電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のPN研究会 / 次のPN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

1日目のセッション終了後にPNワークショップを開催いたします.詳しくは,PN研webページのご案内を御覧ください.



フォトニックネットワーク研究会(PN) [schedule] [select]
専門委員長 大木 英司 (電通大)
副委員長 長谷川 浩 (名大), 釣谷 剛宏 (KDDI研), 大越 春喜 (古河電工)
幹事 古川 英昭 (NICT), 廣田 悠介 (阪大)
幹事補佐 中川 雅弘 (NTT), 亀谷 聡一朗 (三菱電機)

日時 2016年 9月 1日(木) 12:40 - 17:40
2016年 9月 2日(金) 09:10 - 12:35
議題 フォトニックネットワーク関連技術、一般 
会場名 KKRはこだて 
住所 〒042-0932 北海道函館市湯川町2-8-14
交通案内 市電湯の川「湯の川温泉駅」から徒歩5分または函館空港からタクシー10分
http://www.kkrhakodate.com/access.html
会場世話人
連絡先
0138-57-8484(会場)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(PN研究会)についてはこちらをご覧ください.

9月1日(木) 午後  一般講演1
座長: 馬場 健一(工学院大)
12:40 - 13:55
(1) 12:40-13:05 高Δ石英系光導波路を用いた小型・低損失なマルチキャストスイッチの開発 山﨑慎太郎内田泰芳高橋正典長谷川淳一古河電工
(2) 13:05-13:30 空間多重用波長選択スイッチアーキテクチャの検討 神野正彦森 裕香川大
(3) 13:30-13:55 大規模フォトニック集積のための光増幅方式 太田昌孝東工大
  13:55-14:05 休憩 ( 10分 )
9月1日(木) 午後  招待講演1
座長: 長谷川 浩(名大)
14:05 - 15:35
(4) 14:05-14:50 [招待講演]デジタル信号処理によるファイバ非線形の低減 小山智史富士通研)・中島久雄星田剛司富士通)・谷村崇仁富士通研)・秋山祐一富士通)・陶 振寧FRDC
(5) 14:50-15:35 [招待講演]キャリアネットワーク機器と周辺設備の省電力化 三澤 明奥川 徹田中百合子NTT
  15:35-15:50 休憩・WS受付 ( 15分 )
9月1日(木) 午後  PNワークショップ
15:50 - 17:40
  - ◆ PNワークショップ
(1) 専門委員長挨拶
(2) 15:50 ~ 15:55 ワークショップ趣旨紹介
長谷川 浩 様 (名古屋大学)
(3) 15:55 ~ 16:20 講演1:クラウドインフラを支える光ネットワークとその仮想化
関屋 元義 様 (富士通研究所 ネットワークシステム研究所)
(4) 16:20 ~ 16:45 講演2:障害耐性も考慮したネットワーク低消費電力化制御(仮)
大下 裕一 様 (大阪大学大学院 情報科学研究科)
(5) 16:45 ~ 17:10 講演3:光ファイバ給電技術を用いた災害に強い光ファイバ無線ネットワーク
松浦 基晴 様 (電気通信大学大学院 情報理工学研究科)
(6) 17:10 ~ 17:40 フリーディスカッション
9月2日(金) 午前  一般公演2
座長: 橋本 仁(秋田大)
09:10 - 10:25
(6) 09:10-09:35 エラスティック光ネットワークにおける分散制御機構によるパス設定手法の検討 平岩侑也馬場健一工学院大
(7) 09:35-10:00 エラスティック光ネットワークにおけるパス長差の公平性を考慮した帯域割当手法の検討 篠澤亮介馬場健一工学院大
(8) 10:00-10:25 光パケット・光パス統合網における早期予測に基づくオフローディング制御の検討 前嶌佑哉大砂古雅喜谷川陽祐阪府大)・廣田悠介阪大)・戸出英樹阪府大
  10:25-10:35 休憩 ( 10分 )
9月2日(金) 午後  招待講演2
座長: 大木 英司(電通大)
10:35 - 11:10
(9) 10:35-11:10 [招待講演]ブロッキングセット列挙による光通信網の信頼性評価手法 橋本 仁内海富博秋田大)・井上 武NTT
  11:10-11:20 休憩 ( 10分 )
9月2日(金) 午後  一般公演3
座長: 橘 拓至(福井大)
11:20 - 12:35
(10) 11:20-11:45 距離及びホップ数に適応的なサブキャリア変調を用いた周波数利用効率最大化 磯野祐馬丹羽真規森 洋二郎長谷川 浩佐藤健一名大
(11) 11:45-12:10 光L2網実現を目指した仮想通信処理プロセッサによるプログラマブルノード構成 岡本 聡松本 隼佐藤丈博山中直明慶大
(12) 12:10-12:35 The ACTION Project: Application coordinating with Transport, IP and Optical Network Naoaki YamanakaSatoru OkamotoYukihiro ImakiireMai AraseKeio Univ.)・Eiji OkiUEC)・Malathi VeeraraghavanUVA

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
PN フォトニックネットワーク研究会(PN)   [今後の予定はこちら]
問合先 古川 英昭 (情報通信研究機構)
TEL 042-327-5694, FAX 042-327-6680
E:
廣田 悠介 (大阪大学)
TEL 06-6879-4547, FAX 06-6879-4549
E: ist-u 
お知らせ ◎最新情報は,PN研究会ホームページを御覧下さい.nhttp://www.ieice.org/~pn/jpn/
◎Japan Photonic Network Model (JPN Model)を公開中です.詳しくはPN研ホームページを御覧下さい.


Last modified: 2016-08-31 13:36:23


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のPN研究会 / 次のPN研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会