トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

第5回 テキストマイニング・シンポジウム:参加募集の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
! 本イベントは終了しました.多数のご参加をありがとうございました.

! ご参加いただいた方へ -- アンケートへのご協力をお願いいたします.

[第5回テキストマイニング・シンポジウム アンケート|https://docs.google.com/forms/d/14GW7ohN0DXU94sUGnvZhczCfP8z-kiCZ5DbHT5J9GyE/viewform]


// シンポジウムの情報をTwitterでリアルタイム発信しています。ハッシュタグは[#textminingsympo|https://twitter.com/#!/search?q=%23textminingsympo]です.
// 期日が近づいたら公開します

!このページの短縮URLは http://www.ieice.org/~nlc/tm5.html です.

//! [テキストマイニング・シンポジウム 発表申込はここをクリック|https://www.ieice.org/ken/form/index.php?tgs_regid=3afb018e970128eda05b82cfde8566d483de382bf1737af8509c03eda47842ea&tgid=IEICE-NLC&lang=jpn]

//! 発表募集は終了しました。現在プログラムを作成中です(7/22の昼頃公開予定).多数の申込ありがとうございました.
// 参加募集について[[こちら|第3回 テキストマイニング・シンポジウム]]にてご案内しています。

!!! 第5回 テキストマイニング・シンポジウム 参加募集


!! 重要:参加登録について (締め切りました240名超え)
//参加は無料(予稿集代は別途)ですが、会場の都合上、事前の登録をしていただく必要があります。お手数ですが、以下のリンク先にて必要事項をご入力の上、当日会場にお越しください。

いよいよシンポジウムに近づきました.事前参加登録ありがとうございました.事前参加登録でおよそ240名を超える申込をいただいたため,締め切らせていただきました.

皆様,どうもありがとうございます!  運営スタッフ一同,感謝しております.

ではシンポジウム会場でお会いできるのを楽しみにしております.

運営スタッフ一同 2014.9.10

!! 会場での注意ですどうぞよろしくお願いします
!! 会場での注意

* ◎東京ミッドタウン2Fでまず,会場に入るための入館証をお受け取り下さい.入館章は事前登録のある方のみ用意しています.
* ◎東京ミッドタウン2Fでまず,会場に入るための入館証をお受け取り下さい.入館証は事前登録のある方のみ用意しています.
* ◎入館証は毎日会場を去る際にお返し下さい.
* ◎予稿集などの資料の購入は11Fです.会場も11Fでそこで販売・配布しています.
* ◎入館証では決められたフロアー以外行くことが出来ません.他のフロアーには行かないで下さい.
* ◎予稿集などの資料は11Fで販売・配布しています.
* ◎入館証では決められたフロアー以外行くことができません.


//[事前登録フォーム|https://docs.google.com/forms/d/19QLwbHrP50fQ1HpsmJEm4uhYxEctNSvlsndQKVMatp4/viewform]

!! 日時・会場

* 日程
** 2014年 9月11日(木)  10:40〜17:30 (10:20 受付開始)
** 2014年 9月12日(金)    9:30〜18:00 (9:10 受付開始)



* 場所
** ヤフー株式会社 11階セミナールーム
** 所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン([地図|http://www.tokyo-midtown.com/jp/access/index.html])
** アクセス方法
*** 都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
*** 東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
*** 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
*** 東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分

* 入館方法
** 東京ミッドタウン2Fロビーに専用の受付を用意いたしますので、そちらへお越しください。
***入館証は毎日必ずご返却ください(名簿で管理致します)
***入退館の際は2階でエレベータに乗車/降車ください

!! 開催趣旨

テキストマイニングは,データの増大・高度なサービスへの需要の高まりなどを受けて産業界でますます注目されているうえ,学術界でも隣接分野との連携などにより発展を遂げています.NLC研究会では,技術を作る側・使う側の両者が集い,新たな技術を活用するアイデアや,ニーズに即した研究内容を発見する場の創出を目指して,2011年より「テキストマイニング・シンポジウム」を開催し,毎回学術側,企業側からの多くのご参加をいただいています.

