電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のIT研究会 / 次のIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報理論研究会(IT) [schedule] [select]
専門委員長 竹内 純一 (九大)
副委員長 大濱 靖匡 (電通大)
幹事 野村 亮 (専修大), 日下 卓也 (岡山大)
幹事補佐 井坂 元彦 (関西学院大)

日時 2013年 7月25日(木) 13:00 - 17:50
2013年 7月26日(金) 09:45 - 17:00
議題 フレッシュマンセッション,一般 
会場名 早稲田大学西早稲田キャンパス 55号館 S棟2階 第3会議室 
住所 〒169-8555 新宿区大久保3-4-1
交通案内 副都心線 西早稲田駅に直結, 山手線 西武新宿線 高田馬場駅から徒歩15分
http://www.waseda.jp/jp/campus/nishiwaseda.html
会場世話人
連絡先
メディアネットワークセンター助教 須子統太
03-5286-3301
他の共催 ◆IEEE IT Society Japan Chapter共催

7月25日(木) 午後  フレッシュマンセッション
座長: 小嶋徹也(東京高専)
13:00 - 14:15
(1) 13:00-13:25 DST基底によるLOTを用いた相関型電子透かし方式に関する一検討 中村星太小田 弘電通大
(2) 13:25-13:50 コスト付き符号化を用いたステガノグラフィ 合田 翔渡辺 峻松本和幸吉田 稔北 研二徳島大
(3) 13:50-14:15 強ユニバーサルハッシュ関数族に基づく新しい同定符号 上田真士山本博資東大
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
7月25日(木) 午後  フレッシュマンセッション
座長: 三村和史(広島市立大)
14:30 - 15:20
(4) 14:30-14:55 二元情報源に対する畳語分解を用いたデータ圧縮法 真矢 滋山本博資東大
(5) 14:55-15:20 圧縮センシングにおける制限付等長性を用いた再構成条件の内挿 中嶋信輔川端 勉電通大
  15:20-15:30 休憩 ( 10分 )
7月25日(木) 午後  一般セッション
座長: 八木秀樹(電通大)
15:30 - 16:45
(6) 15:30-15:55 分散情報の安全性を考慮した再生成符号のモデル化とその最適性に関する一検討 吉田隆弘横浜商科大)・地主 創青学大)・松嶋敏泰早大
(7) 15:55-16:20 Methods to Reduce the Rate of Decoding Errors for Digital Watermarking Using an Error Correcting Code Takuya KusakaTetsushi MasunoOkayama Univ.)・Toru FujiwaraOsaka Univ.
(8) 16:20-16:45 Gilbert-Varshamov-type Bound for Relative Dimension Length Profile Ryutaroh MatsumotoTokyo Inst. of Tech.
  16:45-17:00 休憩 ( 15分 )
7月25日(木) 午後  招待講演
座長: 竹内純一(九州大)
17:00 - 17:50
(9) 17:00-17:50 [招待講演]改めてコミュニケーションとは何かを考える 原島 博
7月26日(金) 午前  一般セッション
座長: 葛岡成晃(和歌山大)
09:45 - 11:25
(10) 09:45-10:10 Intrinsic RandomnessのSmooth Renyiエントロピーによる表現について 國松昇平植松友彦松本隆太郎東工大
(11) 10:10-10:35 インバーティブル誤り訂正符号を利用した3D DWTビデオ伝送の誤り耐性強化 大村光徳山嵜彰一郎松嶋智子職能開発大)・田中宏和東芝)・長谷山美紀北大
(12) 10:35-11:00 Java言語におけるプログラム可読性とその幾つかの複雑度との関係に関する一考察 高橋圭一・○戒田高康近畿大
(13) 11:00-11:25 スライディングブロック復号法によるSpinal符号 森島 佑岡 育生阿多信吾阪市大
  11:25-13:20 休憩 ( 115分 )
7月26日(金) 午後  フレッシュマンセッション
座長: 松本隆太郎(東工大)
13:25 - 15:05
(14) 13:25-13:50 ビームスプリッターによって生成された量子エンタングルド状態を用いた量子テレポーテーションの定式化 大倉隆輔渡邉 昇東京理科大
(15) 13:50-14:15 コヒーレント光を制御に用いたFTMゲートの定式化 沖 英幸渡邉 昇東京理科大
(16) 14:15-14:40 4つの基底状態を観測に用いた量子テレポーテーションの定式化について 山内 将渡邉 昇東京理科大
(17) 14:40-15:05 三角格子イジングモデルにおける量子論理ゲートの定式化 金野文人渡邉 昇東京理科大
  15:05-15:20 休憩 ( 15分 )
7月26日(金) 午後  フレッシュマンセッション
座長: 小林学(湘南工科大)
15:20 - 17:00
(18) 15:20-15:45 順序つき確率変数列に対する符号化の性能解析 出口佳奈井坂元彦関西学院大
(19) 15:45-16:10 双対符号を用いた高符号化率パンクチャド畳込み符号の構成に関する一考察(II) 菊地加奈守屋 宣笹野 博近畿大
(20) 16:10-16:35 巡回符号の構造を用いた最小ペア距離を求める方法 杉本卓也神戸大)・廣友雅徳佐賀大)・森井昌克神戸大
(21) 16:35-17:00 受信フレーム毎の信頼度に基づく尤度計算を用いたGeneralized Hybrid ARQ方式 和田致知中村 誠鳥井秀幸神奈川工科大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IT 情報理論研究会(IT)   [今後の予定はこちら]
問合先 情報理論研究会幹事
E-:it-c(幹事、幹事補佐)
.
野村亮(専修大)
日下卓也(岡山大)
井坂元彦 (関西学院大) 


Last modified: 2013-07-12 14:56:28


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIT研究会 / 次のIT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会