電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 阿多 信吾 (阪市大)
副委員長 木下 和彦 (阪大), 吉原 貴仁 (KDDI研)
幹事 野村 祐士 (富士通研), 湯本 一磨 (日立)
幹事補佐 高橋 英士 (NEC)

日時 2015年 3月19日(木) 09:30 - 17:00
2015年 3月20日(金) 09:30 - 17:30
議題 エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
会場名 石垣市民会館 
住所 〒907-0013 沖縄県石垣市浜崎町1丁目1番2
交通案内 http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/400000/410000/cityhall/city_hall.htm
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月19日(木) 午前  セッション1
座長: 木下 和彦(徳島大)
09:30 - 10:30
(1) 09:30-09:50 自律巡回型ロボットによるデータセンタの環境センシング ICM2014-54 橋本英明吉田 敦浦田穣司NTT
(2) 09:50-10:10 オートスケール時のSLA保証改善に向けた仮想マシンCPUキャッピング機能の活用に関する検討 ICM2014-55 山崎謙太寺村 健平島陽子森村知弘日立
(3) 10:10-10:30 OSS部品化開発のNFVオーケストレータ開発への適用性について ICM2014-56 武 直樹西尾 学NTT
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
3月19日(木) 午前  セッション2
座長: 林 經正(ボスコ・テクノロジーズ)
10:40 - 12:00
(4) 10:40-11:00 識別性能を向上させる多段階型アプリケーション識別手法 ICM2014-57 熊野由一阿多信吾阪市大)・中村信之中平佳裕OKI)・岡 育生阪市大
(5) 11:00-11:30 [招待講演]ETSI NFV ISGにおけるMANO-WGの標準化動向 ICM2014-58 高橋謙輔寺内 敦NTT
(6) 11:30-12:00 [招待講演]高付加価値サービスの創出に向けたSDNの技術開発に関する取り組み ICM2014-59 西江将男橋本昭二森 達郎田中陽介栗原良尚NTTコミュニケーションズ
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
3月19日(木) 午後  ICMワークショップ
13:00 - 17:00
(7) 13:00-17:00 **********************************************************
2015年情報通信マネージメントワークショップ
テーマ: 見えてきた M2M/D2D/IoT サービスとその管理技術

詳細は以下をご覧下さい。
http://www.ieice.org/~icm/jpn/icmws/icmws201503.html
**********************************************************
3月20日(金) 午前  セッション3
座長: 吉武 浩(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)
09:30 - 10:30
(8) 09:30-09:50 ストレージボリューム再配置におけるスケジューリング方式 ICM2014-60 中嶋法子小崎信明中山弘二郎飯塚大介森村知弘日立
(9) 09:50-10:10 ユーザ行動と事業者利益を考慮した周波数共用方式 ICM2014-61 丸山幸香阪大)・河野圭太岡山大)・木下和彦徳島大)・渡辺 尚阪大
(10) 10:10-10:30 多様化する音声サービスの監視を実現する方法とシステム実装に関する一考察 ICM2014-62 村松宏基上野史紀藤部秀樹中村 修大谷知行ドコモ・テクノロジ
  10:30-10:40 休憩 ( 10分 )
3月20日(金) 午前  セッション4
座長: 井上 晃(NTT)
10:40 - 12:00
(11) 10:40-11:00 運用業務手順の獲得に向けた作業ログにおける業務分岐点の抽出 ICM2014-63 渡邉 暁木村達明豊野 剛石橋圭介NTT
(12) 11:00-11:20 [奨励講演]運用自動化の容易性を示す評価指標の提案 ICM2014-64 柳瀬隆史麻岡正洋難波 功富士通研
(13) 11:20-11:40 原因調査における作業履歴からの障害原因特定作業の抽出 ICM2014-65 三浦大樹西村 徹後藤真一郎NTT
(14) 11:40-12:00 ITシステム運用管理への自動化技術適用に関する一考察 ICM2014-66 中島 淳名倉正剛永井崇之日立
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
3月20日(金) 午後  セッション5
座長: 吉原 貴仁(KDDI研)
13:00 - 14:20
(15) 13:00-13:20 DPI技術を用いたネットワークのふくそう制御ならびに消費電力削減法の検討 ICM2014-67 柳澤航平・○栗林伸一成蹊大
(16) 13:20-13:40 アクセス地点によりトータル処理時間が異なるクラウド環境における最適資源割当て方式 ICM2014-68 瓜生真俊・○栗林伸一成蹊大
(17) 13:40-14:00 分散システムの耐災害性を検証・評価するための災害シナリオを用いたネットワークエミュレータに関する考察 ICM2014-69 柏崎礼生阪大)・西内一馬シティネット
(18) 14:00-14:20 SDDE (Software Defined Disaster Emulation)プラットフォームを用いた広域分散ストレージの評価実験 ICM2014-70 北口善明金沢大)・西内一馬シティネット)・近堂 徹広島大)・市川昊平奈良先端大)・柏崎礼生中川郁夫阪大)・菊池 豊高知工科大
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
3月20日(金) 午後  セッション6
座長: 柏 大(NTTコミュニケーションズ)
14:30 - 15:50
(19) 14:30-14:50 LTE基地局の断片的な低負荷時間を利用したデータ転送方式 ICM2014-71 高橋英士菅原弘人大西健夫城島貴弘NEC
(20) 14:50-15:10 [奨励講演]EPCシグナリング輻輳耐性のためのネットワーク機能仮想化を活用するリダイレクト処理の提案と評価 ICM2014-72 臼井 健野一色裕人橋本健志北辻佳憲KDDI研
(21) 15:10-15:30 [奨励講演]階層化コントローラアーキテクチャによるSDNにおける運用問題解決手法 ICM2014-73 中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・阿多信吾阪市大
(22) 15:30-15:50 トラフィック情報による仮想化ネットワーク構成情報推定技術の検討 丹治直幸高橋謙輔森谷高明寺内 敦田原光穂NTT
  15:50-16:10 休憩 ( 20分 )
3月20日(金) 午後  セッション7
座長: 登内 敏夫(NEC)
16:10 - 17:30
(23) 16:10-16:30 OpenFlowスイッチを用いたパッチパネルの検討 ICM2014-75 仲間修也ONES)・照屋保幸OOL)・鳥居隆史NEC)・佐藤陽一NTTコミュニケーションズ
(24) 16:30-16:50 サーバ/ネットワーク仮想化と非機能要件実現方式を統一的に扱うモデルに関する考察 ICM2014-76 西尾 学武 直樹NTT
(25) 16:50-17:10 Alfons:マルウェア解析の為の高詳細な環境構築システム ICM2014-77 安田真悟三浦良介高野祐輝宮地利幸NICT
(26) 17:10-17:30 複数伝送網を跨いだパス管理を実現するEMS連携方式 ICM2014-78 高田 篤副島裕司木村辰幸NTT

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 ICM 研究会 幹事
E-:icm-n
http://www.ieice.org/~icm/jpn/ 


Last modified: 2015-03-13 17:54:13


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会