電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) [schedule] [select]
専門委員長 山田 敬嗣 (NEC)
副委員長 大町 真一郎 (東北大), 柏野 邦夫 (NTT)
幹事 飯山 将晃 (京大), 関 真規人 (三菱電機)
幹事補佐 田中 宏 (富士通研), 堀田 政二 (東京農工大)

日時 2013年 2月21日(木) 09:30 - 17:40
2013年 2月22日(金) 09:00 - 17:10
議題 大規模データベースとパターン認識 
会場名 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス 学術交流会館(C1棟) 
住所 〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1番1号
交通案内 ◎南海高野線「白鷺駅」下車、南西へ約500m、徒歩約6分 ◎南海高野線「中百舌鳥駅」下車、南東へ約1,000m、徒歩約13分 ◎地下鉄御堂筋線「なかもず駅(5号出口)」から南東へ約1,000m、徒歩約13分 ◎南海高野線「中百舌鳥駅」・地下鉄御堂筋線「なかもず駅」から南海バス(北◎野田駅前行31、32、32-1系統)で約5分、「府立大学前」下車 ◎南海本線「堺駅」から南海バス(北野田駅前行31、32、32-1系統)で約24分、JR阪和線・南海高野線「三国ヶ丘駅」から南海バス(北野田駅前行31、32、32-1系統)で約14分、「府立大学前」下車 ◎関西国際空港から南海バス(関西空港リムジンバス)で「中もず駅前(北側)」まで約63分、南海バス(北野田駅前行31、32、32-1系統)に乗り換えて約5分、「府立大学前」下車◎(http://www.osakafu-u.ac.jp/access/index.html#nakamozu)
http://www.osakafu-u.ac.jp/data/open/cnt/3/1612/1/knakamozu_map_n.pdf
会場世話人
連絡先
大阪府立大学 大学院工学研究科 知能情報工学分野 黄瀬浩一

