電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 185件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-15
13:25
沖縄 琉球大学医学部 AR用ヘッドマウントディスプレイでのテキストの提示座標系が可読性に与える影響
福嶋政期東大/JST)・濱田健夫ハウタサーリ アリ東大
 [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
14:55
東京 構造計画研究所(本所新館東京) [依頼講演]身体表面に分散した電子回路への接触・非接触混在型通信・給電衣服
野田聡人南山大/JSTSRW2019-47 SeMI2019-91 CNR2019-41
身体表面の各所にセンサやアクチュエータを分散させたウェアラブルシステムの構築のために,著者らは,導電繊維を用いて構成した... [more] SRW2019-47 SeMI2019-91 CNR2019-41
pp.91-92(SRW), pp.111-112(SeMI), pp.89-90(CNR)
ITE-IDY, ITE-HI, ITE-3DIT, IEE-OQD
(共催)
SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2019-10-24
14:30
東京 機械振興会館 ホログラフィックオフアクシスミラーを用いたフルカラー虚像投影・撮像システムの分散補償法
渡辺史顕東工大)・中村友哉東工大/JST)・虎島史歩五十嵐俊亮東工大)・木村真治東工大/NTTドコモ)・油川雄司NTTドコモ)・山口雅浩東工大
 [more]
MVE 2019-08-30
16:05
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 映画を用いた英単語学習における話者追従字幕がコンテンツの記憶保持に与える影響
九鬼慧太上久保竜輝宗 健智東大)・福嶋政期東大/JST)・苗村 健東大MVE2019-20
映画を用いた英語学習が広く行われている. 我々は, 映画字幕を話者に追従させてシーンと字幕の連合記憶を形成することで, ... [more] MVE2019-20
pp.79-84
DC, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-06-11
16:20
鹿児島 指宿温泉 休暇村 指宿 二値化ニューラルネットワークのハードウェア指向精度向上手法の検討
大羽由華北大)・村上大輔中江達哉ソシオネクスト)・安藤洸太浅井哲也北大)・本村真人東工大)・高前田伸也北大/JSTさきがけCPSY2019-8 DC2019-8
 [more] CPSY2019-8 DC2019-8
pp.63-68
SRW 2019-06-10
09:50
神奈川 アンリツ 導電性衣服を用いたウェアラブルネットワークの高速化
野田聡人南山大/JSTSRW2019-3
身体表面の各所にセンサやアクチュエータを分散させたウェアラブルシステムの構築のために,著者らは,バッテリーレス・アンテナ... [more] SRW2019-3
pp.13-15
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
16:35
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 写真撮影によって日常空間と単語を紐づける英単語学習
上久保竜輝九鬼慧太宋 健智東大)・福嶋政期東大/JST)・苗村 健東大IMQ2018-47 IE2018-131 MVE2018-78
本研究の目的は,身近な場所などをコンテキストとして利用することで既存のフラッシュカードを拡張し,英単語と日本語訳を学習す... [more] IMQ2018-47 IE2018-131 MVE2018-78
pp.143-148
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
10:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 身体表面に分散したデバイスの導電性衣服を介したネットワーク化
野田聡人南山大/JSTSRW2018-62
身体表面の各所にセンサやアクチュエータを取り付けるウェアラブルシステムの構築のためには,それらに電力を供給しデータを送受... [more] SRW2018-62
pp.31-34
IBISML 2019-03-05
14:30
東京 理研AIP 強化学習におけるVariational Information Maximizing Explorationに基づく状態探索の効率化
土井一輝大川慧悟岐阜大)・志賀元紀岐阜大/JST/理研IBISML2018-107
強化学習において,観測される状態空間が偏ってしまうと,政策関数を正しく最適化できない恐れがある. 本研究では,状... [more] IBISML2018-107
pp.17-22
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
15:50
東京 電気通信大学 L1ロジスティック回帰を用いた視覚皮質神経細胞集団の物体表面画像に対する識別性能の評価
小谷梨奈阪大)・市川寛子東京理科大)・五十嵐康彦JST/東大)・本武陽一岡田真人東大)・田村 弘阪大/CiNetNC2018-71
 [more] NC2018-71
pp.145-150
QIT
(第二種研究会)
2018-11-27
16:10
