お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のEA研究会 / 次のEA研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


応用音響研究会(EA) [schedule] [select]
専門委員長 浅野 太 (産総研)
副委員長 岩城 正和 (NHK)
幹事 澤田 宏 (NTT), 齊藤 望 (アルパイン)
幹事補佐 中島 弘史 (ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)

日時 2008年11月20日(木) 13:00 - 17:00
2008年11月21日(金) 09:30 - 16:15
議題 一般 
会場名 大分大学 旦野原キャンパス ベンチャービジネスラボラトリ セミナー室 
住所 〒870-1192 大分市旦野原700番地
交通案内 「大分駅」もしくは「トキハデパート前(1)のりば」から大分バス 高江ニュータウン行または大分大学,大南団地行き に乗車し,「大分大学(構内)」もしくは「大分大学正門前」で下車.乗車約30分後徒歩5分.または,JR豊肥線で「大分大学前」下車,乗車15分後徒歩15分.
http://www.oita-u.ac.jp/category/access.html
会場世話人
連絡先
大分大学工学部 電気電子工学科 秋田昌憲
097-554-7837
他の共催 ◆日本音響学会;電気音響研究会共催
お知らせ ◎第1日目の講演終了後に懇親会を予定しておりますので,ご参加ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月20日(木) 午後 
13:00 - 17:00
(1) 13:00-13:30 残響室で測定したコヒーレント距離を用いたスピーカ特性評価の試み EA2008-84 河原一彦九大
(2) 13:30-14:00 送信音と反射音の干渉に基づく距離推定に関する検討 ~ 帯域ガウス雑音信号の利用 ~ EA2008-85 中迫 昇永島侑佳近畿大)・上保徹志雑賀技研/近畿大)・篠原寿広近畿大
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
(3) 14:15-14:45 エレキギターのピックアップ支持部における振動特性と音色制御に関する研究 EA2008-86 西村公伸近畿大)・藤原 昴神鋼エンジニアリング&メンテナンス
(4) 14:45-15:15 楽音GHAを用いた楽音抽出と精密テンプレートデータベース EA2008-87 中原悠希西原明法東工大
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
(5) 15:30-16:00 スペクトルのある帯域に大きなパワーをもつ雑音混入音声の基本周波数推定 EA2008-88 小川啓太深林太計志静岡大
(6) 16:00-16:30 雑音環境音声認識におけるスペクトル変形併用法の検討 EA2008-89 牧嵜佑平秋田昌憲緑川洋一大分大
(7) 16:30-17:00 音声時間波形の狭帯域包絡線間相関を用いた話者識別システム EA2008-90 末廣一美高山泰典波々伯部龍人青木岳志日本文理大)・西村一行千葉工大)・福島 学日本文理大)・柳川博文千葉工大)・黒岩和治日本文理大
11月21日(金) 午前 
09:30 - 16:15
(1) 09:30-10:00 A Study on Higher Order Correlations between Sound and Electromagnetic Waves around ICT Environment
-- Direct and Inverse Problems Related to Utility and Risk --
EA2008-91
Yoshifumi FujitaOnomichi Univ.)・Mitsuo OhtaEmeritus Prof. of Hiroshima Univ.
(2) 10:00-10:30 A Countermeasure Method for Background Noise in the State Estimation of Sound and Electromagnetic Field Environment EA2008-92 Akira IkutaPref. Univ. Hiroshima)・Hisako MasuikeHiroshima National College Maritime Tech.)・Mitsuo OhtaPref. Univ. Hiroshima
  10:30-10:45 休憩 ( 15分 )
(3) 10:45-11:15 骨導音声を用いた話者音声強調法 EA2008-93 鎌田和真古川利博東京理科大
(4) 11:15-11:45 Kalman filter based fast noise suppression algorithm EA2008-94 Nari TanabeTokyo Univ. of Science, Suwa)・Toshihiro FurukawaTokyo Univ. of Science)・Hideaki MatsueTokyo Univ. of Science, Suwa)・Shigeo TsujiiInstitute of Information Security
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
(5) 13:00-13:30 非再帰・再帰縦続型フィルタの音響逆フィルタへの適用 EA2008-95 堤 翔藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大
(6) 13:30-14:00 音圧傾度形マイクロホンを用いた単一指向性アレーマイクロホンの設計 EA2008-96 西川 清・○武田啓之金沢大
(7) 14:00-14:30 マイクロホンアレーによる雑音除去音声の品質評価 EA2008-97 吉國信太郎水町光徳二矢田勝行九工大
  14:30-14:45 休憩 ( 15分 )
(8) 14:45-15:15 両耳補聴システムのための周波数領域両耳聴モデルを用いた音源分離 ~ 時間-周波数フィルタリングによるミュージカルノイズの低減 ~ EA2008-98 河野亮詞苣木禎史宇佐川 毅熊本大
(9) 15:15-15:45 周波数領域両耳聴モデルによる音源分離性能における定量評価 ~ 音源方向への依存性についての検討 ~ EA2008-99 冨田美奈子シャリファ サウン苣木禎史宇佐川 毅熊本大
(10) 15:45-16:15 入眠検出のための体内音響信号の測定 EA2008-100 秋田昌憲緑川洋一大分大

問合先と今後の予定
EA 応用音響研究会(EA)   [今後の予定はこちら]
問合先 齊藤 望(アルパイン(株))
TEL: (0246) 36 4111, FAX: (0246) 36 8637
E-: non-saito[at]apn.alpine.co.jp 


Last modified: 2008-09-24 23:03:36


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[EA研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のEA研究会 / 次のEA研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会