2月21日(木) 午前  テーマセッション1
座長: 黄瀬浩一(阪府大)
09:30 - 11:30
(1) 09:30-10:00 空撮画像との対応点情報を用いたモバイルカメラの位置・姿勢推定手法 鳥屋剛毅北原 格大田友一筑波大
(2) 10:00-10:30 3次元点群からの局所形状と大域的な形状モデルを用いた柱状物体検出 新垣 仁島村 潤新井啓之谷口行信NTT
(3) 10:30-11:00 オクルージョン境界検出のための3次元構成のトピック化 村崎和彦数藤恭子谷口行信NTT
(4) 11:00-11:30 SNSを利用したトピックモデルによる画像へのユーザ嗜好性の解析 片岡香織木村昭悟村崎和彦数藤恭子谷口行信NTT
2月21日(木) 午前  一般セッション1
座長: 関 真規人(三菱電機)
09:30 - 11:30
(5) 09:30-10:00 異方拡散とテクスチャ適応的TVを正則化とした再構成型超解像 柴田剛志池谷彰彦仙田修司NEC
(6) 10:00-10:30 MR技術のための既存映像からの人物作成 竹田智哉大石岳史東大)・阪野貴彦産総研)・池内克史東大
(7) 10:30-11:00 3Dモデル探索のための形状アラインメント 松本清吾福井和広筑波大
(8) 11:00-11:30 距離空間ピラミッドを用いたLLCによる3次元物体認識 堀 貴博滝口哲也有木康雄神戸大
  11:30-13:00 休憩 ( 90分 )
2月21日(木) 午後  特別講演1
座長: 柳井 啓司(電通大)
13:00 - 13:50
(9) 13:00-13:50 [特別講演]大規模ニュース映像アーカイブの解析と応用 井手一郎名大
  13:50-14:00 休憩 ( 10分 )
2月21日(木) 午後  テーマセッション2
座長: 佐藤 真一(NII)
14:00 - 16:00
(10) 14:00-14:30 自己増殖型ニューラルネットワークを用いた高次元ノンパラメトリック確率密度推定 高橋大志中村圭宏長谷川 修東工大
(11) 14:30-15:00 HDDを用いた省メモリK-meansクラスタリング 大池洋史岸 和芳和田俊和和歌山大
(12) 15:00-15:30 ノイズ環境下における高速オンライン多変量ノンパラメトリック密度推定法 中村圭宏高橋大志長谷川 修東工大
(13) 15:30-16:00 空間インデクシングに基づく距離推定を用いた高速かつ省メモリな近似近似最近傍探索 佐藤智一岩村雅一黄瀬浩一阪府大
2月21日(木) 午後  一般セッション2
座長: 田中 宏 (富士通研)
14:00 - 16:00
(14) 14:00-14:30 計算されるビジュアル・聴覚的フィードバックに基づくグラスピング支援システム ~ 視覚障害者の支援に向けて ~ 成 飛ヒルド ミヒャエル阪電通大
(15) 14:30-15:00 Kinectを白杖に搭載したシステムによる物体認識と性能評価 山口翔太郎滝沢穂高青柳まゆみ筑波大)・江崎修央鳥羽商船高専)・水野慎士愛知工大
(16) 15:00-15:30 誘目性を活用した画像加工による注視誘導 萩原愛子千葉大)・杉本晃宏NII)・川本一彦千葉大
(17) 15:30-16:00 人の会話中における「話したい/聞きたい」表情認識 渡辺雄一深津大輔武川直樹東京電機大
  16:00-16:10 休憩 ( 10分 )
2月21日(木) 午後  ポスターセッション
座長: 島田 敬士 (九大)
16:10 - 17:40
(18) 16:10-16:40 [ポスター講演]Self-trainingによるラベルなし領域を用いた認識手法の評価と拡張 田辺大地玉木 徹Bisser Raytchev金田和文小出哲士小南陽子宮木理恵松尾泰治吉田成人田中信治広島大
(19) 16:10-16:40 [ポスター講演]時間相関イメージセンサを利用する実時間高密度オプティカルフロー算出の試み 大石 剛北川智裕本谷秀堅名工大
(20) 16:10-16:40 [ポスター講演]SKモデルの独立成分分析を用いた解析 ~ 1RSB相の場合 ~ 佐藤賢昭井上真郷早大
(21) 16:10-16:40 [ポスター講演]三角形特徴を用いた部分形状検索 武井宏将山名早人早大
(22) 16:10-16:40 [ポスター講演]複数パスを考慮したRegression Forestsによるカメラのヨー角の推定 若山涼至藤吉弘亘中部大
(23) 16:10-16:40 [ポスター講演]円のHough変換と濃度こう配ヒストグラムを用いる顔画像の特徴点検出 吉澤雄也大山 航若林哲史木村文隆三重大
(24) 16:10-16:40 [ポスター講演]部分空間法を用いた動画像の索引付けに関する検討 田中福嗣堀田政二東京農工大
(25) 16:10-16:40 [ポスター講演]正面顔画像からの両目検出のGPGPUを用いた高速化 岩佐隼斗大山 航若林哲史木村文隆三重大
(26) 16:10-16:40 [ポスター講演]部分空間法を用いたアピアランスベースの実環境文字認識 比嘉恵介堀田政二東京農工大
(27) 16:10-16:40 [ポスター講演]圧縮センシングを用いた指差し呼称時の腕振り動作認識に関する研究 岩崎正裕藤波香織東京農工大
(28) 16:10-16:40 [ポスター講演]文字情報を高精細に伝送するための画像圧縮法 兼子翔太菅谷至寛大町真一郎東北大
(29) 16:10-16:40 [ポスター講演]文字認識補助のための色情報を用いた文字パターンへの情報埋め込み 奥木翔平菅谷至寛大町真一郎東北大
(30) 16:10-16:40 [ポスター講演]車載ステレオカメラを用いた色飽和を考慮した交通信号灯認識 茂泉拓紀菅谷至寛東北大)・大町方子仙台高専)・大町真一郎東北大
(31) 16:10-16:40 [ポスター講演]携帯端末の格納場所情報を用いた行動認識手法最適化に関する研究 太田和也岩崎正裕藤波香織東京農工大
(32) 16:10-17:40 【ポスター発表,スポットライト発表なし】
空撮画像との対応点情報を用いたモバイルカメラの位置・姿勢推定手法
○鳥屋 剛毅・北原 格・大田 友一(筑波大)

Kinectを白杖に搭載したシステムによる物体認識と性能評価
○山口 翔太郎・滝沢 穂高・青柳 まゆみ(筑波大),江崎 修央(鳥羽商船高専),水野 慎士(愛知工大)

局所特徴量の大規模照合に基づく物体インスタンスの検索 ~ TRECVID2012 Instance Searchタスク参加報告 ~
○阪田智大・的崎伸彰・黄瀬浩一・岩村雅一(阪府大)

ビデオクリップスコアとGMM supervectorを用いた映像のセマンティックインデクシング
○井上中順・篠田浩一(東工大)

カメラの動き補正に基づく時空間特徴量とGMM supervectorを用いた映像からのイベント検出
○上嶋勇祐・井上中順・篠田浩一(東工大)

