AMT研TOPに戻る

AMT研発表リスト

予稿集は研究会実施日のみ販売しております. 2013年度までの予稿につきましてはAMT研アーカイブ(有償)をお求め下さい.

2014年度

  1. 黒川 悟, 廣瀬 雅信, 鳥羽 良和, 飴谷 充隆, 広帯域光源光電界センサシステムを用いたアンテナ計測, AMT2014-1, pp.1-6, 2014年4月.
  2. 齋藤 公利, 本間 尚樹, 陳 強, 負荷変調を用いたMIMOアンテナの複素指向性の推定法, AMT2014-2, pp.7-11, 2014年4月.
  3. 仁科 文化, 陳 強, 変調波源の波源位置推定法の数値解析, AMT2014-3, pp.12-15, 2014年4月.
  4. 稲垣 直樹, 長屋 拓見, 奥村 康行, 藤井 勝之, 田端 隆伸, 堀 智, 電磁誘導電力伝送用フェライトシートの透磁率簡易評価法, AMT2014-4, pp.16-21, 2014年4月.
  5. 上杉 将, 石井 望, 可動短絡を用いた可逆2ポート回路網のSパラメータ推定法の基礎検討, AMT2014-5, pp.1-7, 2014年6月.
  6. 石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一, 位相中心を考慮した液剤中動作アンテナの遠方界利得推定, AMT2014-6, pp.8-14, 2014年6月.
  7. 黒川 悟, 廣瀬 雅信, 時間周波数解析を用いたログペリオディックアンテナの自己校正法, AMT2014-7, pp.15-18, 2014年6月.
  8. 大橋 絵理子, 新井 宏之, 一次元電流分布を用いたアレーアンテナの指向性推定に関する検討, AMT2014-8, pp.19-24, 2014年6月.
  9. 大見 峻太郎, 宇野 亨, 有馬 卓司, 藤井 孝郎, FMMに基づいた近傍界・遠方界変換を用いた平面走査による散乱断面積の測定, AMT2014-9, pp.25-28, 2014年6月.
  10. 廣瀬 雅信, 中野 雅之, 飴谷 充隆, 黒川 悟, 円周上近傍界測定による基地局アンテナパターン測定(1) ~ Kim法,近傍界測定法,遠方界測定法との比較 ~, AMT2014-10, pp.29-34, 2014年6月.
  11. グエン トゥワン ハン, 森下 久, 光電界センサを用いた携帯端末用小形アンテナの三次元放射パターン測定の一検討, AMT2014-11, pp.35-38, 2014年6月.
  12. 大橋 絵理子, 新井 宏之, 一次元電流分布を用いたアレーアンテナの指向性推定および利得に関する検討, AMT2014-12, pp.1-6, 2014年12月.
  13. 齋田 祐介, 伊藤 敦, 道下 尚文, 森下 久, 飴谷 充隆, 廣瀬 雅信, 黒川 悟, 半球地板上低周波帯逆Fアンテナに関する検討, AMT2014-13, pp.7-12, 2014年12月.
  14. 石井 望, 張間 勝茂, 浜田 リラ, 渡辺 聡一, 位相中心を考慮した液剤中アンテナの遠方界利得推定に関する一考察, AMT2014-14, pp.13-18, 2014年12月.
  15. 黒川 悟, 廣瀬 雅信, 飴谷 充隆, バイログアンテナの自由空間アンテナ係数校正の不確かさ解析, AMT2014-15, pp.19-23, 2014年12月.
  16. 柳 崇, 深沢 徹, 宮下 裕章, 安部 淳一, 田辺 智子, 矢野 知孝, 井上 直明, 吉田 暁, 光ファイバーを用いた真空遮断器内伝搬特性測定の高精度化,AMT2014-16, pp.24-27, 2014年12月.
  17. 笹森 崇行, 遠藤 和麻, 戸花 照雄, 礒田 陽次, マイクロストリップ線路によるSパラメータ法用ジグの検討(その4), AMT2014-17, pp.28-31, 2014年12月.

