電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 中里 秀則 (早大)
副委員長 寺田 純 (NTT)
幹事 金井 謙治 (早稲田大), 名倉 健一 (三菱電機)
幹事補佐 原 一貴 (NTT), 斉藤 洋之 (OKI)

日時 2019年 7月 4日(木) 09:00 - 16:45
2019年 7月 5日(金) 09:00 - 12:40
議題 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
会場名 奄美市社会福祉協議会 奄美市社会福祉センター(4階会議室) 
住所 〒894-0036 奄美市名瀬長浜町5番6号
お知らせ ◎初日(7/4)研究会終了後、懇親会を予定していますのでご参加下さい。
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(CS研究会)についてはこちらをご覧ください.

7月4日(木) 午前  ポスターセッション(1) 1 min トーク
座長: 斉藤 洋之 (OKI)
09:00 - 09:15
(1) 09:00-09:15 Trust-based Verification Attack Prevention Scheme using Tendency of Contents Request on NDN Hironori NakanoHiroya KatoShuichiro HarutaMasashi YoshidaIwao SasaseKeio Univ.
(2) 09:00-09:15 色相を利用して自動的に検知範囲を拡大可能なフィッシングサイト検知法 春田秀一郎山崎史貴朝比奈 啓笹瀬 巌慶大
(3) 09:00-09:15 Android Malware Detection Scheme Based on Level of SSL Server Certificate Hiroya KatoShuichiro HarutaIwao SasaseKeio Univ.
(4) 09:00-09:15 図書館内におけるBLEビーコンを用いた動線分析のための座標近似手法 後藤隆星・○朝比奈 啓豊田健太郎笹瀬 巌慶大
(5) 09:00-09:15 MACアドレスがランダム化されたWi-Fi無線端末の同定のための非匿名化手法の検討 古屋優希朝比奈 啓豊田健太郎笹瀬 巌慶大
(6) 09:00-09:15 Traffic Feature-based Botnet Detection Scheme Emphasizing the Importance of Long Patterns Yichen AnShuichiro HarutaSanghun ChoiIwao SasaseKeio Univ.
(7) 09:00-09:15 一波長双方向WDM-PON伝送におけるカプラ反射光の補償技術に関する実験的検討 紫尾田 将久野大介三科 健丸田章博阪大
(8) 09:00-09:15 多素子MIMO-OFDM用ピークキャンセラとその歪み補償技術の検討 景山知哉牟田 修九大
(9) 09:00-09:15 ピーク電力制約下でのアンテナ相関を考慮した空間プリコーディングの検討 田添 諒景山知哉牟田 修九大
(10) 09:00-09:15 非線形プリコーディングを用いる多素子MIMOのためのピーク電力制御と余剰アンテナを用いたBER改善手法に関する検討 川越詞文景山知哉牟田 修九大
7月4日(木) 午前  ポスターセッション(2) 1 min トーク
座長: 名倉 健一 (三菱電機)
09:15 - 11:50
(11) 09:15-09:30 無線LANマルチキャスト配信におけるSVCを用いたQoEに基づく伝送速度制御の一検討 飯田浩史設樂 勇進藤卓也平栗健史日本工大
(12) 09:15-09:30 人工雷撃を用いた椎茸発生促進手法の検討 星野祐希進藤卓也清水博幸大田健紘木許雅則平栗健史日本工大
(13) 09:15-09:30 機械学習による植物の果実や花の識別のための特徴量の検討 福山英亮星野祐希進藤卓也平栗健史日本工大
(14) 09:15-09:30 機械学習を用いた客観通信品質指標に基づくパラメータ制御手法の検討 黒沢啓人進藤卓也平栗健史日本工大
(15) 09:15-09:30 Massive MIMOを用いたドローンメッシュネットワークにおける通信手法の一検討 設樂 勇森野善明進藤卓也平栗健史日本工大
(16) 09:15-09:30 最長経路を用いた複数経路による動的スループット抑制制御の検討 木山 潤進藤卓也平栗健史日本工大
(17) 09:15-09:30 成功優先DCFによるダウンリンク帯域割当制御 吉川大和梅原大祐京都工繊大
(18) 09:15-09:30 CANの伝送特性に対するコンパレータの影響評価 原 隆宏梅原大祐京都工繊大
(19) 09:15-09:30 MQTTを用いたIoTネットワークの獣害対策システムへの適用 寺田恵太郎吉田英聖石橋孝一向井宏明横谷哲也金沢工大
