電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のQIT研究会 / 次のQIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


量子情報技術研究会(QIT) [schedule] [select]
専門委員長 枝松 圭一 (東北大)
幹事 小川 朋宏 (電通大), 山本 俊 (阪大)

日時 2014年 5月12日(月) 09:45 - 18:10
2014年 5月13日(火) 09:20 - 17:05
議題 量子情報, 一般 
会場名 名古屋大学 豊田講堂シンポジオン 
住所 〒464-8601 名古屋市千種区不老町
交通案内 http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html
会場世話人
連絡先
鶴丸豊広(三菱電機),西村治道,林正人(名大)
他の共催 ◆応用物理学会量子エレクトロニクス研究会,名古屋大学情報科学研究科,名古屋大学多元数理研究科共催

5月12日(月) 午前  開会
09:45 - 09:50
  09:45-09:50 開会の挨拶,連絡事項 ( 5分 )
5月12日(月) 午前  Session I
座長: 筒井泉(高エネ研)
09:50 - 10:50
(1) 09:50-10:30 [招待講演]角度・軌道角運動量の不確定性関係とらせん電子波干渉 谷村省吾渡辺圭亮名大
(2) 10:30-10:50 広帯域周波数相関光子対による高分解能量子光コヒーレンストモグラフィの実証実験 岡野真之永松優一田中 陽北大/阪大)・Hwan Hong Lim物質・材料研究機構)・岡本 亮北大/阪大)・西澤典彦名大)・栗村 直物質・材料研究機構)・竹内繁樹北大/阪大/京大
  10:50-11:10 休憩 ( 20分 )
5月12日(月) 午前  Session II
座長: 小川朋宏(電通大)
11:10 - 12:10
(3) 11:10-11:30 LOCC Conversion via Entanglement Storage Wataru KumagaiKanagawa Univ.)・Masahito HayashiNagoya Univ./NUS
(4) 11:30-11:50 混合度の高い測定型量子計算とDQC1モデルの計算能力について 森前智行群馬大
(5) 11:50-12:10 On the convergence of output sets of quantum channels Benoit CollinsKyoto Univ.)・Motohisa FukudaIon NechitaTU Muenchen
  12:10-13:30 昼食休憩 ( 80分 )
5月12日(月) 午後  ポスター
13:30 - 14:50
  13:30-14:50 ポスター ( 80分 )
5月12日(月) 午後  Session III
座長: 富田章久(北大)
14:50 - 16:10
(6) 14:50-15:30 [招待講演]量子鍵配送の基礎研究からネットワーク構築まで 玉木 潔NTT
(7) 15:30-15:50 Improved Asymptotic Key Rate of the B92 Protocol Ryutaroh MatsumotoTokyo Tech.
(8) 15:50-16:10 More Efficient Privacy Amplification with Non-Uniform Random Seeds via Dual Universal Hash Function Masahito HayashiNagoya U.)・○Toyohiro TsurumaruMitsubishi Electric
  16:10-16:30 休憩 ( 20分 )
5月12日(月) 午後  Session IV
座長: 鶴丸豊広(三菱電機)
16:30 - 18:10
(9) 16:30-16:50 トレース距離を量子鍵配送の失敗確率とする解釈における課題 岩越丈尚広田 修玉川大
(10) 16:50-17:10 擾乱を用いない量子鍵配送 佐々木寿彦理研)・山本喜久NII/理研)・小芦雅斗東大
(11) 17:10-17:30 ハイブリッド量子もつれ光源を用いた modified E91プロトコル実証 藤原幹生NICT)・吉野健一郎南部芳弘NEC)・山下太郎三木茂人寺井弘高王 鎮豊嶋守生NICT)・富田章久北大)・佐々木雅英NICT
(12) 17:30-17:50 Measurement-device-independent quantum key distribution for SARG04 Akihiro MizutaniOsaka Univ.)・Kiyoshi TamakiNTT)・Rikizo IkutaTakashi YamamotoNobuyuki ImotoOsaka Univ.
(13) 17:50-18:10 連続量量子暗号における受信器の雑音と透過率の影響について 市川 翼小池恭史石井伴旺平野琢也学習院大
  18:10-18:40 休憩 ( 30分 )
  18:40-20:40 懇親会 ( 120分 )
5月13日(火) 午前  Session V
座長: 鹿野豊(分子科研)
09:20 - 10:20
(14) 09:20-09:40 Direct Tomography of a Quantum Process via Weak or Strong Measurements Yu-Xiang ZhangUSTC)・Shengjun WuNJU)・Zeng-Bing ChenUSTC
(15) 09:40-10:00 A weak-value model for virtual particles supplying the electric current in graphene Kazuhiro YokotaNobuyuki ImotoOsaka Univ.
(16) 10:00-10:20 弱値の解釈と弱測定の精密測定への応用について 筒井 泉高エネルギー加速器研究機構)・森田辰弥森 琢也李 宰河東大
  10:20-10:40 休憩 ( 20分 )
5月13日(火) 午前  Session VI
座長: 飯沼昌隆(広島大)
10:40 - 12:00
(17) 10:40-11:00 トンネル効果中のアハロノフ・ボーム効果 野口篤志東大)・○鹿野 豊分子科学研)・豊田健二占部伸二阪大
(18) 11:00-11:20 平均ハミルトニアン理論と最適制御理論に基づくハミルトニアンエンジニアリング 根来 誠阪大)・田渕 豊東大)・陶山 雷北川勝浩阪大
(19) 11:20-11:40 Error-disturbance relations in mixed states Masanao OzawaNagoya Univ.