2013年度

  1. 黒川 悟, 廣瀬 雅信, 飴谷 充隆, EMI測定用バイコニカルアンテナの遠方界利得推定 ~ 時間周波数解析、位相中心用いた利得推定比較 ~, AMT2013-1, pp.1-6, 2013年5月.
  2. Hai Liu, Jie Chen, Motoyuki Sato, Measurement of the phase center of UWB antennas for calibration of ground penetrating radar systems, AMT2013-2, pp.7-13, 2013年5月.
  3. 千坂 忠司, 道下 尚文, 山田 吉英, RCS測定用送受信ホーンの相互結合低減法, AMT2013-3, pp.13-16, 2013年5月.
  4. 新井 宏之, 井口 広大, バラン特性と指向性測定への影響, AMT2013-4, pp.17-20, 2013年5月.
  5. 河村 尚志, 大谷 昭仁, 100GHz超帯チューナブルフィルタの低損失部分透過鏡の検討, AMT2013-5, pp.21-25, 2013年5月.
  6. 笹森 崇行, 戸花 照雄, 礒田 陽次, マイクロストリップ線路によるSパラメータ法用ジグの検討(その3), AMT2013-6, pp.26-31, 2013年5月.
  7. 石井 望, 平衡給電された非対称アンテナへの平衡・不平衡モード分析の拡張, AMT2013-7, pp.32-39, 2013年5月.
  8. 石井 望, 平衡線路で給電された様々な線状アンテナに対する平衡・不平衡モード分析, PEM2013-9/AMT2013-8, pp.1-6, 2013年10月.
  9. 黒川 悟, 鳥羽 良和, 廣瀬 雅信, 飴谷 充隆, 簡易型光ファイバリンクモジュールを用いたEMI測定用アンテナ特性測定, PEM2013-10/AMT2013-9, pp.7-12, 2013年10月.
  10. 西本 研悟, 原口 英介, 安藤 俊行, 深沢 徹, 宮下 裕章, アンテナ測定の高精度化のための小形PDモジュール, PEM2013-11/AMT2013-10, pp.13-17, 2013年10月.
  11. [チュートリアル講演]陳 強, 阿部 寛人, 電気光学効果を利用した電磁界センサーにおけるアンテナの設計法, PEM2013-12/AMT2013-11, pp.19-24, 2013年10月.
  12. 河村 暁子, 岡田 国雄, 森岡 和行, 二ッ森 俊一, 米本 成人, 滑走路上障害物検知用光ファイバー接続ミリ波レーダー, AMT2013-12/PEM2013-13, pp.1-5, 2013年12月.
  13. 村田 博司, Yusuf Nur Wijayanto, 岡村 康行, 微小なギャップを付けたパッチアンテナを用いた電気光学変調器, AMT2013-13/PEM2013-14, pp.6-11, 2013年12月.
  14. 鍵山 憲幸, 齋田 祐介, 伊藤 敦, 森下 久, 飴谷 充隆, 廣瀬 雅信, 黒川 悟, 150MHz/2.4GHz帯共用防災用ヘルメットアンテナに関する検討, AMT2013-14/PEM2013-15, pp.12-17, 2013年12月.
  15. 井口 裕文, 石井 望, モーメント法における特性モード展開による非対称給電された線状アンテナのモード分析, AMT2013-15/PEM2013-16, pp.18-25, 2013年12月.
  16. 大橋 絵理子, 新井 宏之, 球面座標系におけるPhase Retrieval法を用いた遠方界推定およびサンプリング法に関する検討, AMT2013-16/PEM2013-17, pp.26-31, 2013年12月.
  17. 笹森 崇行, 戸花 照雄, 礒田 陽次, 開放端部のインピーダンスを考慮した開放端補正によるSパラメータ法の測定精度改善, AMT2013-17/PEM2013-18, pp.32-37, 2013年12月.
  18. 黒川 悟, 廣瀬 雅信, EMI測定用超広帯域アンテナの近距離での遠方界アンテナ係数測定の実験的検討, AMT2013-18/PEM2013-19, pp.38-41, 2013年12月.
  19. 千坂 忠司, 道下 尚文, 山田 吉英, 飛行機模型を用いたRCSの計算値と測定結果, AMT2013-19/PEM2013-20, pp.42-46, 2013年12月.
  20. 飴谷 充隆, 黒川 悟, 加藤 悠人, 堀部 雅弘, Wバンド帯誘電率測定用レンズアンテナの特性評価, AMT2013-20/PEM2013-21, pp.47-54, 2013年12月.

