NVシンポジウム

第8回 ネットワーク仮想化シンポジウム
Network Softwarization and Edge Cloud for Diverse Beyond 5G/IoT Services

開催日時: 2018年9月28日(金)
開催場所: 東京大学 本郷キャンパス
情報学環・ダイワユビキタス学術研究館 3階/ダイワハウス石橋記念ホール
共催
第8回ネットワーク仮想化シンポジウム運営委員会
電子情報通信学会ネットワーク仮想化特別研究(NV)専門委員会
日本学術振興会産学協力研究委員会インタ-ネット技術第163委員会NVW分科会(ITRC)
東京大学 ソーシャルICT グローバル・クリエーティブリーダー育成プログラム(GCL)
東京大学大学院情報学環
情報通信研究機構(NICT)

開催趣旨
将来の統合ICT基盤を支えるコア技術となるネットワーク仮想化実現技術に焦点をあて、その広範な普及、および国際的な研究協力の推進を目的として、国内外研究者の交流を図る国際シンポジウムを開催する。
今回は、ネットワークソフトウェアライゼーションとエッジクラウドが支える5G以降のモバイルネットワークの高度化に焦点を当て、サービス多様化と通信速度向上、データ活用に資するデータ制御・流通促進、AIなどの技術動向について理解を深め、議論を進めていく。

組織
運営委員長:
中尾 彰宏(東大/GCL/ITRC), 門脇 直人(NICT), 中内 清秀(ITRC), 中田 登志之 (東大/GCL)

プログラム委員長: 長谷川 輝之 (KDDI)
運営・プログラム委員会:
伊藤 暢彦 (NEC), 桐葉 佳明(東大), 工藤 知宏 (東大), 阪口 啓 (東工大), 清水 敬司 (NTT), 鈴木 大 (富士通研), 鈴木 敏明 (日立), 長谷川 洋平(NEC), 原井 洋明 (NICT), 宮澤 高也 (NICT), 宮澤 雅典 (KDDI総合研究所)

●プログラム
09:00 Registration

09:30 Greetings:Teruyuki Hasegawa(KDDI)

Opening Session
Chair: Teruyuki Hasegawa(KDDI)
09:35-09:45 Opening speech 1: Mizuhiko Hosokawa (NICT)
09:45-09:55 Opening speech 2: Kiyohide Nakauchi (ITRC)
09:55-10:05 Opening speech 3: Toshiyuki Nakata (The University of Tokyo/GCL)
(Break 5min)

Invited Talk Session 1
Chair : Yohei Hasegawa (NEC)
10:10-10:55 Invited speech 1: Abhimanyu Gosain (PAWR Project Office/Northeastern University)
10:55-11:40 Invited speech 2: Ivan Seskar (Rutgers University)
11:40-12:25 Invited speech 3: Akihiro Nakao (The University of Tokyo/GCL/ITRC)
(Lunch 95min)

Invited Talk Session 2
Chair : Toshiaki Suzuki (Hitachi)
14:00-14:45 Invited speech 4: Robert Winters (VIAVI Solutions)
14:45-15:30 Invited speech 5: Ved P. Kafle (NICT)
(Break:40min)

Panel Session
16:10-17:40 Panel: Network Softwarization and Edge Cloud for Diverse Beyond 5G/IoT Servies
Moderator: Akihiro Nakao (The University of Tokyo/GCL/ITRC)
Panelist: Abhimanyu Gosain, Ivan Seskar, Robert Winters, Ved P. Kafle, Takashi Shimizu

17:40-17:50 Closing: Hiroaki Harai (NICT)

Reception
18:15-20:15

Exhibition
12:25-14:00(95min)
15:30-16:10(40min)
1. TeraVM RAN to CORE test (Viavi Solutions (Aeroflex Japan))
2. Network Softwarization for 5G (The University of Tokyo)
3. IoT Directory Service and Autonomic Resource Control Architecture (NICT)
4. “Lagopus” SDN Software Switch/Router (NTT Network Innovation Laboratories)
5. Hierarchical Model-Driven Telemetry Analysis Framework based on YANG for NFV (KDDI Research)

※Program is subject to change.

プログラム終了後に、懇親会を予定しております。是非、ご参加ください。(会費5,000円程度を予定)

●参加お申し込み
オンラインレジストレーションページ
申し込み期間:2018/8/28 ~ 2018/9/27
※懇親会参加申込締切は9/24(月)です。
※ご登録情報の内容によっては、事務局側で参加登録者リストから外させて頂く可能性がございます。

参加費: 一般 5千円、学生 無料
(当日に受付で現金にて,もしくは銀行振り込みにてお支払下さい。)

●Exhibition (パネル/デモ)の募集
下記フォームにご記入の上、運営事務局宛にメールでお申込みください。
第8回ネットワーク仮想化シンポジウム運営事務局
e-mail:nv+symposium_8@mail.ieice.org

ブースの仕様についてはこちらをご参照下さい。 ‎
参加費:3万円
申し込み期間:2018/6/28 ~ 2018/9/7(締切済み)
ブース総数6を予定しています。お早めにお申し込み下さい。
なお、電源容量、インターネット回線についてはご希望に添えないことがございます。

———-パネル/デモ展示申込みフォーム———-
展示タイトル(英文):
組織名(英文):
担当者:
ご連絡先(電子メールアドレス):
デモ展示物(パネル数、機材リスト):
希望電源容量(W):
インターネット回線の希望:あり(希望回線帯域)/なし
展示の概要(200字程度):
————————————————–

お問合せ先:
第8回ネットワーク仮想化シンポジウム運営事務局
e-mail:nv+symposium_8@mail.ieice.org

過去のシンポジウム:
第7回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第6回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第5回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第4回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第3回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第2回 ネットワーク仮想化シンポジウム
第1回 ネットワーク仮想化シンポジウム