刻一刻と質と量が変化するソーシャルデータやその活用方法の多様化に追随すべく,継続的な議論が必要だと考え,昨年度より,関西地区で開催する冬の回を加え,年二回の開催へと拡大しました.それでも多くの発表・参加があったことから,当該分野への興味の高まりが確認されました.

ここ数回のシンポジウムの発表や講演を通じて,テキストから見出すことができるビジネス上の知識や,顧客の満足に繋げるための分析の価値,ソーシャルメディアの発言から垣間見える人となりの推定とマーケティングへの活用,言語を超えたマルチメディアとの融合など,産業界,学術界の双方において社会と技術との接点が増していることが感じられます.「第5回テキストマイニング・シンポジウム」では,当分野の発展を促すことを目的として,多様な参加者による議論の場を提供いたします.


!! 主に対象とする分野・トピック

* テキストマイニングの基礎

** 形態素・構文解析
** 語彙獲得・曖昧性解消
** 情報・知識の抽出・加工
** 機械学習

* テキストマイニングの応用

** 主観表現処理(評判、意見、感情表現処理)
** 講義・会話などの大規模音声データの書き起こし(認識結果)の処理や分析
** 特許文書・仕様書などの技術情報分析
** microblog、web掲示板をはじめとした、SNSやCGMの分析
** 百科事典・辞書などの分析・整理
** 医療情報分析

* テキストマイニングの活用

** 業務上の運用経験
** ツールの活用事例
** コールログ・アンケートの分析を通じた知見
** 社内プロセスの改善など

以上に限定せず,本シンポジウムの開催趣旨に沿っていると考えられる発表を広く募集します.まとまった研究に限らず,進行中のプロジェクトの紹介や進捗報告,あるいは今後の研究提案や問題提起などのポジションペーパーも歓迎します.

!! シンポジウムの形式

2011年後期からのNLC研究会の施策として,発表セッションの後に「ディスカッションタイム」を設けて,複数の発表にまたがった意見の交換や,個々の発表についての詳細な質疑応答ができるようにしております.本シンポジウムにおいても,様々な立場の参加者が意見を交わせる機会は貴重なものとなるでしょう.

また、本シンポジウムの発表は,[[優秀研究賞・学生研究賞|優秀研究賞・学生研究賞 選奨規程]]の選考対象となります.



!! 特別企画 

! 招待講演 : 9月11日(木) 13:30〜15:00
* 『Twitterから抽出したプロファイルデータと購買データを組み合わせた次世代型ハイブリッド・ターゲティング』
** 楽天株式会社 ソーシャルストラテジーグループマネジャー 田島由美子さま
** 株式会社NTTデータ ソーシャルビジネス推進室課長 尾崎哲夫さま
! 事例紹介 : 9月11日(木) 15:10〜16:30
*テキストマイニング製品会社によるLIVE解析
** 『業務改革につながるテキストマイニング技術 IBM Watson Content Analytics』
*** 日本アイ・ビー・エム株式会社 テクニカル・リーダーシップ 係長 矢島茂さま
** 『1000社が採用。「見える化エンジン」が挑戦し続けるテキストマイニングのビジネス利用最前線』
*** 株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役 見える化イノベーション推進部部長 鈴村賢治さま

! 対談企画 : 9月11日(木) 16:50〜17:30
* 『テキストマイニングを成功させるための課題とデータサイエンティストの資質』
** 日本IBM 東京基礎研究所 主席研究員 那須川 哲哉
** NTTドコモ 情報システム部担当課長 市瀬 眞

! 特別企画 : 9月12日(金) 15:10〜16:10
*  自然言語処理分野の最高峰の国際会議COLING2014(8月・アイルランド)の参加報告
** 東京大学  吉永 直樹
** NHK放送技術研究所  小早川 健 

!! プログラム

詳細は __[テキストマイニング・シンポジウム プログラム|http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=e77b44833a350345a320b8c4672fdf02c65a3eb402369e866fa53ce47165f905]__ をご覧ください。



