電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) [schedule] [select]
専門委員長 佐藤 真一 (NII)
副委員長 井尻 善久 (オムロン), 玉木 徹 (広島大)
幹事 石井 雅人 (NEC), 菅野 裕介 (阪大)
幹事補佐 入江 豪 (NTT), 牛久 祥孝 (OSX)

日時 2018年12月13日(木) 10:00 - 17:05
2018年12月14日(金) 10:00 - 17:20
議題 深層学習とPRMU技術およびその応用 
会場名 東北大学工学部中央棟(C01) 2F大会議室(12/13・12/14午前)および大講義室(12/14午後) 
住所 〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻青葉6−6
交通案内 仙台市地下鉄東西線 青葉山駅より徒歩15分.
https://www.tohoku.ac.jp/map/ja/?f=AY_C01
会場世話人
連絡先
東北大学大学院 工学研究科 通信工学専攻 宮崎智
022-795-7088
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(PRMU研究会)についてはこちらをご覧ください.

12月13日(木) 午前  一般セッション1 (大会議室)
座長: 内田 祐介(DeNA)
10:00 - 11:30
(1) 10:00-10:15 手書き文字と活字の境界を探る 森 みづき中村俊貴早志英朗内田誠一九大
(2) 10:15-10:30 情景内文字のCNNによる拡大 中村俊貴内田誠一九大
(3) 10:30-10:45 階層型重複クラスタリングと畳み込みニューラルネットワークを用いた候補削減による高速中国語文字認識 田島壮一後藤英昭東北大
(4) 10:45-11:00 An attention based encode decoder for recognizing Japanese historical document recognition Le Duc AnhCODH)・Mochihashi daichiISM)・Masuda katsuyaMima HidekiUT
(5) 11:00-11:30 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  11:30-13:00 休憩 ( 90分 )
12月13日(木) 午後  企画セッション (大会議室)
座長: 井尻 善久(オムロン)
13:00 - 14:30
(6) 13:00-14:30 ビジネス上重要な技術的課題について議論を行う企業ニーズセッションとして、以下の目的をもとに登壇者からの計60分の講演と30分のパネルディスカッションを行います。
・大学/企業それぞれの法人の性質の違いを改めて知る
・深層での対話・交流を始めるきっかけづくり
・協力のあり方が議論できるきっかけづくり

登壇者一覧(申込順、敬称略)
・山口 光太(サイバーエージェント)
・石井 雅人(NEC)
・中西 悟(豊田中研)
・入江 豪、木村 昭悟(NTT)
・緒方 貴紀(ABEJA)
・田村 雅人(日立製作所)
・住吉 信一(デンソーアイティーラボラトリ)
・牛久 祥孝(オムロンサイニックエックス)

パネルディスカッションでは、参加者の皆さまからも積極的にご意見を頂けますと幸いです。
  14:30-14:40 休憩 ( 10分 )
12月13日(木) 午後  テーマセッション1 (大会議室)
座長: 坂田 幸辰(東芝)
14:40 - 17:05
(7) 14:40-14:55 畳み込みニューラルネットワークからのルール抽出 月本 洋佐藤優也東京電機大
(8) 14:55-15:10 CTC-VATのための高速事後分布平滑化手法及びその文字列認識への応用 田中遼平小野聡一郎古畑彰夫東芝デジタルソリューションズ
(9) 15:10-15:25 データの系列性を利用したラベル修正によるアノテーターの判別能力に頑健な機械学習 澤田あずさ柴田剛志NEC
(10) 15:25-15:55 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  15:55-16:05 休憩 ( 10分 )
(11) 16:05-17:05 第22回パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)アルゴリズムコンテスト表彰式
12月14日(金) 午前  一般セッション2 (大会議室)
座長: 中西 悟(豊田中央研究所)
10:00 - 11:50
(12) 10:00-10:15 Separation Multi-task Networksによる顔器官点と顔属性の同時推定 松井 涼山下隆義藤吉弘亘中部大
(13) 10:15-10:30 YOLOを用いた地中レーダ画像からの埋設物体検出 浜野佑介木本智幸大分高専)・園田 潤仙台高専
(14) 10:30-10:45 ロボットによる人工授粉のための部分的に隠れた花の検出 佐藤 諒ガルシア グスタボ高松 淳小笠原 司奈良先端大
(15) 10:45-11:00 [ショートペーパー]映像から得られる行動情報を用いた牛の分娩予兆検知 菅原一真早大)・中野鉄兵赤羽 誠早大/イフラボ)・小林晢則小川哲司早大
(16) 11:00-11:15 [ショートペーパー]Skeleton-based Human Action Recognition with Fine-to-Coarse Convolutional Neural Network Thao Minh Le・○Nakamasa InoueKoichi ShinodaTokyoTech
(17) 11:15-11:50 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  11:40-13:00 休憩 ( 80分 )
12月14日(金) 午後  招待講演 (大講義室)
座長: 佐藤 真一(NII)
13:00 - 14:00
(18) 13:00-14:00 [フェロー記念講演]ノンバーバル情報に基づくインタラクション状況認識 ~ AI・ニューロブームの谷間で ~ 角所 考関西学院大
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
12月14日(金) 午後  テーマセッション2 (大講義室)
座長: 西村 仁志(KDDI総合研究所)
14:10 - 15:40
(19) 14:10-14:25 ソーシャルメディア間の広告とクリックの傾向分析 岩崎祐貴山口光太サイバーエージェント
(20) 14:25-14:40 人工的に生成した道路シーンを用いた道路標識認識器の学習 堰澤 映中島克人東京電機大
(21) 14:40-14:55 画像からの牛の状態識別に基づく分娩予兆検知 兵頭亮介安田早希早大)・斎藤 奨早大/イフラボ)・沖本祐典早大)・中野鐵兵赤羽 誠早大/イフラボ)・小林哲則小川哲司早大
(22) 14:55-15:10 商品推薦のための深層学習を用いたインテリアスタイル推定 山浦佑介坪下幸寛富士ゼロックス
(23) 15:10-15:40 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  15:40-15:50 休憩 ( 10分 )
12月14日(金) 午後  一般セッション3 (大講義室)
座長: 緒方 貴紀(ABEJA)
15:50 - 17:20
(24) 15:50-16:05 大幾何マージン最小分類誤り学習法のためのベイズ境界推定力評価 西山育宏同志社大)・渡辺秀行ATR)・片桐 滋大崎美穂同志社大
(25) 16:05-16:20 最小分類誤り学習法における損失平滑度自動設定法に関する実験的評価 小林和馬同志社大)・渡辺秀行ATR)・片桐 滋大崎美穂同志社大
(26) 16:20-16:35 頑健な動作認識のためのアンサンブルLSTMとCRFの結合手法 安部 永早川裕太東工大)・日野拓也杉原幹英池谷浩樹コマツ)・下坂正倫東工大
(27) 16:35-16:50 コンピュータビジョンと自然言語処理技術を用いた自動論文要約システム 山本晋太郎福原吉博早大)・鈴木亮太片岡裕雄産総研)・森島繁生早大
(28) 16:50-17:20 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.

問合先と今後の予定
PRMU パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)   [今後の予定はこちら]
問合先 PRMU研究会幹事宛 pr-orzer 


Last modified: 2018-12-13 10:28:37


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PRMU研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会