2012年度

  1. 柳 崇, 深沢 徹, 宮下 裕章, 小西 善彦, Sパラメータ法を用いた小形無線端末上複数素子アンテナのインピーダンス特性およびアンテナ間相互結合の測定, AMT2012-1, pp.1-6, 2012年6月.
  2. 廣瀬 雅信, 飴谷 充隆, 黒川 悟, 位相中心を用いた近傍界利得と遠方界利得の関係の理論的検討, AMT2012-2, pp.7-14, 2012年6月.
  3. 張間 勝茂, 110GHz超のミリ波帯角錐ホーンの利得決定, AMT2012-3, pp.15-20, 2012年6月.
  4. 萩原 賢治, 新井 宏之, 泉 誠一, 田中 稔泰, ビーム走査型EMI測定用アンテナに関する検討, AMT2012-4, pp.21-24, 2012年6月.
  5. 黒川 悟, 廣瀬 雅信, ログペリオディックアンテナの短時間フーリエ変換を用いたアンテナ利得推定, AMT2012-5, pp.25-28, 2012年6月.
  6. 落山 啓太, 道下 尚文, 山田 吉英, 新井 宏之, 田中 稔泰, 広帯域固体ファントムを用いた簡易SAR測定法, AMT2012-6, pp.29-33, 2012年6月.
  7. 鍵山 憲幸, 伊藤 敦, 森下 久, 飴谷 充隆, 廣瀬 雅信, 黒川 悟, 150MHz/2.4GHz帯共用防災ヘルメットアンテナの放射特性, AMT2012-7, pp.1-6, 2012年12月.
  8. 菅 良太郎, 齊藤 一幸, 高橋 応明, 井之上 瑞紀, 伊藤 公一, HF帯における生体等価ファントムの電気定数測定に関する基礎検討, AMT2012-8, pp.7-10, 2012年12月.
  9. 早川 準起, 石井 望, 平衡型ダイポールアンテナにおける平衡・不平衡モード分析, AMT2012-9, pp.11-16, 2012年12月.
  10. 笹森 崇行, 中村 紳吾, 戸花 照雄, 礒田 陽次, マイクロストリップ線路によるSパラメータ法用ジグの検討(その2), AMT2012-10, pp.17-22, 2012年12月.
  11. 浅井 威郎, 新井 宏之, 光プローブを用いた小形無線端末用アンテナの指向性測定, AMT2012-11, pp.23-28, 2012年12月.
  12. 黒川 悟, 廣瀬 雅信, 飴谷 充隆, 時間周波数解析を用いた広帯域アンテナのアンテナ利得測定, AMT2012-12, pp.29-32, 2012年12月.
  13. 張間 勝茂, 簡単なマルチパスモデルによる反射箱の電界均一性評価, AMT2012-13, pp.33-36, 2012年12月.
  14. 高橋 行隆, 佐藤 啓介, 大島 一郎, 天野 良晃, 北藪 透, 中野 雅之, 移動通信基地局用アクティブアレーアンテナの送信性能測定方法に関する検討, AMT2012-14, pp.37-42, 2012年12月.
  15. 西森 健太郎, 堅岡 良知, 牧野 秀夫, チャネルサウンディングと伝送特性を評価可能なMIMO装置, AMT2012-15, pp.43-48, 2012年12月.
  16. 天野 良晃, 中野 雅之, 山口 明, MIMOフェージングエミュレータのプローブ数削減に関する一検討, AMT2012-16, pp.49-53, 2012年12月.

