電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のMVE研究会 / 次のMVE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

日本VR学会複合現実感研究委員会 (SIG-MR)」,「日本VR学会サイバースペースと仮想都市研究会 (SIG-CS)」と共催



マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE) [schedule] [select]
専門委員長 美濃 導彦
副委員長 全 炳東
幹事 亀田 能成, 柳田 康幸
幹事補佐 井原 雅行, 宮崎 慎也

日時 2005年 9月 1日(木) 11:00 - 17:40
2005年 9月 2日(金) 10:00 - 16:10
議題 仮想都市,複合現実感,および一般 
会場名 はこだて未来大学 
住所 〒041-8655 北海道函館市亀田中野町 116番地2
交通案内 函館空港からタクシー約30分,またはJR函館駅からバス約45分
http://www.fun.ac.jp/index.html
他の共催 ◆日本バーチャルリアリティ学会サイバースペースと仮想都市研究会,日本バーチャルリアリティ学会複合現実感研究会共催
お知らせ ◎1日研究会終了後,老舗のレストラン・五島軒にて懇親会を予定しています(5000円の予定).研究会会場から懇親会会場へはバスを手配しています.
◎さらに,懇親会の後,函館山へ上り,有名な函館の夜景をお楽しみいただくツアーを企画しています.ふるってご参加下さい.

9月1日(木) 午前 
11:00 - 12:30
(1) 11:00-11:30 複数の仮想空間をシームレスに操作する汎用マルチビューポートフレームワーク 廣瀬康一町田貴史清川 清竹村治雄阪大
(2) 11:30-12:00 全方位映像と3次元形状モデルを用いた移動ロボットの遠隔操縦インタフェース 齋藤研作町田貴史清川 清竹村治雄阪大
(3) 12:00-12:30 災害地の3次元再構築のための移動ロボット制御システムの開発 河合克哉中澤篤志清川 清竹村治雄阪大
  12:30-14:00 昼食 ( 90分 )
9月1日(木) 午後 
14:00 - 16:00
(4) 14:00-14:30 遠隔講義理解のための時空間解像度及び部分連続性を保証する映像伝送手法 森村吉貴京大)・西口敏司阪工大)・八木啓介アサヒ技研)・角所 考美濃導彦京大
(5) 14:30-15:00 同意・非同意語句に対する過大・過小評価に関する傾向調査 井原雅行小林 稔NTT
(6) 15:00-15:30 MR空間における実物体を介した遠隔協調作業 玉木秀和慶大)・坂内祐一キヤノン)・宮狭和大鈴木雄士重野 寛岡田謙一慶大
(7) 15:30-16:00 机上型MRシステムによる作業空間共有のためのネットワーク構築手法に関する研究 福澤朋裕伴 好弘上原邦昭神戸大
  16:00-16:10 休憩 ( 10分 )
9月1日(木) 午後 
16:10 - 17:40
(8) 16:10-16:40 死角を透視表示する屋外型複合現実感システムにおける提示手法の比較検討 津田崇博山本治由亀田能成大田友一筑波大
(9) 16:40-17:10 屋外型複合現実感システムにおけるカメラ間の色補正 山本治由塚田正人北原 格亀田能成大田友一筑波大
(10) 17:10-17:40 拡張現実感のための実画像のぼけ推定に基づく実時間画像合成 奥村文洋神原誠之横矢直和奈良先端大
9月2日(金) 午前 
10:00 - 12:00
(11) 10:00-10:30 ユビキタス人体通信による脈拍計測 加藤康男東京医科歯科大/カイザーテクノロジー)・秋岡 幸東海大)・三林浩二東京医科歯科大
(12) 10:30-11:00 人は何を写したか、その時ユビキタスホームは何を写したか 上田博唯NICT)・美崎 薫ナシ)・宮脇健三郎NICT/阪工大
(13) 11:00-11:30 ユビキタスホームにおけるサービス誘導のための対話戦略の構築 小林亮博佐竹純二近間正樹上田博唯NICT)・佐藤 淳富士通)・木戸出正継奈良先端大
(14) 11:30-12:00 ユビキタス環境における調理支援 宮脇健三郎佐野睦夫阪工大/NICT)・上田博唯NICT
  12:00-13:30 昼食 ( 90分 )
9月2日(金) 午後 
13:30 - 15:00
(15) 13:30-14:00 飲みュニケーションとパーティコーパスの収集と分析 中山 彰NTT)・細田真道NTT東日本)・小林 稔NTT
(16) 14:00-14:30 情報との出会いを演出する手の平表示インタフェース 石井陽子小林 稔中山 彰NTT)・細田真道NTT東日本
(17) 14:30-15:00 リアルバーチャリティの可能性について 青木直史北大
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
9月2日(金) 午後 
15:10 - 16:10
(18) 15:10-15:40 多次元の力提示が可能な風インタフェースシステムの実装 鈴木由里子小林 稔NTT
(19) 15:40-16:10 ひずみ解析技術による自然物体の触感ユーザーインターフェース化の基礎検討 飯田 誠川上翔治苗村 健東大

問合先と今後の予定
MVE マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)   [今後の予定はこちら]
問合先 E-:mve-ply
亀田能成(筑波大) TEL/FAX 029-853-5256
柳田康幸(ATR) TEL:0774-95-1401, FAX:0774-95-1408 


Last modified: 2005-08-30 19:17:05


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[MVE研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のMVE研究会 / 次のMVE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会