電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のED研究会 / 次のED研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


電子デバイス研究会(ED) [schedule] [select]
専門委員長 加地 徹 (豊田中研)
副委員長 原 直紀 (富士通研)
幹事 須原 理彦 (首都大東京), 上田 哲三 (パナソニック)
幹事補佐 葛西 誠也 (北大), 松永 高治 (NEC)

日時 2013年 4月18日(木) 13:00 - 16:45
2013年 4月19日(金) 09:00 - 12:00
議題 有機デバイス・酸化物デバイス・一般 
会場名 東北大学電通研 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟4階 カンファレンスルーム 
住所 〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
交通案内 http://www.riec.tohoku.ac.jp/access/index-j.shtml

4月18日(木) 午後 
13:00 - 16:45
(1) 13:00-13:25 陽極酸化TiO<sub>2</sub>ナノチューブ膜を用いた前面照射型色素増感太陽電池の特性に与えるTiCl<sub>4</sub>処理の効果 小島領太木村康男庭野道夫東北大
(2) 13:25-13:50 真空脱水処理法を用いた色素増感太陽電池の試作と評価 伊藤瑛基庄司優樹鈴木貴彦廣瀬文彦山形大
(3) 13:50-14:15 バルクヘテロ有機太陽電池の分子ドーピング効果 宮下祐太丹野優樹吉田一樹鈴木貴彦廣瀬文彦山形大
(4) 14:15-14:40 PEDOT:PSS/n-Siヘテロ接合太陽電池の試作と評価 武田秀弥金子 翔大山直樹廣瀬文彦山形大
  - 休憩
(5) 14:40-15:05 有機太陽電池用反射防止膜の試作と評価 永瀬拓人鹿又健作鈴木貴彦久保田 繁廣瀬文彦山形大
(6) 15:05-15:30 Infrared spectroscopic study on modification process of titania surface and its application to hybrid solar cells Teng MaJinyu ZhangDaisuke TadakiYasuo KimuraMichio NiwanoTohoku Univ.
(7) 15:30-15:55 [招待講演]高分子有機トランジスタの高性能化技術 林 靖彦岡山大)・物種壱政名工大)・金原正幸岡山大)・曾我哲夫名工大
(8) 15:55-16:20 [招待講演]Study of High Quality GaN Template by Nano-channel FIELO Using UV Nanoimprint Jun MizunoAkiko OkadaShuichi ShojiWaseda Univ.)・Atsushi YamaguchiKanazawa Inst. of Tech.)・Hiroki GotoHaruo SunakawaToshiharu MatsuedaFurukawa)・Hidetoshi ShinoharaHiromi NishiharaHiroshi GotoToshiba Machine)・Akira UsuiFurukawa
(9) 16:20-16:45 有機PVDFフィルムを用いた圧電式水素ガスセンサの開発 今井裕司仙台高専)・飯野祥平中山貴裕但木大介木村康男庭野道夫東北大
4月19日(金) 午前 
09:00 - 12:00
(10) 09:00-09:25 電極変化に対する有機強誘電体キャパシタの抗電界の変化 小林拓磨福田憲二郎熊木大介時任静士山形大
(11) 09:25-09:50 撥液レジストを用いた銀ナノ粒子電極の微細パターン形成 菅野 亮竹田泰典小林 悠福田憲二郎熊木大介時任静士山形大
(12) 09:50-10:15 P3HT膜の電界効果移動度に及ぼす熱処理過程の影響 飯野祥平但木大介馬 騰張 普逾木村康男庭野道夫東北大
  10:15-10:20 休憩 ( 5分 )
(13) 10:20-10:45 電気化学的手法を用いた金属微粒子の堆積 木村康男エル ファシ メディ宮 孝明庭野道夫東北大
(14) 10:45-11:10 かご状タンパク質を利用した分子スケール接合制御によるCNT薄膜の熱電特性の向上 伊藤光洋戸松康行松原亮介岡本尚文山下一郎中村雅一奈良先端大
(15) 11:10-11:35 フレキシブル・ソフトマテリアル上の室温シリカコーティング 鹿又健作鈴木貴彦久保田 繁廣瀬文彦山形大
(16) 11:35-12:00 Ar雰囲気下高温アニールによる6H-SiC(0001)面上高品質エピタキシャルグラフェン形成 舩窪一智猪俣州哉佐藤 良朴 君昊東北大)・小嗣真人高輝度光科学研究センター)・吹留博一末光真希東北大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ED 電子デバイス研究会(ED)   [今後の予定はこちら]
問合先 須原 理彦(首都大)
TEL : 042-677-2765 Fax : 042-677-2756
E- : t
上田 哲三(パナソニック)
TEL:075-956-8273、FAX:075-956-9110
E-zopac 


Last modified: 2013-02-25 15:03:24


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[ED研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のED研究会 / 次のED研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会