2011年度(旧ACT研)

  1. 新井 宏之, 小形ログペリアンテナの検討, 信学技報 ACT2011-1, pp.1-4, 2011年9月.
  2. 落山 啓太, 道下 尚文, 山田 吉英, 新井 宏之, 田中 稔泰, 簡易局所SAR測定用の電波吸収体を用いた広帯域軽量ファントム, 信学技報 ACT2011-2, pp.5-12, 2011年9月.
  3. グェン トゥワン ハン, 森下 久, 小柳 芳雄, 泉井 一浩, 西脇 眞二, PSOを用いたWiMAX用U字型折返しダイポールアンテナにおける多目的最適化の検討, 信学技報 ACT2011-3, p.13-18, 2011年9月.
  4. 深沢 徹, 宮下 裕章, 小西 善彦, Sパラメータ法による小形無線端末上のアンテナの動作利得測定, 信学技報 ACT2011-4, pp.19-24, 2011年9月.
  5. 小宮 一公, 山口 良, 合成開口型波源による定在波を考慮した利得測定法, 信学技報 ACT2011-5, pp.25-28, 2011年9月.
  6. 佐藤 啓介, 偏波共用プローブを用いた一次元近傍界測定による指向性測定精度の検討, 信学技報 ACT2011-6, pp.29-34, 2011年9月.
  7. 黒川 悟, 林 大介, 荒田 慎太郎, 廣瀬 雅信, 飴谷 充隆, 光ファイバリンク高ダイナミックレンジアンテナ測定システム, 信学技報 ACT2011-7, pp.35-39, 2011年9月.
  8. 中尾 拓磨, シモン コンテット, グェン トゥワン・ハン, 永利 美緒, 森下 久, 防災用ヘルメットアンテナの基礎検討, 信学技報 ACT2011-8, pp.1-6, 2011年12月.
  9. 有馬 卓司, 宇野 亨, Wheeler法を用いた全身に吸収されるSAR測定法の有効性に関する検討, 信学技報 ACT2011-9, pp.7-10, 2011年12月.
  10. 落山 啓太, 道下 尚文, 山田 吉英, 新井 宏之, 田中 稔泰, 広帯域電波吸収体ファントムを用いた携帯端末用アンテナの局所SAR測定, 信学技報 ACT2011-10, pp.11-14, 2011年12月.
  11. 山口 良, 小宮 一公, 短い基準アンテナを用いた基地局アンテナ利得測定における精度改善, 信学技報 ACT2011-11, pp.15-18, 2011年12月.
  12. 飴谷 充隆, 黒川 悟, 廣瀬 雅信, マッハツェンダー型LN変調器を用いたミリ波発生による標準ホーンアンテナの放射パターン測定, 信学技報 ACT2011-12, pp.19-24, 2011年12月.
  13. 久我 宣裕, アンテナシステムにおける相互変調ひずみ測定, 信学技報 ACT2011-13, pp.25-28, 2011年12月.
  14. 笹岡秀一,これからの無線通信技術に向けた無線端末試験法の課題, 信学技報 ACT2011-14, pp.1-14, 2012年2月.
  15. 新井 宏之,無線端末用アンテナ測定技術の現状と課題, 信学技報 ACT2011-15, pp.15-26, 2012年2月.
  16. 杉浦 行:アンテナ校正の課題と国際規格化, 信学技報 ACT2011-16, pp.27-42, 2012年2月.
  17. 松本 泰:一体型無線通信端末の通信性能評価における課題, 信学技報 ACT2011-17, pp.43-54, 2012年2月.

