お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 赤倉 貴子 (東京理科大)
副委員長 小西 達裕 (静岡大)
幹事 國宗 永佳 (信州大), 光原 弘幸 (徳島大)
幹事補佐 東本 崇仁 (東京理科大), 森本 容介 (放送大)

{INFOMESITEM}
日時 2013年 9月28日(土) 10:00 - 16:45
議題 学習支援システムの新展開/一般 
会場名 広島大学(東広島キャンパス)教育学部L棟1階 L102室(A会場)・L104室(B会場) 
住所 〒739-8511 東広島市鏡山1-1-1
交通案内 広大北口バス停より徒歩5分(広大中央口バス停からは徒歩10分)
http://www.hiroshima-u.ac.jp/top/access/higashihiroshima/
会場世話人
連絡先
大学院教育学研究科 渡辺健次
082-424-7155
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛
お知らせ ◎研究会当日は土曜日なので、新幹線東広島駅と広島大学間の路線バスは運休です。タクシーを利用すると3000円前後かかります。ご注意ください。
◎研究会終了後、懇親会の開催を予定しております。発表者の方へは追って詳細をご連絡いたします。その他の方は、このページ下部の問合先までお問い合わせください。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

9月28日(土) 午前  A(L102)
座長: 曽我真人(和歌山大)
10:00 - 11:50
  10:00-10:05 委員長あいさつ ( 5分 )
  10:05-10:10 会場移動 ( 5分 )
(1) 10:10-10:35 「QRコード」及び「FeliCa Liteカード/シール」を利用したデジタル教材の簡易表示システムの開発 ET2013-28 榎本 聡国立教育政策研
(2) 10:35-11:00 ARとHMDを用いた実世界Edutainmentシステム ET2013-29 光原弘幸岩間智視角川隆英徳島大)・田中一基近畿大
(3) 11:00-11:25 Methods and Algorithms for Automatic Slicing of Screen Capture Video using Slide PDFs ET2013-30 Marat ZhanikeevHiroshi KoideKyushu Inst. of Tech.
(4) 11:25-11:50 オンライン配布資料へのノート機能自動付与システムの試作と活用 ET2013-31 星野裕樹谷村 祐西村広光示野浩士納富一宏神奈川工科大
9月28日(土) 午前  B(L104)
座長: 新村正明(信州大)
10:10 - 11:50
(5) 10:10-10:35 練習問題レコメンドエンジンの効果分析 ET2013-32 飯高敏和熊本学園大
(6) 10:35-11:00 Hybrid-P2P技術を活用した研究室内資料共有システムにおけるインデックスサーバ登録時のキーワード自動付与機能の開発 ET2013-33 管納雅人井口信和近畿大
(7) 11:00-11:25 Web調べ学習における課題展開の示唆方法とその有効性 ET2013-34 木下恵太柏原昭博電通大
(8) 11:25-11:50 E-learningガイドエージェントの姿勢変更による学習への引き込み効果の測定 ET2013-35 長谷川 大佐久田博司青学大
  11:50-13:00 休憩 ( 70分 )
9月28日(土) 午後  1A(L102)
座長: 國宗永佳(信州大)
13:00 - 14:40
(9) 13:00-13:25 利き手側動作を手本として非利き側動作の学習支援を行うための左右差の分析 ET2013-36 廣田一樹曽我真人瀧 寛和和歌山大
(10) 13:25-13:50 楽曲演奏行為を伴う和声学における基本位置3和音配置課題学習 ~ 学習の方法と流れの詳細化 ~ ET2013-37 野口佳葉松原行宏岡本 勝広島市大
(11) 13:50-14:15 書字困難児を対象とした漢字手書き学習支援システムの開発と小学校での実践 ET2013-38 井上朋美中村理美中島範子園田貴章田中久治佐賀大)・渡辺健次広島大)・岡崎泰久佐賀大
(12) 14:15-14:40 特別支援学校向け学習支援アプリの開発 ET2013-39 藤澤義範伊藤祥一清水省吾長野高専
9月28日(土) 午後  1B(L104)
座長: 東本崇仁(東京理科大)
13:00 - 14:40
(13) 13:00-13:25 力学モデルの直観的理解と設計知識の相関 ET2013-40 佐久田博司・○長谷川 大青学大
(14) 13:25-13:50 IPネットワーク構築演習支援システムの自動採点機能の開発 ET2013-41 北澤友基井口信和近畿大
(15) 13:50-14:15 タブレット端末を用いた学習評価システムの開発 ~ 学習評価の計画・実施に与える影響 ~ ET2013-42 三浦利仁谷田親彦広島大
  - 発表キャンセル
  14:40-14:55 休憩 ( 15分 )
9月28日(土) 午後  2A(L102)
座長: 小西達裕(静岡大)
14:55 - 16:45
(16) 14:55-15:20 アルゴリズム的思考法教育を支援するビジュアルプログラミング環境の運用と評価 ET2013-44 小林 慶國宗永佳信州大)・山本 樹尚美学園大)・香山瑞恵新村正明信州大
(17) 15:20-15:45 アルゴリズムの学習におけるノートリビルディングシステムの実践 ET2013-45 東本崇仁東京理科大)・平嶋 宗広島大
(18) 15:45-16:10 プレゼンテーションドキュメント診断支援システムの開発 ET2013-46 柴田康生柏原昭博電通大)・長谷川 忍北陸先端大
  - 発表キャンセル
  16:35-16:40 休憩 ( 5分 )
  16:40-16:45 会場世話人あいさつ ( 5分 )
9月28日(土) 午後  2B(L104)
座長: 光原弘幸(徳島大)
14:55 - 16:35
(19) 14:55-15:20 ニンテンドーDSを用いた大学生の英語学習に関する一考察 ET2013-47 伴 浩美福井工大)・皆川 順山陽学園短大
(20) 15:20-15:45 学習者のレベルと特性に応じた学習コースを備えた日本語発音学習システムの開発 ~ 音声認識による発音自動評価の実現 ~ ET2013-48 松永 悟田中久治佐賀大)・渡辺健次広島大)・岡崎泰久佐賀大
(21) 15:45-16:10 携帯端末を用いた対話型日本語学習支援システムの開発 ET2013-49 豊田真也田中久治佐賀大)・渡辺健次広島大)・岡崎泰久佐賀大
(22) 16:10-16:35 Relationism-Firstで文理融合へ向かうBlended Learningの一局面 ~ 個から関係態へ移りゆく時間像と共に ~ ET2013-50 藤田幸史尾道市大)・太田光雄広島大名誉教授)・生田 顕県立広島大)・河尻義孝日の丸産業
  16:35-16:40 会場移動 ( 5分 )

その他(原稿あり)
顔画像認識によるユーザ選択機能を実装した相互評価システムの実装と評価 (講演なし) ET2013-43 山下 淳筑波大)・加藤 浩放送大)・葛岡英明筑波大)・鈴木栄幸茨城大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 國宗 永佳(信州大)
TEL 026-269-5502,FAX 026-269-5502
E-: nshu-u 
お知らせ ◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は認めていませんのでご注意ください。
◎研究会後に懇親会の開催を予定しております。発表者の方へは追って詳細をご連絡いたします。その他の方は、上記の問合先までお問い合わせください。


Last modified: 2013-09-28 10:15:26


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会