(20) 11:40-12:00 Noise and disturbance in quantum measurements: an information-theoretic approach Francesco BuscemiNagoya Univ.)・Michael HallGriffith Univ.)・Masanao OzawaNagoya Univ.)・Mark WildeLousiana State Univ.
  12:00-13:20 昼食休憩 ( 80分 )
5月13日(火) 午後  Session VII
座長: 枝松圭一(東北大)
13:20 - 15:00
(21) 13:20-14:00 [チュートリアル招待講演]量子アニーリングの基礎と応用 西森秀稔東工大
(22) 14:00-14:20 A reformulation of quantum mechanics by algorithmic randomness Kohtaro TadakiChuo Univ.
(23) 14:20-14:40 Fault Tolerant Code Conversion and Its Use for Computational Cost Reduction Byung-Soo ChoiU. of Tokyo
(24) 14:40-15:00 有限体積熱機関の効率上限 ~ 情報理論によるカルノーの定理の精密化 ~ 田島裕康東大)・林 正人名大/シンガポール国立大
  15:00-15:20 休憩 ( 20分 )
5月13日(火) 午後  Session VIII
座長: 森越文明(NTT)
15:20 - 17:00
(25) 15:20-15:40 LOCC変換における漸近的エンタングルメント保存性 伊藤康介名大)・熊谷 亘神奈川大)・林 正人名大
(26) 15:40-16:00 量子複雑系の基底状態エネルギーに関する数理解析 檀 裕也松山大
(27) 16:00-16:20 The quantum laws of physics
-- a new description of dynamics and causality --
Holger F. HofmannHiroshima Univ.
(28) 16:20-16:40 バンチング現象の量子的背景依存性 Pawel KurzynskiAMU; NUS)・○添田彬仁東大)・Jayne ThompsonDagomir KaszlikowskiNUS
(29) 16:40-17:00 A duality relation connecting different quantum generalizations of the conditional R'enyi entropy Marco TomamichelNUS)・Mario BertaETH)・○Masahito HayashiNagoya Univ.,
5月13日(火) 午後  閉会
17:00 - 17:05
  17:00-17:05 閉会の挨拶 ( 5分 )
ポスター
(30) - [ポスター講演]Dispersion-tolerant two-photon Michelson interferometer using telecom-band photon pairs with frequency entanglement Akio YoshizawaDaiji FukudaHidemi TsuchidaNoritsugu YamamotoAIST
(31) - [ポスター講演]Steering criteria for bipartite quantum entanglement
-- theoretical proposal and its experimental demonstration --
Atsushi YabushitaHsin-Pin LoNCTU)・Li-Yi HsuCYCU
(32) - [ポスター講演]インコヒーレント光を励起光としたカスケードSFG/SPDC方式による偏光量子もつれ光子対発生実験 荒平 慎村井 仁OKI
(33) - [ポスター講演]素因数分解の統計力学的定式化 中島千尋東北大
(34) - [ポスター講演]量子測定における誤差と擾乱の統計 新居大記ホフマン ホルガ広島大
(35) - [ポスター講演]束縛エンタングルメントを用いたエンタングルメントスワッピング 杉山建大富田章久岡本 淳北大
(36) - [ポスター講演]フィードバック制御による量子系への非線形ダイナミクスの導入 野水清貴富田章久岡本 淳北大
(37) - [ポスター講演]断熱量子計算におけるアドバイスとしての非一様な横磁場 高橋 惇福島孝治東大
(38) - [ポスター講演]位相演算子を用いない光子数と位相の不確定性関係 渡辺圭亮谷村省吾名大
(39) - [ポスター講演]共振器内蔵ナノ光ファイバと量子ドットの結合実験 大江康子上岡俊也阪大)・Andreas Shellフンボルト大)・高島秀聡藤原正澄阪大)・Oliver Bensonフンボルト大)・竹内繁樹阪大
(40) - [ポスター講演]On-chip generation and spatial separation of quantum correlated photon pairs using Si-silica monolithic waveguide platform Peter KarkusNobuyuki MatsudaHidetaka NishiTai TsuchizawaWilliam J. MunroHiroki TakesueKoji YamadaNTT
(41) - [ポスター講演]量子光コヒーレンストモグラフィの高分解能二次元画像実現と分散耐性の実証 永松優一阪大)・岡野真之北大)・田中 陽阪大)・岡本 亮北大)・西澤典彦名大)・竹内繁樹北大
(42) - [ポスター講演]光量子情報応用に向けたSi3N4光導波路の作成と評価 佐川達郎阪大)・岡本 亮岡野真之北大)・石野正章横山士吉九大)・竹内繁樹京大
(43) - [ポスター講演]Squeezing Effect by Post-selection of Single Photon Through Weak Cross Kerr Nonlinearity Fumiaki MatsuokaAkihisa TomitaHokkaido Univ.)・Yutaka ShikanoIMS

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
QIT 量子情報技術研究会(QIT)   [今後の予定はこちら]
問合先  
お知らせ ◎発表申込みとは別に参加申込みが必要です。詳しくはQITのWebをご覧下さい。
http://staff.aist.go.jp/s-kawabata/qit/


Last modified: 2014-04-25 16:32:21


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[QIT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のQIT研究会 / 次のQIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会