2010年度(旧ACT研)

  1. 小松崎 暁彦, 新井 宏之, ホーンアンテナの近傍電磁界特性について, 信学技報 ACT2010-1, pp.1-4, 2010年7月.
  2. 陳 強, 佐山 稔貴, 澤谷 邦男, 変調波源からの放射界の測定・評価法についての検討, 信学技報 ACT2010-2, pp.5-10, 2010年7月.
  3. 山口 良, 小宮 一公, 長 敬三, 合成開口波源を用いた遠方界測定法における対向アンテナ指向性の影響, 信学技報 ACT2010-3, pp.11-14, 2010年7月.
  4. 石井 望, アンテナ一体型無線端末に関する全放射電力測定法の比較, 信学技報 ACT2010-4, pp.15-22, 2010年7月.
  5. カルリサ プリアンダナ, ミル ゴライシ, 高田 潤一, 飴谷 充隆, 黒川 悟, 廣瀬 雅信, Analysis of the Influence of Element Position-Error on the Beam-Pattern of Synthetic Cylindrical Array, 信学技報 ACT2010-5, pp.23-28, 2010年7月.
  6. 堀部 雅弘, 信太 正明, EMC試験機器校正を目指した高周波インピーダンス標準の開発, 信学技報 ACT2010-6, pp.29- 34, 2010年7月.
  7. 飴谷 充隆, 黒川 悟, 渡辺 育夫, 山口 未来斗, 蓮見 亮一, SVSWR自動測定装置を用いたターンテーブル全エリアのSVSWR評価, 信学技報 ACT2010-7, pp.35-40, 2010年7月.
  8. 黒川 悟, 飴谷 充隆, 廣瀬 雅信, バイコニカルアンテナの自由空間アンテナ係数とその測定不確かさ, 信学技報 ACT2010-8, pp.1-6, 2010年12月.
  9. 飴谷 充隆, 廣瀬 雅信, 黒川 悟, 3アンテナ外挿法を用いたVバンド標準ゲインホーンアンテナ校正システムの不確かさ評価, 信学技報 ACT2010-9, pp.7-12, 2010年12月.
  10. 小林 陽平, 田邉 皓紀, 石井 望, ハイブリッド結合器を用いた伝送測定による任意の反射係数測定の原理について, 信学技報 ACT2010-10, pp.13-18, 2010年12月.
  11. 深沢 徹, 宮下 裕章, 小西 善彦, Sパラメータ法を用いた小形無線端末上アンテナの放射パターン測定, 信学技報 ACT2010-11, pp.19-26, 2010年12月.
  12. 大越 祐輔, 渡邉 裕樹, 前山 利幸, 60度間隔の3平面総合無線性能測定の適用範囲についての検討, 信学技報 ACT2010-12, pp.27-32, 2010年12月.
  13. 河村 尚志, 山本 綾, 佐久間 徹, 名古 康彦, 手代木 扶, 斎藤 博治, 張間 勝茂, 杉山 功, 小形無線端末の各種TRP測定法の比較 ~ 3D積分法、反射箱法、楕円鏡結合器法 ~, 信学技報 ACT2010-13, pp.33-40, 2010年12月.
  14. 渡部 旦, 道下 尚文, 山田 吉英, 新井 宏之, 田中 稔泰, 電界プローブ埋め込み軽量ファントムによる簡易局所SAR測定法, 信学技報 ACT2010-14, pp.41-48, 2010年12月.
  15. 有馬 卓司, 今村 崇志, 宇野 亨, Wheeler法を用いた全身に吸収されるSARの測定, 信学技報 ACT2010-15, pp.49-52, 2010年12月.

2009年度(旧ACT研)

