電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のMoNA研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


モバイルネットワークとアプリケーション研究会(MoNA) [schedule] [select]
専門委員長 新熊 亮一 (京大)
副委員長 田頭 茂明 (関大), 北形 元 (東北大)
幹事 石田 繁巳 (九大), 倉沢 央 (NTT), 二瓶 浩一 (NEC)
幹事補佐 西尾 理志 (京大), 齊藤 隆仁 (NTTドコモ)

日時 2018年 1月18日(木) 13:10 - 18:10
2018年 1月19日(金) 11:15 - 18:00
議題 モバイルネットワーク、機械学習応用、モバイルデータ活用、および一般 
会場名 キャンパスプラザ京都 
住所 〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939
交通案内 JR各線、京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線「京都駅」下車。徒歩5分。
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
会場世話人
連絡先
京都大学 西尾理志
お知らせ ◎下記の通り18日の研究会終了後、懇親会を予定していますので是非御参加ください。
日時:1/18 19:00-21:00
場所:キャンパスプラザ周辺
会費:社会人5000円前後、学生3000円前後
参加申込:近日公開
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費についてはこちらをご覧ください.参加費のお支払いが必要な研究会は,MoNA研究会です.

1月18日(木) 午後  エッジコンピューティング
13:10 - 14:50
(1) 13:10-13:35 マルチアクセスエッジコンピューティングの課題分析と実装の一検討 岡田和也樫原 茂川西 直鈴木信雄ATR)・門林雄基奈良先端大)・杉山敬三ATR
(2) 13:35-14:00 リアルタイム予測情報配信のためのエッジ間連携システムの数値評価 上林将大新熊亮一加藤槙悟京大
(3) 14:00-14:25 エッジコンピューティングを用いた複数UAVによる捜索システムのモデル化と評価 宮野功晟新熊亮一大木英司佐藤丈博京大
(4) 14:25-14:50 リアルタイム予測情報配信のためのエッジ-クラウド連携システムのモデル化の検討 新熊亮一・○林田尚之京大)・池田泰弘田尻兼悟川原亮一NTT
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
1月18日(木) 午後  奨励講演
15:00 - 16:30
  15:00-15:15 表彰式 ( 15分 )
(5) 15:15-15:40 [奨励講演]IoTorch: モノの情報を直感的かつ高速に取得可能なLED-スマートフォンカメラ間通信機構 外園悠貴恋塚 葵鈴木 誠成末義哲森川博之東大
(6) 15:40-16:05 [奨励講演]眼内閃光の発生位置と刺激箇所の依存関係 金丸真奈美上岡英史芝浦工大
(7) 16:05-16:30 [奨励講演]ミリ波無線LAN基地局のスリープ制御への劣モジュラ最適化の応用 江上晃弘西尾理志守倉正博京大)・淺井裕介宮武 遼NTT
  - 休憩
1月18日(木) 午後  無線通信
16:30 - 18:10
(8) 16:30-16:55 スプレッディング・ファクター・クラスタリングを用いたマルチホップLoRaネットワークの性能向上 朱 桂兵・○廖 椿豪サクデーシャヨン ティラット成末義哲森川博之東大
(9) 16:55-17:20 カバレッジホール存在環境下でのカメラを利用したBluetoothハンドオーバ 山中 豪西尾理志守倉正博京大)・犬童拓也松川尚司合田卓矢槙 優一NTT
(10) 17:20-17:45 デバイス間通信における複数のWi-Fiインターフェースを用いた柔軟な接続手法の提案 橋本尚弥神戸大)・樫原 茂奈良先端大)・高木由美太田 能神戸大
(11) 17:45-18:10 安定した振動通信実現のための信号生成手法 宇佐啓史上岡英史芝浦工大
1月19日(金) 午前  機械学習応用1
11:15 - 12:30
(12) 11:15-11:40 強化学習による自律的無線LANアクセスポイント選択手法の検討 中村拓哉西尾理志守倉正博山本高至京大)・鍋谷寿久東芝
(13) 11:40-12:05 周波数共用に向けた教師あり学習による一次利用者排他領域更新方式の検討 山田 仰西尾理志守倉正博山本高至京大
(14) 12:05-12:30 Machine learning-based throughput prediction using communication quality in mobile networks Bo WeiKenji KanaiWataru KawakamiJiro KattoWaseda Univ.
  12:30-13:30 昼食 ( 60分 )
1月19日(金) 午後  機械学習応用2
13:30 - 14:45
(15) 13:30-13:55 機械学習を用いた予測情報配信のためのネットワーク制御手法 加藤槙悟新熊亮一京大
(16) 13:55-14:20 Generative Adversarial Networkによる生体データの自動生成とディープラーニング学習サンプルへの適用 高畑達也東京工科大)・堀江和正筑波大)・生野壮一郎東京工科大
(17) 14:20-14:45 Tucker多様体最適化によるテンソル回帰問題とその応用 笠井裕之電通大)・ミシュラ バンデブAmazon
  14:45-14:55 休憩 ( 10分 )
1月19日(金) 午後  センシング
15:20 - 16:35
(18) 15:20-15:45 Android携帯端末を用いた熱中症の警告アプリケーションの開発 柳 慶介生野壮一郎東京工科大
(19) 15:45-16:10 機械学習を用いた通信品質に基づく多様な環境下におけるユーザ移動状態推定 川上 航金井謙治Wei Bo甲藤二郎早大
(20) 16:10-16:35 疎な位置情報を用いた屋内歩行パターンの変化検知手法の評価 高木一樹新熊亮一京大)・清水秀幸坂本 久NECソリューションイノベータ
  16:35-16:45 休憩 ( 10分 )
1月19日(金) 午後  ネットワーク
16:45 - 18:00
(21) 16:45-17:10 Application of Indoor-movement-path Prediction to Controlling Communication Systems by Online Analysis Kazuki OkamotoRyoichi ShinkumaKyoto Univ.
(22) 17:10-17:35 通信スループット変動に応じたスケーラブル映像符号化のビットレート制御 二瓶浩一吉田裕志甲斐夏季里田浩三蝶野慶一NEC
(23) 17:35-18:00 遅延耐性を考慮したハンドオーバ制御に基づくモバイルデータオフローディング手法の検討 安孫子 悠望月大輔静岡大)・齊藤隆仁片桐雅二池田大造NTTドコモ)・峰野博史静岡大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
奨励講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
MoNA モバイルネットワークとアプリケーション研究会(MoNA)   [今後の予定はこちら]
問合先 石田 繁巳(九州大学)
倉沢 央(NTT)
二瓶 浩一(NEC)
E-:-c 


Last modified: 2017-12-15 15:43:19


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[MoNA研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のMoNA研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会