! 9月11日(木)
* ''10:40-10:50'' '''オープニング''' 竹内孔一(岡山大)
* ''10:50-12:30'' '''「医療・介護への応用」''' 座長: 小林隼人(ヤフー)
** (1) 手術記録から術後在院日数を特徴付ける重要因子抽出モデルの構築
***山下貴範・若田好史・隶罅”辧γ翕膵晴・岩本幸英・中島直樹・廣川佐千男(九大)
** (2) テキストマイニングによる介護施設の利用者受入要因の分析 〜 若年性認知症患者の受入調査から 〜 
***大山恭史(産総研)・池田 望(札医科大)
** (3) 介護現場における申し送り情報の分析 〜 業務改善に向けて 〜 
***福田賢一郎・濱崎雅弘・福原知宏(産総研)・藤井亮嗣・堀田美晴(董仙会)・西村拓一(産総研)

* ''13:30-15:00'' '''招待講演''' 司会:竹内孔一(岡山大)
** (4) Twitterから抽出したプロファイルデータと購買データを組み合わせた次世代型ハイブリッド・ターゲティング
*** 楽天株式会社 ソーシャルストラテジーグループマネジャー 田島由美子さま
*** 株式会社NTTデータ ソーシャルビジネス推進室課長 尾崎哲夫さま

* ''15:10-16:30'' '''「テキストマイニング製品会社によるLIVE解析」''' 司会: 市瀬眞(NTTドコモ)
** (5-1) 業務改革につながるテキストマイニング技術 IBM Watson Content Analytics
*** 日本アイ・ビー・エム株式会社 テクニカル・リーダーシップ 係長 矢島茂さま
** (5-2) 1000社が採用。「見える化エンジン」が挑戦し続けるテキストマイニングのビジネス利用最前線
*** 株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役 見える化イノベーション推進部部長 鈴村賢治さま


* ''16:50-17:30'' '''「テキストマイニングを成功させるための課題とデータサイエンティストの資質」''' 
//司会: ■■
//** (6)研究者とビジネスパーソンの対談 
*** 日本IBM 東京基礎研究所 主席研究員 那須川 哲哉
*** NTTドコモ 情報システム部担当課長 市瀬 眞

!9月12日(金)
* ''9:30-11:25'' '''「感情・評価」'''  座長: 東中竜一郎(NTT)
** (7) ニコニコ動画からのポジティブなコメントの抽出
*** 石淵準也・坂地泰紀・酒井浩之(成蹊大)
** (8) インターネット通販の商品レビューに基づく有機野菜購入者の特徴抽出
*** 竹崎あかね(中央農研)・大浦裕二(東京農大)・河野恵伸・木浦卓治・林 武司(中央農研)
** (9) 価格.comからの有用なレビューの抽出
***阿部雄大・小林暁雄・増山 繁(豊橋技科大)
** (10) ヤフージャパンのリアルタイム検索における感情分析
*** 野畑 周・内藤弘朗(Yahoo)・清水 徹(ヤフー)

* ''13:00-14:55'' '''「分類・構造化」''' 座長: 嶋田和孝(九工大)
** (11) 価格.comのクチコミ掲示板におけるスレッド内容の,投稿間の言及関係等による構造化
***新井優太・小林暁雄・増山 繁(豊橋技科大)
** (12) 企業Webページを対象とした企業検索システムのための検索クエリに関連するタグの推定
***酒井浩之・坂地泰紀(成蹊大)
** (13) ニコニコ動画のコメントに対する言及内容に基づくアノテーションのための分類
*** 池田晃人・小林暁雄(豊橋技科大)・坂地泰紀(成蹊大)・増山 繁(豊橋技科大) 
** (14) Yahoo!知恵袋を用いたライフイベントに関するユーザ属性抽出
*** 立石健二・宮崎林太郎・長田誠也(ヤフー)

