お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE, SWIM
(共催)
2021-05-22
11:00
ONLINE オンライン開催 エンタープライズアーキテクチャを用いた機械学習サービスシステムのアジャイル開発モデル
竹内広宜武蔵大)・小形真平信州大)・海谷治彦神奈川大)・中川博之阪大
 [more]
KBSE 2021-03-06
10:20
ONLINE オンライン開催 AI技術に代替される仕事の評価手法
竹内広宜飯野貴斗石川翔暉市塚亜月齋藤圭杜武蔵大KBSE2020-41
 [more] KBSE2020-41
pp.42-47
KBSE, SC
(共催)
2020-11-13
11:35
ONLINE オンライン+機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
EAモデリングを通した機械学習プロジェクトキャンバスの構成法
竹内広宜武蔵大)・伊藤 優三菱ケミカル)・山本修一郎名大KBSE2020-12 SC2020-16
 [more] KBSE2020-12 SC2020-16
pp.20-25
KBSE 2020-09-18
15:15
ONLINE オンライン開催 AIサービスシステムの採用可能性を評価する手法
竹内広宜大山雪乃山本和毅武蔵大KBSE2020-6
 [more] KBSE2020-6
pp.31-36
KBSE, SC
(共催)
2019-11-09
10:00
長野 信州大学 AI技術の適用可能性を評価するための業務分析手法
竹内広宜武蔵大)・山本修一郎名大KBSE2019-33 SC2019-30
 [more] KBSE2019-33 SC2019-30
pp.59-64
AI 2019-07-22
17:10
北海道 函館コミュニティプラザ Gスクエア オフィス向けAIサービスシステムのためのビジネスITアライメントモデルの作成手法
竹内広宜武蔵大)・山本修一郎名大AI2019-17
 [more] AI2019-17
pp.89-94
SWIM, KBSE
(共催)
2019-05-24
15:15
東京 機械振興会館 エンタープライズアーキテクチャを用いたAIサービスシステム開発プロジェクトのモデル化とその実践
竹内広宜武蔵大)・山本修一郎名大)・秋原史記石井 旬星野史晶日本IBMKBSE2019-5 SWIM2019-5
 [more] KBSE2019-5 SWIM2019-5
pp.31-36
KBSE, SC
(共催)
2018-11-09
15:30
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 エンタープライズアーキテクチャーを用いたビジネスAIアライメント
竹内広宜武蔵大)・山本修一郎名大)・秋原史記石井 旬岡原勇郎星野史晶日本IBMKBSE2018-34 SC2018-29
 [more] KBSE2018-34 SC2018-29
pp.37-42
KBSE 2018-05-25
16:00
東京 機械振興会館 AIシステム開発プロジェクトにおける性能評価指標の導出手法
竹内広宜武蔵大)・星野史晶石井 旬岡原勇郎日本IBMKBSE2018-7
 [more] KBSE2018-7
pp.31-36
KBSE 2017-09-19
13:20
東京 同志社大学 東京オフィス 保証ケースを用いたAI実践プロジェクトの成功要因分析
竹内広宜秋原史記日本IBM)・山本修一郎名大KBSE2017-22
 [more] KBSE2017-22
pp.7-12
SC 2017-03-10
15:45
東京 国立情報学研究所 統計オープンデータとベイジアンネットワークを用いた顧客状況の推定
中村宏明工藤道治竹内広宜日本IBMSC2016-35
顧客毎に時宜にかなったサービスを提供するため,企業は顧客情報や購買履歴などを利用するが,そのような情報が不足している場合... [more] SC2016-35
pp.39-44
KBSE 2017-01-24
13:20
東京 機械振興会館 顧客行動とサービス機能のモデリングを用いた自動照会システムの学習データ作成手法
竹内広宜秋原史記日本IBMKBSE2016-37
本研究では,自動照会システムの構築における学習データの作成について検討した.QA技術を用いて商品・サービスについて自動照... [more] KBSE2016-37
pp.37-42
KBSE 2015-05-25
15:25
東京 機械振興会館 地下3階 B3-6会議室 顧客体験記述を元にした新システムの構築検討手法とその実践
竹内広宜張 衍義日本IBMKBSE2015-5
ビジネスアイディアの議論をするカスタマージャーニーマップ法では、顧客体験の記述がアウトプットとなる。この顧客体験記述から... [more] KBSE2015-5
pp.21-26
KBSE 2011-11-11
10:20
長野 信州大学工学部 既存テストケースを活用した組み合わせテスト自動生成
水野 謙中村大賀竹内広宜岩間 太日本IBMKBSE2011-46
複数のパラメーターをもつシステムのテストを設計する際に、パラメーター値の組み合わせ爆発を回避し、少ない数のテストケースで... [more] KBSE2011-46
pp.61-66
TL 2011-06-24
15:20
東京 機械振興会館 テキスト分析技術を用いた開発関連文書の文書品質の定量化
原口智史日本IBMサービス)・○坂本佳史中田武男竹内広宜荻野紫穂日本IBMTL2011-5
ソフトウェア開発では,要求仕様書,設計仕様書,テスト仕様書などの文書が技術者間で共有される.開発関連文書の品質を向上させ... [more] TL2011-5
pp.25-30
KBSE 2010-11-25
09:30
静岡 静岡大学情報学部 テキスト分析技術を用いたユースケース分析
竹内広宜日本IBM/慶大)・中村大賀日本IBM)・山口高平慶大KBSE2010-32
本研究ではテキスト分析技術を用いてユースケースをモデル化することを試みる.
ユースケース記述からテキスト分析技術を用い... [more]
KBSE2010-32
pp.55-60
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会