お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 鈴木 栄幸 (茨城大)
副委員長 藤原 康宏 (兵庫医科大)
幹事 舟生 日出男 (創価大), 三好 康夫 (高知大)
幹事補佐 大沼 亮 (福島大), 山元 翔 (近畿大)

日時 2020年11月14日(土) 12:10 - 15:00
議題 AI・ロボットによる学習支援/一般 
会場名 オンライン 
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ET研究会)についてはこちらをご覧ください.

  12:00-12:10 委員長挨拶 ( 10分 )
11月14日(土) 午後  ET (1)
12:10 - 13:25
(1) 12:10-12:35 入試方式と歩留率についての研究 ○許 欣・能上慎也(東京理科大)
(2) 12:35-13:00 学生の入試形態と文理傾向、研究室配属間の関連性についての分析 ○李 雅文・能上慎也(東京理科大)
(3) 13:00-13:25 生体情報を用いた学習者の心的状態推定モデル作成に対する教師なしドメイン適応によるラベリングコスト低減の試み ○古澤嘉久・田和辻可昌・松居辰則(早大)
  13:25-13:45 休憩 ( 20分 )
11月14日(土) 午後  ET (2)
13:45 - 15:00
(4) 13:45-14:10 小学校低学年を対象としたプログラミング教育の試行 ~ 小学校授業におけるプログラミング教育のモデル ~ ○神谷勇毅(鈴鹿大短大部)
(5) 14:10-14:35 香川大学における数理・データサイエンス教育の学習効果に関する検討 ○藤澤修平・林 敏浩・後藤田 中(香川大)・高田 能・羽鳥祐貴・芝谷康平(ベネッセ)
(6) 14:35-15:00 第二言語習得理論に基づくインプット促進のための英文読解支援 ○渡邊正人・長尾正太郎・菅原 俊・金岡利知(京セラ)
  15:00-15:10 開催担当挨拶 ( 10分 )

講演時間
一般講演発表 17 分 + 質疑応答 7 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 舟生 日出男 (創価大学)
E-: oiugu 
お知らせ ◎第1著者として、1回の研究会で1件まで発表できます。
◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は認めておりませんのでご注意ください。
◎原稿は、4ページ、または6ページで作成してください。
◎本研究会の取り組みについては、教育工学研究会ホームページ(http://www.ieice.org/iss/et/)もご覧ください。
◎当日の発表時間は、進捗により多少ずれることがあります。予めお含みおき下さい。


Last modified: 2020-09-09 09:21:36


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会