* ''15:10-16:10'' '''特別企画:Coling2014参加報告''' 司会:金山博(日本IBM)
** (15) Coling2014参加報告(1)
***吉永 直樹(東京大学)
** (16) Coling2014参加報告(2)
***小早川 健(NHK技研)

* ''16:20-17:50'' '''「基盤技術」''' 座長: 榊剛史(東大/ホットリンク)
** (17) ウィキペディアデータを利用した意味的キーワード抽出手法
*** 苗村昌秀・山内結子(NHK)
** (18) 自動文書チェックツール RedPen
*** 伊藤敬彦(RTech)
** (19) ニコニコ動画と日経プレスリリース記事との関連付け
*** 柴原啓太・坂地泰紀・酒井浩之(成蹊大)

* ''17:50-18:00'' 	'''クロージング''' 
//竹内孔一(岡山大)■■?



!! 発表される方へ

//* 原稿提出締め切り日: '''2014年8月21日(木) 23:59''' JST '''(終了)'''
//** 投稿方法は、発表者宛に送信された原稿執筆依頼のメールをご覧下さい.
** 皆様、期日までの原稿提出をありがとうございました。

* 当日は20分+質疑5分の口頭発表をしていただきます。プロジェクタに接続できるPCを各自お持ちください。個別の質疑応答の時間に加えて、セッション終了後のディスカッションタイムでさらなる議論を行います。

!! 聴講される方へ

* 先述した[事前登録フォーム|https://docs.google.com/forms/d/19QLwbHrP50fQ1HpsmJEm4uhYxEctNSvlsndQKVMatp4/viewform]での登録を予めお願いいたします。

予稿集は、当日の残部がある限り、会場にて購入できます。価格は、電子情報通信学会・電気学会・照明学会・映像情報メディア学会・情報処理学会いずれかの個人会員の方は1,500円、その他の場合は2,000円です。NLC研究会に登録をされている方は無料でお配りします。
予稿集の扱いについて詳細は__[こちら|http://www.ieice.org/~nlc/wiki/wiki.cgi?page=%B5%BB%BD%D1%B8%A6%B5%E6%CA%F3%B9%F0]__をご覧下さい。


!! 懇親会
1日目のセッション終了後に懇親会を行います.さらに深いディスカッションや,新たな関係の構築のために,ぜひご参加ください.

//*詳細情報は決まり次第、こちらで案内します。
* 時間:9月11日(木)18:00〜20:00
* 場所:__[エッセドゥエ|http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13002191/]__ 港区赤坂6-11-13 fabricビル 1F(会場はB1F)・赤坂駅徒歩3分(最寄りは6番出口です)
* 費用:未定(5,000〜6,000円程度)

//懇親会の参加は締め切りました。


!! お問い合わせ

本シンポジウムは以下の3名で企画、運営しています。

* 榊 剛史(東京大学・ホットリンク)
* 金山 博(日本IBM)
* 小林 隼人 (ヤフー)

本シンポジウムに係るすべての問い合わせは下記のメールアドレスにご連絡ください。上記3名に届きます。

* [nlc-tm5@cl.cs.okayama-u.ac.jp|mailto:nlc-tm5@cl.cs.okayama-u.ac.jp]

!! 主催

電子情報通信学会(IEICE) 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)
    専門委員長 竹内 孔一            副委員長 金山 博,市瀬 眞
    幹事   榊 剛史,渡辺 靖彦   幹事補佐  東中竜一郎,嶋田 和孝


!! リンク

* 言語理解とコミュニケーション研究会
* 第1回 テキストマイニング・シンポジウム(2011年7月・東京)
* 第2回 テキストマイニング・シンポジウム(2012年8月・横浜)
* [[第3回 テキストマイニング・シンポジウム|第3回 テキストマイニング・シンポジウム:参加募集]](2013年9月・東京)
* [[第4回 テキストマイニング・シンポジウム|第4回 テキストマイニング・シンポジウム:参加募集]](2014年2月・京都)
* [[第5回 集合知シンポジウム|第5回 集合知シンポジウム:開催案内]](2013年12月)
* 優秀研究賞・学生研究賞 選奨規程