東京 東京大学 パウリX, Z測定によるハイパーグラフ状態の量子計算万能性
竹内勇貴NTT)・森前智行京大/JST)・林 正人名大/南方科技大/シンガポール国立大
パウリX, Z測定だけでユニバーサル測定型量子計算を行うことが出来るハイパーグラフ状態を提案する。さらに、我々の提案する... [more]
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]マルコフネットワーク構造変化検出におけるスパースKLIEPモデルのセーフスクリーニング
佐藤浩基岐阜大)・志賀元紀岐阜大/JST/理研)・山田 誠京大/JST/理研IBISML2018-52
遺伝子ネットワークの解析において,疾病の発症前後におけるネットワーク構造の差異の解析は,疾病メカニズムの解明に役立つ.... [more] IBISML2018-52
pp.61-68
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]部分グラフに基づくグラフ間の距離学習
吉田知貴名工大)・竹内一郎名工大/物質・材料研究機構/理研)・烏山昌幸名工大/物質・材料研究機構/JSTIBISML2018-64
グラフ間の距離を測る標準的な考え方に部分グラフに基づくものがある. 分類などの実践的な状況では, 一部の部分グラフだけが... [more] IBISML2018-64
pp.151-158
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]海底水圧データを用いた津波高予測手法の比較
柏原健之朗東大)・五十嵐康彦東大/物質・材料研究機構/JST)・吉川真史東大)・馬場俊孝徳島大)・堀 高峰海洋研究開発機構)・岡田真人東大/物質・材料研究機構IBISML2018-66
 [more] IBISML2018-66
pp.167-174
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]Bayesian LARS-OLSによるコヒーレントフォノンの固有振動モード選択
坂田逸志長野祥大東大)・五十嵐康彦JSTさきがけ)・村田 伸東大)・溝口幸司阪府大)・赤井一郎熊本大)・岡田真人東大IBISML2018-78
コヒーレントフォノン(CP)信号には物質の性質を表す固有振動モードと実験的アーティファクトが混合して含まれており,時系列... [more] IBISML2018-78
pp.255-262
SCE 2018-08-09
15:05
愛知 豊橋技術科学大学 反転型量子磁束パラメトロン回路の提案と動作実証
荒井孝太横浜国大)・竹内尚輝JSTさきがけ)・山梨裕希吉川信行横浜国大SCE2018-15
将来のスーパーコンピュータ実現のため、超低電力ロジックである断熱的量子磁束パラメトロン (AQFP) の研究を行っている... [more] SCE2018-15
pp.47-51
CAS, SIP, MSS, VLD
(共催)
2018-06-14
12:25
北海道 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 [招待講演]地球科学へのスパースモデリングの適用
桑谷 立海洋研究開発機構/JSTさきがけCAS2018-5 VLD2018-8 SIP2018-25 MSS2018-5
地球科学の本質は逆問題である.そこでは,ノイズや不確実性の伴うデータから本質的な情報を如何にうまく抽出するかが問題解決の... [more] CAS2018-5 VLD2018-8 SIP2018-25 MSS2018-5
pp.23-25
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2018-06-13
10:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 マルチフィデリティな評価関数を活用した能動的レベルセット推定
竹野思温名工大)・福岡準史名大)・塚田祐貴名大/JST)・小山敏幸名大)・志賀元紀岐阜大/JST/理研)・竹内一郎名工大/物質・材料研究機構/理研)・烏山昌幸名工大/物質・材料研究機構/JSTIBISML2018-1
未知の関数の入力空間に対して,関数値がある閾値より大きいか小さいかを分類する問題をレベルセット推定問題と呼ぶ.本論文では... [more] IBISML2018-1
pp.1-8
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
14:50
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [招待講演]量子-古典クロスオーバーの物理から見た量子ニューラルネットワーク
山本喜久JST/スタンフォード大
この論文は、新しい計算原理である量子散逸計算とこれを物理的に実現する量子ニューラルネットワークの基本概念、動作原理、期待... [more]
SCE 2018-04-20
14:40
東京 機械振興会館 超伝導単一光子検出器を用いた蛍光相関分光法に向けた極低温信号処理回路の提案
宮嶋茂之NICT)・三木茂人NICT/神戸大)・藪野正裕NICT)・山下太郎名大/JST)・寺井弘高NICTSCE2018-4
我々は超伝導単一光子検出器(SSPD)アレイを用いた超高速蛍光相関分光法(FCS)システムの実現に向け、単一磁束量子(S... [more] SCE2018-4
pp.17-22
 185件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会