電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のKBSE研究会 / 次のKBSE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


知能ソフトウェア工学研究会(KBSE) [schedule] [select]
専門委員長 松浦 佐江子 (芝浦工大)
副委員長 飯島 正 (慶大)
幹事 粂野 文洋 (日本工大), 竹内 広宜 (日本IBM)
幹事補佐 後藤 隆彰 (電通大), 青木 善貴 (日本ユニシス)

日時 2014年 3月 6日(木) 10:30 - 17:50
2014年 3月 7日(金) 09:50 - 17:30
議題 一般 
会場名 沖縄県青年会館 
住所 〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-15-23
交通案内 空港からモノレール 旭橋駅下車(料金230円)徒歩5分 バスで那覇バスターミナル下車(料金220円)徒歩10分 空港からタクシー で 約10分
http://www.okiseikan.or.jp/user.php?CMD=1154016000000
会場世話人
連絡先
日本ユニシス 青木善貴
098-864-1780

3月6日(木) 午前  セッション1
10:30 - 12:20
  10:30-10:35 委員長挨拶 ( 5分 )
(1) 10:35-11:10 モデル検査における反例解析容易化支援 青木善貴日本ユニシス)・松浦佐江子芝浦工大
(2) 11:10-11:45 要求変更の予測可能性に関する事例調査 中谷多哉子小礒裕子筑波大)・片峯恵一九工大)・妻木俊彦NII
(3) 11:45-12:20 エンドユーザ主導のWebアプリケーション開発方式の試作 ~ ビジネスロジックの定義と実装方式 ~ 許 杰中所武司明大
  12:20-13:05 休憩 ( 45分 )
3月6日(木) 午後  セッション2
13:05 - 15:25
(4) 13:05-13:40 要求仕様の理解と妥当性確認の為の議論の実施に向けて ~ 議論の内容を構造化して記録する為のモデルの提案 ~ 古宮誠一NII
(5) 13:40-14:15 Traceability Link Recoveryを行うIR手法のマイニング 湯浅諒平小形真平海谷治彦海尻賢二信州大
(6) 14:15-14:50 英語7文型と関数従属性に基づくクラス図の理解 金田重郎井田明男酒井孝真同志社大
(7) 14:50-15:25 日本語記述単文化法に基づく概念クラス図作成支援システムの構築 熊谷聡志酒井孝真金田重郎同志社大
  15:25-15:35 休憩 ( 10分 )
3月6日(木) 午後  セッション3
15:35 - 17:50
(8) 15:35-16:10 D-Caseを用いたビジネスプロセスの妥当性の考察 村井謙太山本修一郎名大
(9) 16:10-16:45 D-Caseを用いたテスト十分性の保証方法の適用評価について 大林英晶山本修一郎名大
(10) 16:45-17:15 記号実行を用いた等価ミュータントの検出手法 上芝貴也王 イ涛・○芳賀博英同志社大
(11) 17:15-17:50 テスト戦略の変更に対応した組み合わせテスト技法に関する研究 大羽正浩佐々木健太福武久史佐藤久仁哉高木智彦八重樫理人香川大
3月7日(金) 午前  セッション4
09:50 - 11:35
(12) 09:50-10:25 差分シナリオを用いたシナリオ検索支援 ~ 差分シナリオの生成・視覚化ツールの開発 ~ 塩田英二・○大西 淳立命館大
(13) 10:25-11:00 モバイルアドホックネットワークを利用した複数自転車向け路上危険箇所共有システム 田端佑介山本 光河内雄太浅田翔平金田重郎同志社大
(14) 11:00-11:35 定性時空間表現を使ったサッカーの試合動画からのイベント導出 阪井田政樹清瀬崇則高橋和子関西学院大
  11:35-12:35 休憩 ( 60分 )
3月7日(金) 午後  セッション5
12:35 - 14:55
(15) 12:35-13:10 細粒度の利用者情報の流出を可視化するAndroidアプリ解析法 坂下卓弥小形真平海谷治彦海尻賢二信州大
(16) 13:10-13:45 単方向性制約伝搬に基づく業務システム構成法の提案 ~ 地方税の税務処理を例として ~ 矢野寛将桑山浩希金田重郎同志社大
(17) 13:45-14:20 用語関係抽出によるD-Caseレビュー手法の提案 松村昌典山本修一郎名大
(18) 14:20-14:55 Software-Aided Feature Selection for Open Source Software by Applying Brainstorming Methodology Based on Existing Open Source Software Md. Mahfuzus Salam KhanTakaaki GotoTetsuro NishinoUniv. of Electro-Comm.
  14:55-15:05 休憩 ( 10分 )
3月7日(金) 午後  セッション6
15:05 - 17:30
(19) 15:05-15:40 オブジェクトへの責務配分のための多次元尺度構成法の適用 ~ ソフトシステムズ方法論の成果物からの接近 ~ 井田明男金田重郎同志社大
(20) 15:40-16:15 要求モデルに基づくアーキテクチャ・モデルの作成法の提案 山本修一郎名大
(21) 16:15-16:50 開発ドキュメント間トレースリンク構築支援のための検索方式の提案 角田 誠鈴木源吾NTT)・渡部修平NTTコムウェア)・榎本俊文小林伸幸NTT
(22) 16:50-17:25 オブジェクト指向ペトリネットによるビジネスプロセス表現への時間付きアークの導入 飯島 正慶大
  17:25-17:30 委員長挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
KBSE 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)   [今後の予定はこちら]
問合先 松浦佐江子(芝浦工業大学)
E-: ubau-it 
お知らせ ◎最新の情報はKBSE研究会ホームページでご確認ください.
http://www.sayo.se.shibaura-it.ac.jp/kbse/


Last modified: 2014-02-05 10:19:23


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[KBSE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のKBSE研究会 / 次のKBSE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会