お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

*** 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため本研究会の開催形態はオンライン開催のみに変更となる可能性があります. ***





無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 岡本 英二 (名工大)
副委員長 前原 文明 (早大), 西村 寿彦 (北大), 旦代 智哉 (東芝)
幹事 牟田 修 (九大), 村岡 一志 (NEC)
幹事補佐 安達 宏一 (電通大), 中村 理 (シャープ), 酒井 学 (三菱電機), 岩渕 匡史 (NTT), 奥山 達樹 (NTTドコモ)

日時 2021年 4月22日(木) 10:30 - 16:25
2021年 4月23日(金) 09:45 - 14:35
議題 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
会場名 早稲田大学 西早稲田キャンパス 63号館 2階 03会議室(森村市左衛門記念会議室) 
住所 〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1
交通案内 地下鉄副都心線 西早稲田駅直結またはJR山手線・西武新宿線 高田馬場駅から徒歩15分または地下鉄東西線 早稲田駅から徒歩22分
https://www.waseda.jp/top/access/nishiwaseda-campus
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(RCS研究会)についてはこちらをご覧ください.
参加費支払い手続き期限 本研究会はオンライン開催も合わせて実施します.準備の都合上,原則として開催の3日前までに受付を終了しますので,お早めにお手続きください.なお,会議用URLなどは研究会幹事からご案内します.

4月22日(木) 午前  RCS1
10:30 - 11:45
(1) 10:30-10:55 ディジタル制御超広帯域GaN増幅器向けTwin-Nonlinear Two-Box型ディジタルプレディストータ 山下 青小松崎優治榊 裕翔安藤暢彦中溝英之三菱電機
(2) 10:55-11:20 A Study on Deep Learning Based Resource Allocation Method to Control System Capacity and Fairness for MU-MIMO THP Yukiko ShimboHirofumi SuganumaWaseda Univ.)・Hiromichi TomebaTakashi OnoderaSharp)・Fumiaki MaeharaWaseda Univ.
(3) 11:20-11:45 マルチユーザ・ジョイント送受信ダイバーシチにおけるユーザ側フェージング相関の影響に関する一検討 安達文幸高橋 領東北大
  11:45-12:45 昼食 ( 60分 )
4月22日(木) 午後  特別招待講演1
12:45 - 13:35
(4) 12:45-13:35 [特別招待講演]キーストリーム社設立して何が良くて何が悪かったのか 佐藤拓朗早大
  13:35-13:50 休憩 ( 15分 )
4月22日(木) 午後  特集セッション1「5G時代の交通・輸送のための無線通信技術」
13:50 - 15:20
(5) 13:50-14:20 [依頼講演]JASPAR次世代高速LAN WGの最新活動状況 後藤英樹トヨタ自動車
(6) 14:20-14:50 [依頼講演]車載ネットワークとIEEE 802.1TSN標準 伊藤嘉浩名工大
(7) 14:50-15:20 [依頼講演]5Gを活用した低遅延車車間通信とトラック隊列走行の実現 吉野 仁三上 学ソフトバンク
  15:20-15:35 休憩 ( 15分 )
4月22日(木) 午後  RCS2
15:35 - 16:25
(8) 15:35-16:00 チャープ拡散非同期FSKにおけるパイロットレスマルチパス等化 堀 勇太東中雅嗣有賀 博三菱電機
(9) 16:00-16:25 複数のZadoff-Chu系列と送信ダイバーシチを組み合わせたDS-SS初期同期のフレーム検出に関する検討 福間 恵東中雅嗣中村亮介有賀 博三菱電機
4月23日(金) 午前  RCS3
09:45 - 10:35
(10) 09:45-10:10 機械学習によるマルチユーザ通信環境情報推定における分類精度の改善 小島 駿宇都宮大)・フェン イーデューク大)・丸田一輝東工大)・安 昌俊千葉大)・タロク バヒドデューク大
(11) 10:10-10:35 自車履歴情報を用いたV2I高精度ビーム追従手法の検討 加藤 諒奥村 守岡本英二名工大
  10:35-10:50 休憩 ( 15分 )
4月23日(金) 午前  招待講演1
10:50 - 11:40
(12) 10:50-11:40 [招待講演]車載光イーサネット ~ 標準化動向と日本の貢献 ~ 各務 学名工大
  11:40-12:30 昼食 ( 50分 )
4月23日(金) 午後  特集セッション2「5G時代の交通・輸送のための無線通信技術」
12:30 - 13:30
(13) 12:30-13:00 [依頼講演]ミリ波リニアセルシステムにおける置局設計手法に関する検討 藤尾俊輔西川健一尾崎一幸富士通
(14) 13:00-13:30 [依頼講演]鉄道沿線におけるミリ波帯の伝搬特性評価について 松村善洋丹下智之笹木栄志JR東海)・岩本功貴中村一城鉄道総研)・眞田幸俊慶大
  13:30-13:45 休憩 ( 15分 )
4月23日(金) 午後  招待講演2
13:45 - 14:35
(15) 13:45-14:35 [招待講演]列車運行における無線通信システムの活用 中村一城北野隆康鉄道総研

講演時間
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
依頼講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
特別招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 酒井 学 (三菱電機)
E-:r_- 


Last modified: 2021-04-01 23:45:47


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会