お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 府川 和彦 (東工大)
副委員長 村田 英一 (京大), 岡本 英二 (名工大)
幹事 小西 聡 (KDDI研), ベンジャブール アナス (NTTドコモ)
幹事補佐 星野 正幸 (パナソニック), 増野 淳 (NTT), 森田 基樹 (NEC), 岡崎 彰浩 (三菱電機), 三上 学 (ソフトバンクモバイル)

日時 2014年 4月17日(木) 10:45 - 17:35
2014年 4月18日(金) 10:30 - 15:40
議題 無線アクセス技術,一般 
会場名 名古屋工業大学 
住所 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
交通案内 JR東海 中央本線 鶴舞駅下車 徒歩7分
https://www.ieice.org/cs/rcs/jpn/pdf/NITECH_access.pdf
会場世話人
連絡先
大学院工学研究科 情報工学専攻 岡本 英二
052-732-2111
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

4月17日(木) 午前  RCS1
座長: 三上 学 (ソフトバンクモバイル)
10:45 - 12:00
(1) 10:45-11:10 大規模アンテナ無線エントランスシステムにおける更なる大容量化への挑戦 ~ LOS環境チャネルベクトルを低相関化するアンテナ配置最適化法の提案 ~ RCS2014-1 新井拓人太田 厚黒崎 聰丸田一輝岩國辰彦飯塚正孝NTT
(2) 11:10-11:35 ヘテロジーニアスセル構成におけるローカルセル固有の同期信号系列割り当てを用いるセルサーチ時間特性 RCS2014-2 野口直希東京都市大)・永田 聡NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大
(3) 11:35-12:00 5G将来無線アクセスネットワークにおけるムービングセルの実現法 RCS2014-3 安田浩人森岡康史森広芳文須山 聡シン キユン奥村幸彦NTTドコモ
  12:00-13:30 昼食 ( 90分 )
4月17日(木) 午後  特集セッション「高度道路交通システムのための無線通信」
座長: 岡本 英二 (名工大)
13:30 - 14:30
(4) 13:30-14:00 [依頼講演]車両のセンタ制御アプリケーション開発 ~ ITS世界会議東京2013スマートチャージングデモ通信部構成 ~ RCS2014-4 秋田英範デンソー)・新原竜馬デンソーアイティーラボラトリ)・香川正和デンソー
(5) 14:00-14:30 [依頼講演]TVホワイトスペースの車車間通信への適用 RCS2014-5 田中英明Onur AltintasトヨタIT開発センター
  14:30-14:40 休憩 ( 10分 )
4月17日(木) 午後  特集セッション「高度道路交通システムのための無線通信」
座長: 村田 英一 (京大)
14:40 - 15:40
(6) 14:40-15:10 [依頼講演]方向や空間に着目したルーチングやアクセス制御技術の研究開発 RCS2014-6 宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
(7) 15:10-15:40 [依頼講演]セクター化した路側中継局による車車間ブロードキャスト通信の特性改善 RCS2014-7 Huiting Cheng・○山尾 泰電通大
  15:40-15:55 休憩 ( 15分 )
4月17日(木) 午後  招待講演
座長: 府川 和彦 (東工大)
15:55 - 17:35
(8) 15:55-16:40 [招待講演]カオス通信の無線通信への適用とその性能改善 RCS2014-8 岡本英二稲葉悠馬名工大
  16:40-16:50 休憩 ( 10分 )
(9) 16:50-17:35 [招待講演]無線分散ネットワークにおける圧縮センシング・圧縮伝送によるリンク品質情報の共有 RCS2014-9 岡田 啓須崎修平小林健太郎片山正昭名大
4月18日(金) 午前  RCS2
座長: ベンジャブール アナス (NTTドコモ)
10:30 - 11:45
(10) 10:30-10:55 無線LAN規格に応じた端末グルーピングによるQoS制御方法の実験的検討 RCS2014-10 新宅俊之岸田 朗岩渕匡史鬼沢 武阪田 徹NTT
(11) 10:55-11:20 中継局でチャネル情報を必要としない時空間ブロック符号化協調AF中継伝送 RCS2014-11 遠藤 力宮崎寛之安達文幸東北大
(12) 11:20-11:45 OFDMA下りリンクにおけるTDMベースの制御情報のSFBCを用いたときの判定帰還チャネル推定の特性 RCS2014-12 平山慎也東京都市大)・武田和晃川村輝雄NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大
  11:45-13:00 昼食 ( 75分 )
4月18日(金) 午後  RCS3
座長: 岡崎 彰浩 (三菱電機)
13:00 - 14:15
(13) 13:00-13:25 CSMA/CA無線ネットワークコーディング試作装置のタイムアウト最適化による伝送特性改善 RCS2014-13 丸田一輝増野 淳大槻暢朗杉山隆利NTT
(14) 13:25-13:50 広帯域離散OFDM受信機における他システムからの被干渉影響の評価 RCS2014-14 小坂和裕高草木恵二菅野一生長谷川晃朗新保宏之武内良男ATR
(15) 13:50-14:15 256-QAM Space-Time Codes using Matched Mapping RCS2014-18 Tatsumi KonishiAichi Inst. of Tech.
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
4月18日(金) 午後  RCS4
座長: 森田 基樹 (NEC)
14:25 - 15:40
(16) 14:25-14:50 インプリシットフィードバックを用いたマルチユーザMIMO-OFDMシステムにおけるサブキャリア平滑化校正法 RCS2014-16 福園隼人村上友規工藤理一鷹取泰司溝口匡人NTT
(17) 14:50-15:15 Radio Resource Management for Next Generation Wireless Networks RCS2014-17 Abolfazl MehbodniyaFumiyuki AdachiTohoku Univ.
(18) 15:15-15:40 共同干渉キャンセルにおける推定SINRに基づく受信信号選択 RCS2014-15 篠原 諒・○村田英一京大

講演時間
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(依頼講演)発表 20 分 + 質疑応答 10 分
招待講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 星野 正幸 (パナソニック)
E-:r_- 


Last modified: 2014-04-09 19:45:12


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会