電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) [schedule] [select]
専門委員長 佐藤 洋一 (東大)
副委員長 玉木 徹 (広島大), 木村 昭悟 (NTT)
幹事 入江 豪 (NTT), 牛久 祥孝 (オムロンサイニックエックス)
幹事補佐 内田 祐介 (DeNA), 山下 隆義 (中部大)

日時 2019年10月18日(金) 10:00 - 17:10
2019年10月19日(土) 10:30 - 18:00
議題 PRMU技術の最前線俯瞰、クロス/ マルチモーダルな認識理解、深層学習 
会場名 東京大学 生産技術研究所 An棟コンベンションホール 
住所 〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
交通案内 小田急線・東京メトロ千代田線/代々木上原駅より徒歩12分。 小田急線/東北沢駅から徒歩8分。 京王井の頭線/駒場東大前駅西口から徒歩10分。 京王井の頭線/池ノ上駅から徒歩10分。
https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/
会場世話人
連絡先
東京大学生産技術研究所 佐藤 洋一
他の共催 ◆関東CV勉強会共催
お知らせ ◎18日研究会終了後、簡易懇親会を開催しますので是非ご参加ください。
会場:東京大学 生産技術研究所 An棟コンベンションホール ホワイエ
日時:2019年10月18日(金) 17:30より1時間程度
会費:1,000円(予定)
当日会場で参加をお申し込みください。
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(PRMU研究会)についてはこちらをご覧ください.

10月18日(金) 午前  セッション1
座長: 井上 中順(東工大)
10:00 - 13:00
(1) 10:00-10:15 オプティカルフローにもとづく流動体の粘度知覚 鈴木 航NCNP)・檜山 敦東大)・山下和香代鹿児島大)・一戸紀孝NCNP)・妹尾武治九大)・竹市博臣理研
(2) 10:15-10:30 ウェアラブルな全方位カメラの画像を入力とした3Dポーズ推定 ~ 手話の認識と翻訳に向けて ~ 三浦哲平酒向慎司名工大
(3) 10:30-10:45 スマートフォンで撮影された将棋局面画像の認識 佐藤 旭森住 啓清水郁子中川正樹東京農工大
(4) 10:45-10:55 [ショートペーパー]An attribution-based pruning method for single object detection network Rui ShiTianxing LiYasushi YamaguchiUTokyo
(5) 10:55-11:30 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  11:30-13:00 昼食 ( 90分 )
10月18日(金) 午後  フェロー講演1
座長: 佐藤 洋一(東大)
13:00 - 13:45
(6) 13:00-13:45 [フェロー記念講演]あなたがいま読んでいるものは文字です ~ 画像情報学から見た文字研究のこれから ~ 内田誠一九大
  13:45-13:55 休憩 ( 10分 )
10月18日(金) 午後  フェロー講演2
座長: 佐藤 洋一(東大)
13:55 - 14:25
(7) 13:55-14:25 [フェロー記念講演]クロスモーダル情報処理に基づく知識獲得とメディア探索 柏野邦夫NTT
  14:25-14:35 休憩 ( 10分 )
10月18日(金) 午後  セッション2
座長: 日野 英逸(統計数理研)
14:35 - 15:45
(8) 14:35-14:50 軽量・低計算量モデルを利用した駐車スペース推定 小久保嘉人上田康貴足立 淳末次恵久アイシン精機
(9) 14:50-15:05 From Cats to Cars: A Data Set Generation Strategy for U-net based Autonomous Driving Hiroki HiraokaAtsushi ImiyaChiba Univ.
(10) 15:05-15:20 環境モニタリングロボットのためのRGBカメラ及び深度センサを用いた路面状況認識 ~ SegNet-BasicとENetの比較および高さと曲率特徴の比較 ~ 林 拓哉金子丈朗森本純矢早大)・大和淳司工学院大)・石井裕之大谷 淳高西淳夫早大
(11) 15:20-15:45 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
10月18日(金) 午後  セッション3
座長: 中西 悟(豊田中研)
16:00 - 17:10
(12) 16:00-16:15 三次元モデルの連結情報を用いた部分形状類似検索 岩淵 渉青野雅樹豊橋技科大
(13) 16:15-16:30 深層ニューラルネットワークによる手書き文字の運筆情報復元 中村汐翼グエン トゥアン クーン中川正樹東京農工大
(14) 16:30-16:45 配色情報を統合した単語分散表現の生成と分析 生駒真也内田誠一九大
(15) 16:45-17:10 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
10月19日(土) 午前  セッション4
座長: 尾崎 良太(富士ゼロックス)
10:30 - 11:40
(16) 10:30-10:45 マルチチャンネル化の最適化とCNNによるVF画像からの椎間板の抽出 藤中彩乃筑波大)・目片幸二郎神戸赤十字病院)・滝沢穂高工藤博幸筑波大
(17) 10:45-11:00 ディープラーニングを用いたびまん性肺疾患の異常陰影識別と異常陰影量の定量化 武部浩明森脇康貴宮崎信浩馬場孝之富士通研)・寺田大晃檜垣 徹粟井和夫広島大)・小林弘岳中川真智子嶋田雅彦北山健児富士通
(18) 11:00-11:15 細胞位置及び細胞対応付け同時学習CNNによる細胞追跡 林田純弥西村和也備瀬竜馬九大
(19) 11:15-11:40 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常のセッションは「発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  11:40-12:50 昼食 ( 70分 )
10月19日(土) 午後  企画セッション
座長: 金子 直史(青山学院)
12:50 - 14:30
(20) 12:50-14:30 CVPRやICCVなどのトップカンファレンスに採択された発表をご招待し、講演をしていただきます。
ご講演は以下となります。
12:50~13:15
Object-Aware Instance Labeling for Weakly Supervised Object Detection (ICCV2019)
○Satoshi Kosugi, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa (The University of Tokyo)

13:15~13:40
Self-supervised Difference Detection for Weakly-supervised Semantic Segmentation (ICCV2019)
○Wataru Shimoda, Keiji Yanai (The University of Electro-Communications)

13:40~14:05
Image Generation from Small Datasets via Batch Statistics Adaptation (ICCV2019)
○Atsuhiro Noguchi (The University of Tokyo), Tatsuya Harada (The University of Tokyo, RIKEN)

14:05~14:30
Generating Easy-to-Understand Referring Expressions for Target Identifications(ICCV2019)
○Mikihiro Tanaka (The University of Tokyo), Takayuki Itamochi, Kenichi Narioka (DENSO CORPORATION), Ikuro Sato (DENSO IT Laboratory, Inc.), Yoshitaka Ushiku (The University of Tokyo), Tatsuya Harada (The University of Tokyo, RIKEN)
  14:30-15:00 休憩 ( 30分 )
10月19日(土) 午後  関東CV勉強会
15:00 - 18:00
(21) 15:00-18:00 関東で開催されているコンピュータビジョンの勉強会との共催イベントを開催します。
プログラムの詳細については、コンピュータビジョン勉強会@関東のウェブサイトをご参照ください。

講演時間
一般講演発表 15 分

問合先と今後の予定
PRMU パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)   [今後の予定はこちら]
問合先 PRMU研究会幹事宛 pr-orzer 


Last modified: 2019-10-18 16:57:30


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PRMU研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会