  1. 荒川 悟, 論手 素直, 大塚 尚宏, 内野 政治, 多チャンネルAPD測定試作装置の基本特性とAPD表示法について, 信学技報 ACT2009-1, pp.1-6, 2009年6月.
  2. 飴谷 充隆, Pietro Vinetti, 廣瀬 雅信, 黒川 悟, Giuseppe D'elia, Amedeo Capozzoli, Angelo Liseno, Claudio Curcio, 扁長回転楕円体波動関数を用いたフェーズレス近傍界アンテナ測定, 信学技報 ACT2009-2, pp.7-14, 2009年6月.
  3. 河村 尚志, 山本 綾, 佐久間 徹, 木村 幸泰, 名古 康彦, 手代木 扶, 楕円鏡結合器を用いた小形無線端末の全放射電力測定法(その2), 信学技報 ACT2009-3, pp.15-22, 2009年6月.
  4. 石井 望, 等スペース点法を利用したアンテナ一体型無線端末による全放射電力の評価, 信学技報 ACT2009-4, pp.23-28, 2009年6月.
  5. 斎藤 博治, 渡辺 忠博, 杉浦 行, 山中 幸雄, 位相補償を用いる無線設備放射電力測定の検討, 信学技報 ACT2009-5, pp.29-35, 2009年6月.
  6. 布施 匡章, 関谷 仁志, 内野 政治, 分波合成手法による広帯域変調波の高ダイナミックレンジ測定に関する検討, 信学技報 ACT2009-6, pp.1-5, 2009年9月.
  7. 河村 尚志, 山本 綾, 佐久間 徹, 木村 幸泰, 名古 康彦, 手代木 扶, 楕円鏡結合器を用いた小形無線端末の全放射電力測定法(その3) ~ 可変整合器による結合度の改善 ~, 信学技報 ACT2009-7, pp.6-13, 2009年9月.
  8. 斎藤 博治, 渡辺 忠博, 杉浦 行, 祝迫 光廣, 位相補償を用いる無線設備放射電力測定の検討Ⅱ ~ EUT台の材料と位相基準アンテナの影響 ~, 信学技報 ACT2009-8, pp.14-20, 2009年9月.
  9. 黒川 悟, 飴谷 充隆, 廣瀬 雅信, EMI測定結果の光デバイスとネットワークアナライザによるタイムドメイン評価, 信学技報 ACT2009-9, pp.21-26, 2009年9月.
  10. チャカロタイ ジェドヴィスノプ, 井上 智博, 甄 源, 陳 強, 澤谷 邦男, 改良SPM法による複数コヒーレント波源上の電流分布推定, 信学技報 ACT2009-10, pp.1-8, 2009年11月.
  11. 渡邉 裕樹, 前山 利幸, 天野 良晃, 中野 雅之, 携帯電話機を対象とする総合無線性能の簡易測定, 信学技報 ACT2009-11, pp.9-13, 2009年11月.
  12. 新井 宏之, 塚本 光啓, 軽量ファントムとフィールドシミュレータによる小形端末機器の放射電力, 信学技報 ACT2009-12, pp.14-17, 2009年11月.
  13. 黒川 悟, 廣瀬 雅信, 永利 美緒, 森下 久, オープンサイトでのバイコニカルアンテナの自由空間アンテナ係数推定 ~ アンテナ地上高を8mとした場合 ~, 信学技報 ACT2009-13, pp.18-22, 2009年11月.
  14. 小見山 耕司, わが国の国家計量機関(NMIJ)における電磁波計測標準の現状と将来 (Invited Talk), 信学技報 ACT2009-14, pp.23-28, 2009年11月.
  15. 渡部 旦, 道下 尚文, 山田 吉英, 軽量人体ファントムを用いた簡易SAR測定法, 信学技報 ACT2009-15, pp.1-8, 2010年2月.
  16. 原本 欽朗, 小林 丈士, 西野 義典, 五十嵐 美穂子, リアルタイムアナライザを用いた雑音端子電圧測定, 信学技報 ACT2009-16, pp.9-12, 2010年2月.
  17. 杉浦 行, V/UHF帯測定用アンテナの較正法に関するCISPR規格化, 信学技報 ACT2009-17, pp.13-16, 2010年2月.
  18. 吉田 真由美, 新井 宏之, 一般化螺旋点法による全放射電力測定, 信学技報 ACT2009-18, pp.17-20, 2010年2月.
  19. 後藤 薫, 松本 泰, FFT型多周波APD測定装置の開発と応用, 信学技報 ACT2009-19, pp.21-26, 2010年2月.

