お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
お知らせ 5月26日(木) 10:00~13:00(予定),Webサーバ本体のリプレイス作業のため,システムを停止させます.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2017-12-15
15:55
東京 機械振興会館 EC TC 56総合信頼性(ディペンダビリティ)の動向 ~ 2017年東京大会報告 ~
益田昭彦R7実践工房)・○原田文明富士ゼロックスアドバンストテクノロジー)・後藤博之FDK)・髙村博紀JQA)・武山 誠木下佳樹神奈川大)・佐藤吉信医療の質向上研R2017-60
IEC TC 56「総合信頼性(ディペンダビリティ)」の全体会議が東京で開催された.まず,初日の全体会議に先立ち,森氏(... [more] R2017-60
pp.25-30
R 2016-10-21
13:55
沖縄 沖縄県青年会館 JIS Z 8115改正案に至るまでのサービス信頼性用語の変遷と位置づけ
益田昭彦R7実践工房R2016-43
サービス関連の品質・信頼性用語は,原則として,現行の2000年版JIS Z 8115には含まれていない.しかし,審議中の... [more] R2016-43
pp.7-12
R 2016-07-29
15:20
北海道 小樽経済センター(4階Aホール) IEC 60050-192 Dependabilityとの整合性を考慮したJIS Z 8115改正案における信頼性試験用語の傾向
益田昭彦R7工房)・西 干機DNV)・後藤博之FDK)・川島 興オリエンタルモーター)・原田文明FXATR2016-17
 [more] R2016-17
pp.25-30
EMD, R
(共催)
2016-02-19
15:35
静岡 あざれあ(静岡市) JIS Z 8115ディペンダビリティ用語改正の動向と課題 ~ 故障とフォールトの関連用語を中心に ~
原田文明FXAT)・益田昭彦R7工房)・西 干機DNV)・後藤博之FDK)・川島 興オリエンタルモーターR2015-70 EMD2015-98
 [more] R2015-70 EMD2015-98
pp.31-36
R 2015-07-31
16:35
青森 ホテルニューグリーン JIS信頼性設計及び信頼性解析用語の最新動向 ~ JIS Z 8115改正原案とIEC60050-192初版を比較して ~
益田昭彦R7工房)・西 干機DNV)・後藤博之FDK)・川島 興オリエンタルモーター)・原田文明富士ゼロックスATR2015-21
IEC60050-192のディペンダビリティ(信頼性)用語規格が2015年2月に制定された.実に,前のIEC60050-... [more] R2015-21
pp.43-48
R 2014-12-19
15:00
東京 機械振興会館 JIS Z 8115ディペンダビリティ(信頼性)用語改正の狙いと課題(その2)
川島 興オリエンタルモーター)・益田昭彦東京理科大)・西 干機DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン)・後藤博之FDKR2014-69
ディペンダビリティ(信頼性)用語を規定するJIS Z 8115 は,2000 年以来約15 年ぶりの改正に向けて準備が進... [more] R2014-69
pp.25-28
R 2014-08-01
15:45
北海道 スマイルホテル函館 JIS Z 8115 ディペンダビリティ(信頼性)用語改正の狙いと課題 (その1)
益田昭彦東京理科大)・西 干機DNV)・後藤博之FDK)・川島 興オリエンタルモーターR2014-19
信頼性用語のJIS Z 8115規格が2000年に改定されて以来,14年が経過した.その間に,陳腐化により時代に合わなく... [more] R2014-19
pp.31-36
R 2013-07-26
15:30
北海道 ホテルオホーツクパレス紋別 消費者問題へ助言のためのトラブル未然防止技法の一研究 ~ 消費者視点のFMEA/FTA ~
益田昭彦東京理科大R2013-24
論理的思考のFMEA,FTAおよびETAを,“消費生活アドバイザー”のような消費者問題の専門家のための,有用かつ便利な手... [more] R2013-24
pp.25-30
R 2012-07-27
15:30
北海道 スマイルホテル苫小牧 消費者視点に基づくFMEA書式の研究 ~ 家電品の使用トラブル防止のために ~
益田昭彦帝京科学大R2012-18
消費者が製品またはサービスの使いやすさを分析するときに,それらの仕組みや構成要素は明確にされず,またそれらの理解能力も十... [more] R2012-18
pp.17-22
R 2011-07-29
15:00
北海道 根室グランドホテル(根室市) 基本サービスシステムの信頼度とアベイラビリティの検討
益田昭彦帝京科学大R2011-23
 [more] R2011-23
pp.25-30
R 2010-07-30
14:30
山形 遊学館(山形市) サービス担体等の故障を考慮したサービスシステムの信頼性モデル化
益田昭彦帝京科学大R2010-20
本稿ではサービスシステムの定量的な信頼性解析の考え方を示す.最初に,サービスとサービス信頼性の定義を行い,次いで逐次サー... [more] R2010-20
pp.19-24
R 2009-07-31
15:40
北海道 藤田観光旭川ワシントンホテル EMEA(事象モード・影響解析)の研究 ~ 確信的人為事象とその影響 ~
益田昭彦帝京科学大R2009-29
人間・機械系では,人間による系の任務を損なう事象には意図せぬ行為だけでなく,意図的な行為が含まれる.この中で確信的な行為... [more] R2009-29
pp.41-45
R 2008-07-11
16:10
北海道 とかちプラザ(帯広) ちょい悪行動から招来される愚かな判断の解析について ~ EMEA(事象モード・影響解析)の研究 ~
益田昭彦帝京科学大R2008-27
これは、サービスのように、ある事象モードから有益と有害の両方向の影響が及ぼされる場合の解析ツールとして提案したEMEAに... [more] R2008-27
pp.41-46
R 2007-07-13
11:20
北海道 北見工業大学 サービスFMEAにおける悪意のある行為の抽出法に関する一提案
益田昭彦帝京科学大R2007-21
医療、保全、環境、接客などのサービスにおいて人の行為がすべて性善説に基づくとは言い切れない。サービス信頼性の研究を進める... [more] R2007-21
pp.11-16
R 2006-07-14
13:50
北海道 稚内市総合文化センター サービス信頼性解析のための事象モード・影響解析(EMEA)
益田昭彦帝京科学大
 [more] R2006-21
pp.13-18
R 2006-06-23
14:50
東京 機械振興会館 2006年IEC/TC56シドニー春季会議出席報告
西 干機元JAXA)・夏目 武文理大)・益田昭彦帝京科学大
 [more] R2006-18
pp.33-38
R, SSS
(共催)
2005-12-16
15:40
東京 機械振興会館 2005年 IEC/TC56ディペンダビリティ(信頼性)チェジュ会議速報
益田昭彦帝京科学大)・佐藤吉信東京海洋大)・夏目 武文理大)・小野寺勝重茨城大)・中村國臣西 干機
2005年IEC/TC56 (ディペンダビリティ)全体会議が韓国済州(チェジュ)市で9月25日から30日まで開催された。... [more] R2005-52 SSS2005-31
pp.23-28
R 2005-07-15
13:55
北海道 釧路市生涯学習センター 割り込みのあるサービスの三要素FMEAによる不具合解析
益田昭彦帝京科学大
この報告では、サービス信頼性研究の必要性、サービス及びサービス信頼性の定義、サービス信頼性解析手法である人-環境-装置及... [more] R2005-23
pp.11-16
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会