電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のNC研究会 / 次のNC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ニューロコンピューティング研究会(NC) [schedule] [select]
専門委員長 五味 裕章
副委員長 阪口 豊
幹事 池田 和司, 和久屋 寛
幹事補佐 鮫島 和行, 鹿毛 裕史

MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE) [schedule] [select]
専門委員長 村山 伸樹
副委員長 富田 豊
幹事 林田 祐樹, 内山 孝憲
幹事補佐 伊賀崎 伴彦, 牛場 潤一

日時 2007年12月22日(土) 09:00 - 17:00
議題 一般 
会場名 名古屋大学 
住所 〒464-8603 名古屋市千種区不老町
交通案内 地下鉄名城線名古屋大学駅下車徒歩5分/JR名古屋駅・名鉄新名古屋駅・近鉄名古屋駅からの場合…地下鉄東山線藤が丘行きに乗車し、本山駅で地下鉄名城線右回りに乗り換え、名古屋大学駅下車。所要時間約30分(乗換含)/JR金山駅・名鉄金山駅からの場合…地下鉄名城線左回りに乗車し、名古屋大学駅下車。所要時間約25分
http://www.nagoya-u.ac.jp/index3s-2.html
会場世話人
連絡先
名古屋大学機械理工学専攻 宇野洋二
052-789-2739
他の共催 ◆日本神経回路学会;IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter共催

12月22日(土) 午前  ニューロコンピューティング研究会(NC)
09:00 - 13:30
(1)
NC
09:00-09:25 位置尺度モデルの条件付分位点推定に関する一考察 吉田光宏樋口裕輔竹内一郎三重大
(2)
NC
09:25-09:50 原始初期点とSubsamplingを用いたEM初期値生成法 石川勇太中野良平名工大
(3)
NC
09:50-10:15 交差検証誤差最小化によるSV回帰ハイパーパラメータ最適化の高速化 烏山昌幸中野良平名工大
(4)
NC
10:15-10:40 Probabilistic Outputs for Multiclass Support Vector Machine Liu LiuMauricio KuglerSusumu KuroyanagiAkira IwataNagoya Inst. of Tech.
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
(5)
NC
10:50-11:15 Generalization and Trainining Errors of Bayes and Gibbs Estimations in Singular Sumio WatanabeTokyo Inst. of Tech.
(6)
NC
11:15-11:40 交差検証誤差逆伝播法によるランク縮小 関野正志新田克己東工大
(7)
NC
11:40-12:05 dual networkにおける系列学習の数値実験 内藤 剛岩井俊哉日大
(8)
NC
12:05-12:30 自己組織化マップ回路による動画像中からの顔認証に関する研究 湯野智己須藤一郎田向 権関根優年東京農工大
  12:30-13:30 昼食 ( 60分 )
12月22日(土) 午後  ニューロコンピューティング研究会(NC)
13:30 - 17:00
(9)
NC
13:30-13:55 dsPICを用いたファームウェアニューロンモデル 島田洋一金沢工大
(10)
NC
13:55-14:20 網膜桿体視細胞ネットワークの数理モデル 宮本侑典神山斉己愛知県立大
(11)
NC
14:20-14:45 単純化した個体行動のモデルを用いた C. elegans 温度走性行動のシミュレーション 松岡知洋五味壮平新貝鉚蔵岩手大
(12)
NC
14:45-15:10 サイズ知覚と位置知覚は身体からの距離に依存する 大山剛史理研)・宇野洋二名大)・細江繁幸理研
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
(13)
NC
15:20-15:45 知覚確率が報酬予測誤差に及ぼす影響 竹村浩昌東大)・奥田次郎鮫島和行坂上雅道玉川大
(14)
NC
15:45-16:10 Adaptive Importance Sampling with Automatic Model Selection in Value Function Approximation Hirotaka HachiyaTakayuki AkiyamaMasashi SugiyamaTokyo Inst. of Tech.
(15)
NC
16:10-16:35 The Policy Gradient On The Average Reward Manifold Takamitsu MatsubaraNAIST/ATR)・Jun MorimotoJST/ATR
(16)
NC
16:35-17:00 回避行動の再利用メカニズムを備えた強化学習のための関数近似器修正手法と多関節ロボットへの応用 山口明彦奈良先端大/ATR)・杉本徳和ATR)・川人光男ATR/奈良先端大
12月22日(土) 午前  MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)
10:50 - 13:30
(17)
MBE
10:50-11:15 PCとeメールを用いた単身高齢者支援システム 山岡匡太北間正崇木村主幸有澤準二北海道工大
(18)
MBE
11:15-11:40 発光法による手術用手袋の貫通孔位置特定に関する研究 虻川裕基黒田 聡木村主幸有澤準二北海道工大)・佐藤直樹北大
(19)
MBE
11:40-12:05 Senning手術を説明するインタラクティブシステムの試作 大森健太阪大)・原口 亮国立循環器病センター)・吉冨紘平阪大)・鍵崎康治国立循環器病センター)・八木隆宏兵庫県立大)・岸野文郎阪大)・中沢一雄国立循環器病センター
(20)
MBE
12:05-12:30 フィラメントの挙動に基づくスパイラルリエントリの持続および消滅の判定についての検討 ~ コンピュータシミュレーションを用いた致死性不整脈の発生危険度予測システムの開発を目指して ~ 藤堂貴弘姫路獨協大)・原口 亮国立循環器病センター)・難波経豊香川県立保健医療大)・八尾武憲芦原貴司滋賀医科大)・東 将浩国立循環器病センター)・稲田 紘兵庫県立大)・中沢一雄国立循環器病センター
  12:30-13:30 昼食 ( 60分 )
12月22日(土) 午後  MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)
13:30 - 14:45
(21)
MBE
13:30-13:55 視覚的に誘発された自律神経関連映像生体影響区間の主観および客観的指標を用いた検討 多田 弦外山 寛木竜 徹新潟大
(22)
MBE
13:55-14:20 アシスト付自転車でのマルチ時間スケールの運動機能評価によるアシスト制御設計プロセスの提案 坂口正和大滝将司木竜 徹新潟大
(23)
MBE
14:20-14:45 加圧・非加圧状態における書字行為時の筋疲労解析 堀田 優今宮良道伊藤建一新潟工科大

問合先と今後の予定
NC ニューロコンピューティング研究会(NC)   [今後の予定はこちら]
問合先 鮫島和行, 玉川大学脳科学研究所
〒 195-8610 東京都町田市玉川学園 6-1-1
TEL: 042-739-8668 FAX: 042-739-8663
EMAIL: samejima[AT]lab.tamagawa.ac.jp 
MBE MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)   [今後の予定はこちら]
問合先 伊賀崎伴彦 (熊本大)
〒860-8555 熊本市黒髪2-39-1
TEL 096-342-3613, FAX 096-342-3630
E-: i-u 


Last modified: 2007-10-25 12:34:41


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[MBE研究会のスケジュールに戻る]   /   [NC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNC研究会 / 次のNC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会