] US2009-67
pp.59-60
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会