2008年度(旧ACT研)

  1. 後藤 尚久, [招待講演]測定技術と日本の国際競争力, 信学技報 ACT2008-1, pp.1-10, 2008年7月.
  2. 杉浦 行, [招待講演]無線設備の試験と測定設備, 信学技報 ACT2008-2, pp.11-18, 2008年7月.
  3. 笹岡 秀一, [招待講演]無線設備試験認証技術の現状と展望, 信学技報 ACT2008-3, pp.19-23, 2008年7月.
  4. 後藤 仁, [招待講演]WiMAX, 信学技報 ACT2008-4, pp.24-34, 2008年7月.
  5. 山口 良, [招待講演]携帯電話システムにおける電波測定技術, 信学技報 ACT2008-5, pp.35-48, 2008年7月.
  6. 張間 勝茂, 杉山 功, 山中 幸雄, 反射箱の電界分布特性と応用測定, 信学技報 ACT2008-6, pp.1-8, 2008年9月.
  7. 廣瀬 雅信, 黒川 悟, 光マイクロ波技術による一体化延長ポートの特性 ~光ファイバ伝送による高周波Full 2-port校正の実現~, 信学技報 ACT2008-7, pp.9-12, 2008年9月.
  8. 黒川 悟, 廣瀬 雅信, 永利 美緒, 森下 久, タイムドメインとパルス圧縮によるEMI用広帯域アンテナのアンテナ係数測定法, 信学技報 ACT2008-8, pp.13-18, 2008年9月.
  9. 水上 透, 陳 強, 澤谷 邦男, 変調プローブアレーを用いた電磁界の位相の測定法, 信学技報 ACT2008-9, pp.19-25, 2008年9月.
  10. 須田 保, 和田 武尚, アクティブ集積アンテナの近傍界測定による評価方法の検討, 信学技報 ACT2008-10, pp.26-30, 2008年9月.
  11. 塚本 光啓, 新井 宏之, フィールドシミュレータを用いた端末機の放射電力測定, 信学技報 ACT2008-11, pp.31-36, 2008年9月.
  12. 嚴 槿宣, 嘉藤 明子, 新井 宏之, シート状導波路を用いた携帯電話の放射電力測定, 信学技報 ACT2008-12, pp.1-5, 2008年12月.
  13. 渡辺 忠博, 中島 恭一, 重野 誉敬, 新井 宏之, 全球面及び部分球面走査による小型無線機の全放射電力測定, 信学技報 ACT2008-13, pp.6-11, 2008年12月.
  14. 渡部 孝史, 五十嵐 直人, 石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一, 液剤中で動作する5.2GHzサンドウィッチダイポールアンテナの利得測定, 信学技報 ACT2008-14, pp.12-18, 2008年12月.
  15. 永利 美緒, 廣瀬 雅信, 黒川 悟, 軽部 俊幸, 森下 久, バイコニカルアンテナのショートピンの配置が伝送特性に与える影響, 信学技報 ACT2008-15, pp.19-24, 2008年12月.
  16. 栗原 伸一郎, 出口 博之, 辻 幹男, フェーズレトリーバル法を基にした開口面分布の最適化, 信学技報 ACT2008-16, pp.25-28, 2008年12月.
  17. 山口 良, 木村 泰子, 小宮 一公, 長 敬三, 測定距離が短い電波暗室における遠方界指向性測定, 信学技報 ACT2008-17, pp.29-36, 2008年12月.
  18. 浜田 リラ, 渡辺 聡一, [招待講演]携帯無線機器のSAR評価方法, 信学技報 ACT2008-18, pp.1-5, 2009年3月.
  19. 平田 晃正, [招待講演]局所ばく露によるピークSARの平均化について, 信学技報 ACT2008-19, pp.6-16, 2009年3月.
  20. 大西 輝夫, [招待講演]SAR測定法の国際標準化動向, 信学技報 ACT2008-20, pp.17-28, 2009年3月.
  21. 陸 氷松, 斉 殿元,[招待講演] SAR measurement and limit standards in China, 信学技報 ACT2008-21, pp.29-49, 2009年3月.

Last-modified: 2014-12-25 (木) 12:02:58 (1084d)