(20) 09:15-09:30 Sustainable Development Goalsに貢献する獣害対策システムのコンセプトと実装 吉田英聖横谷哲也寺田恵太郎石橋孝一金沢工大
(21) 09:15-09:30 導電性ウェアhitoeを用いた運動時心電図のLPWA無線伝送方法の検討 藤崎宏史岩本滉希高橋 賢田中公一藤原 真八方直久広島市大
  09:30-09:40 休憩 ( 10分 )
(22) 09:40-10:40 ポスターセッション(1)
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(23) 10:50-11:50 ポスターセッション(2)
  11:50-13:30 休憩 ( 100分 )
7月4日(木) 午後  委員長賞受賞講演
座長: 金井 謙治 (早大)
13:30 - 14:45
(24) 13:30-13:55 [招待講演]三次元ドローンメッシュネットワークによる編隊飛行構成の実現に向けて ~ アンテナからネットワークまでの横断的アプローチ ~ 平栗健史日本工大
(25) 13:55-14:20 [招待講演]長延化・多分岐化を目指した光デジタルコヒーレント伝送技術の光アクセスネットワークへの応用 金井拓也藤原正満胡間 遼五十嵐 稜飯山法子可児淳一寺田 純NTT
(26) 14:20-14:45 [招待講演]Design and Analysis of Success Prioritized Busy Doubled Backoff Algorithm for Non-persistent CSMA Daisuke UmeharaKyoto Inst. of Tech.
  14:45-15:00 休憩 ( 15分 )
7月4日(木) 午後  特別招待講演(1)
座長: 寺田 純 (NTT)
15:00 - 15:45
(27) 15:00-15:45 [特別招待講演]IoT/AIによる農業の働き方改革に今必要なものとは ~ 農業のデジタル化に向けて ~ 池田博樹TrexEdge
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
7月4日(木) 午後  特別招待講演(2)
座長: 中里 秀則 (早大)
16:00 - 16:45
(28) 16:00-16:45 [特別招待講演]IoT × ICT × スマート農業 への挑戦 平栗健史進藤卓也清水博幸木許雅則大田健紘日本工大
7月5日(金) 午前  一般セッション(1)
座長: 進藤 卓也 (日本工大)
09:00 - 10:15
(29) 09:00-09:25 光アクセスシステムの高度化に関する動向および課題 小崎成治末廣 雄名倉健一三菱電機)・斉藤洋之中平佳裕鹿嶋正幸OKI)・山本 周中尾彰宏東大
(30) 09:25-09:50 Orthogonal Precoded OFDMにおけるパイロットサブキャリア伝送方式 川崎 耀松村 武石津健太郎児島史秀NICT
(31) 09:50-10:15 グラフラプラシアンを用いた受信信号強度マップの逐次推定手法 松田崇弘首都大東京)・小野文枝NICT)・原 晋介阪市大)・児島史秀三浦 龍NICT
  10:15-10:25 休憩 ( 10分 )
7月5日(金) 午後  奨励賞受賞講演
座長: 原 一貴 (NTT)
10:25 - 11:15
(32) 10:25-10:50 [招待講演]マルチCU/DU構成のRANスライシングのための2段階スケジューリングの実証実験 塚本 優平山晴久難波 忍西村公佐KDDI総合研究所
(33) 10:50-11:15 [招待講演]光アクセスシステムにおける動的帯域割当機能を対象としたライブアップデート方式の検討 原田拓弥吉野 學山田崇史可児淳一寺田 純NTT
  11:15-11:25 休憩 ( 10分 )
7月5日(金) 午後  一般セッション(2)
座長: 川崎 耀 (NICT)
11:25 - 12:40
(34) 11:25-11:50 ISDB-Tテレビ受信機における一定時間累積確率を考慮した自動起動信号の検出方法 高橋 賢広島市大
(35) 11:50-12:15 NDNにおけるネットワーク遅延に基づいたキャッシングへのユーザ位置の反映 山口直樹早大
(36) 12:15-12:40 SoCCeRを用いたキャッシュへの最適経路探索 尾﨑航太中里秀則早大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 CS研幹事
E-: _nieice 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/


Last modified: 2019-06-28 16:06:52


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会