視覚特徴およびタグ共起を用いた大規模Webビデオショットランキング
○Do Hang Nga・柳井 啓司(電通大)
2月22日(金) 午前  テーマセッション3
座長: 宮川 勲(NTT)
09:30 - 10:30
(33) 09:30-10:00 1億ページのデータベースを対象とした大規模文書画像検索 竹田一貴黄瀬浩一岩村雅一阪府大
(34) 10:00-10:30 距離計算を行わない近似最近傍探索アルゴリズム: Grafting Trees 大谷洋平和田俊和大池洋史和歌山大
2月22日(金) 午前  一般セッション3
座長: 堀田政二(東京農工大)
09:00 - 10:30
(35) 09:00-09:30 Variational Computation of Mean Shape Shun InagakiAtsushi ImiyaChiba Univ.)・Hidekata HontaniNagoya Inst. of Tech.)・Shouhei HanaokaYoshitaka MasutaniUniv. of Tokyo
(36) 09:30-10:00 状態継続長制御に基づいた拡張分離型格子HMMによる変動に頑健な画像認識 牧野貴也高木信二橋本 佳南角吉彦徳田恵一名工大
(37) 10:00-10:30 変分ベイズ法を用いた可変固有画像モデルに基づく画像認識 沢田 慶橋本 佳南角吉彦徳田恵一名工大
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
2月22日(金) 午後  特別講演2
座長: 宮川 勲(NTT)
10:40 - 11:30
(38) 10:40-11:30 [特別講演]大規模マルチメディア解析コーパスとしてのsocial curationの可能性 木村昭悟NTT
  11:30-13:00 休憩 ( 90分 )
2月22日(金) 午後  特別講演3
座長: 島田 敬士 (九大)
13:00 - 13:50
(39) 13:00-13:50 [特別講演]スマートポスターボード: ポスター発表における場のマルチモーダルなセンシングと認識 河原達也京大
  13:50-14:00 休憩 ( 10分 )
2月22日(金) 午後  テーマセッション4
座長: 柳井 啓司 (電通大)
14:00 - 15:30
(40) 14:00-14:30 GMM Supervectorとビデオクリップスコアを用いた映像のセマンティックインデクシング 井上中順篠田浩一東工大
(41) 14:30-15:00 Semantic Video Concept Detection using Subspace-partition based Scheme
-- TRECVid 2012 Semantic Video Concept Detection by NTT --
Yongqing SunKyoko SudoYukinobu TaniguchiNTT)・Haojie LiLei YiYue GuanDalian Univ. of Tech.
(42) 15:00-15:30 カメラの動き補正に基づく時空間特徴量とGMM supervectorを用いた映像からのイベント検出 上嶋勇祐井上中順篠田浩一東工大
2月22日(金) 午後  テーマセッション5
座長: 高橋 正樹(NHK技研)
14:00 - 15:30
(43) 14:00-14:30 ユーザの嗜好に基づく味データの学習クラスタリング 高野太吾公立はこだて未来大
(44) 14:30-15:00 複数の系列間における系列個数に依存しない類似系列区間の検出 ~ Circle連続DPの提案 ~ 岡 隆一会津大
(45) 15:00-15:30 非線形時系列予測のための基底関数構築 塚田将太佐藤仁樹公立はこだて未来大
  15:30-15:40 休憩 ( 10分 )
2月22日(金) 午後  テーマセッション6
座長: 篠田 浩一(東工大)
15:40 - 17:10
(46) 15:40-16:10 局所特徴量の大規模照合に基づく物体インスタンスの検索 ~ TRECVID2012 Instance Searchタスク参加報告 ~ 阪田智大的崎伸彰黄瀬浩一岩村雅一阪府大
(47) 16:10-16:40 画像をクエリとしたインスタンス映像検索 村田眞哉永野秀尚向井 良柏野邦夫NTT)・佐藤真一NII
(48) 16:40-17:10 視覚特徴およびタグ共起を用いた大規模Webビデオショットランキング Do Hang Nga柳井啓司電通大
2月22日(金) 午後  一般セッション4
座長: 飯山 将晃 (京大)
15:40 - 17:10
(49) 15:40-16:10 魚眼カメラを用いた歩行者自動検出システムのGPUによる高速化 北口勝久齊藤 守阪市工研
(50) 16:10-16:40 複数の不可視光源による歩行者の影を用いた個人識別 ~ 見えの変化に対する頑強性の向上 ~ 内野康司岩下友美倉爪 亮九大)・Adrian Stoicaジェット推進研
(51) 16:40-17:10 An Embedded Background Modeling Method for Detecting Object Left Behind and Very Still Person Thi Thi ZinHiromitsu HamaTakashi ToriuPyke TinOsaka City Univ.

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分
特別講演発表 40 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
PRMU パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)   [今後の予定はこちら]
問合先 PRMU研究会幹事宛 pr-n 


Last modified: 2013-02-21 14:02:50


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PRMU研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会