お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 渡邉 均 (東京理科大)
副委員長 木村 光宏 (法政大)
幹事 馬渡 宏泰 (NTT), 田村 信幸 (防衛大)
幹事補佐 安里 彰 (富士通), 岡村 寛之 (広島大), マラット ザニケエフ (東京理科大)

日時 2011年 7月29日(金) 13:10 - 16:40
議題 ソフトウェアの信頼性,信頼性一般 
会場名 根室グランドホテル 
住所 〒087-0028 根室市大正町2-2
交通案内 http://www.nemuro.co.jp/google_map.html
会場世話人
連絡先
防衛大学校 田村信幸
他の共催 ◆IEEE Reliability Society Japan Chapter共催 日本信頼性学会協賛
お知らせ ◎当日の午前中には見学会を,研究会終了後は懇親会を
予定しておりますので,是非ご参加下さい.

7月29日(金) 午後 
13:10 - 16:40
(1) 13:10-13:35 待ち行列理論に基づいた離散時間ソフトウェア信頼性モデルに関する考察 ○井上真二・山田 茂(鳥取大)
(2) 13:35-14:00 A Note on Operational Software Reliability Modeling with Systemability ○Koichi Tokuno・Shigeru Yamada(Tottori Univ.)
(3) 14:00-14:25 確率的デュアルクォーラムの一貫性解析 ○福本 聡・新井雅之(首都大東京)
(4) 14:25-14:50 爆薬に対する落槌感度試験における臨界ストレス値の浸透理論に基づく推定モデル ○木村光宏(法政大)・福本 聡(首都大東京)
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
(5) 15:00-15:25 基本サービスシステムの信頼度とアベイラビリティの検討 ○益田昭彦(帝京科学大)
(6) 15:25-15:50 SAを用いた多状態連続型k-out-of-n:Fシステム最適配置問題の解法 ○新行内康慈(十文字学園女子大)・山本久志(首都大東京)・山地秀美(日本工大)
(7) 15:50-16:15 ベイジアンネットワークを用いたダイナミックフォルトツリー解析 ○弓削哲史・田村信幸・柳 繁(防衛大)
(8) 16:15-16:40 インクリメンタルガーベジコレクション手法によるメジャーガベージコレクションの最適方策 ○中村正治(金城学院大)・趙 旭峰・中川覃夫(愛知工大)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 田村信幸(防衛大学校)
TEL 046-841-3810 (内線:3332)
FAX 046-844-5903
E-: n 


Last modified: 2011-05-24 11:55:17


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会